『ハンニバル・ライジング』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

1952年リトアニア。戦争で家族と死に別れ、記憶の一部と言葉を失ってしまったハンニバル・レクター(ギャスパー・ウリエル)はソ連の孤児院に収容される。ある晩、彼は脱獄を謀り、唯一血の繋がりがある叔父のいるパリへと逃亡する。そこでレクターは、ひとりの美しい日本人女性との運命的な出会いを果たす――。天才精神科医でありながら、冷酷な殺人鬼という2つの顔を合わせ持つレクター博士。彼の特異な人格はいかにして形作られたのか。悪魔が取り憑いたのか、それともただ眠っていた魔性が目覚めただけなのか?

スタッフ

監督

ピーター・ウェーバー

キャスト

作品データ

  • 2007年4月21日より日劇PLEXほか全国にて公開
  • 原題Hannibal Rising
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ハンニバル・ライジング』関連記事

期待の新星ギャスパー・ウリエル、イヴ・サン=ローランの伝記映画で主演に抜擢 画像
ゴシップ

期待の新星ギャスパー・ウリエル、イヴ・サン=ローランの伝記映画で主演に抜擢

『ハンニバル・ライジング』でフランスからハリウッド進出を果たしたギャスパー・ウリエルが、イヴ・サン=ローランの伝記映画でサン=ローラン役に抜擢された。

ウリエルの妖しさはまさに適任『ハンニバル・ライジング』レビュー 画像
コラム

ウリエルの妖しさはまさに適任『ハンニバル・ライジング』レビュー

“人喰いハンニバル”ことハンニバル・レクター。『羊たちの沈黙』、『ハンニバル』、『レッド・ドラゴン』といったトマス・ハリス原作シリーズを観て、気品と狂気を持ち合わせた殺人紳士に魅了された人は多いことだろう。

レクター博士誕生の秘密を暴く『ハンニバル・ライジング』公開初日決定 画像
スクープ

レクター博士誕生の秘密を暴く『ハンニバル・ライジング』公開初日決定

天才精神科医でありながら、冷酷な殺人鬼という2つの顔を合わせ持つレクター博士。彼の特異な人格はいかにして形作られたのか。悪魔が取り憑いたのか、それとも眠っていた魔性が目覚めてしまったのか——?

芽生える、春 vol.1 開花する美少年、ギャスパー・ウリエル 画像
コラム

芽生える、春 vol.1 開花する美少年、ギャスパー・ウリエル

いったい冬はどこへ? 気象観測史上でも稀に見る暖冬ということで、あっという間に冬を飛び越え春になってしまった日本列島。東京でも、すでに桜がちらほら咲き始めてしまったほど。狂い咲きする桜を見ていると、地球に温暖化をもたらした人間として、申し訳ない気分になります。とはいえ、春の訪れはいつも嬉しいもの。そして、この時期は植物の芽だけでなく、人間の心の中にもさまざまな“もの”が芽生えます。そこで、今月は映画で描かれるさまざまな“芽生え”についてご紹介したいと思います。

レクター博士の若かりし頃はこんなに美青年!?ギャスパー・ウリエル『ハンニバル・ライジング』来日記者会見 画像
レポート

レクター博士の若かりし頃はこんなに美青年!?ギャスパー・ウリエル『ハンニバル・ライジング』来日記者会見

『羊たちの沈黙』でアンソニー・ホプキンスが演じた狂気の天才、ハンニバル・レクター博士。以降、『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』とシリーズを重ね、その認知度と人気、そしてカリスマ性を高めてきた。そのレクター博士の狂気の始まりを描いた『ハンニバル・ライジング』で若き日のハンニバルを演じたギャスパー・ウリエルが、ピーター・ウェーバー監督、製作のマーサ・デ・ラウレンティスと共に来日し、2月28日(水)記者会見を行った。

レクター博士誕生の秘密が明らかに!『ハンニバル・ライジング』2007年GW全国公開決定 画像
スクープ

レクター博士誕生の秘密が明らかに!『ハンニバル・ライジング』2007年GW全国公開決定

アカデミー賞主要5部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞)を独占し、サスペンス・スリラーの新境地を開いた『羊たちの沈黙』。本作で世界中を震え上がらせた“ハンニバル・レクター博士”誕生の秘密を描く『ハンニバル・ライジング』の日本公開が、2007年GWに決定した。

page top