『アヒルと鴨のコインロッカー』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

19歳の椎名(濱田岳)は、大学入学で一人暮らしをするため、アパートに引越してきたその日、奇妙な隣人・河崎(瑛太)と出会う。彼は初対面だというのに突然“一緒に本屋を襲わないか?”と持ちかけてきた。彼の標的は、たった一冊の広辞苑であった。そして、河崎は2年前に起きた、彼の元カノの琴美(関めぐみ)とブータン人留学生と美人ペットショップ店長・麗子(大塚寧々)にまつわる出来事を語り出す。過去の物語と現在の物語が交錯する中、全てが明らかになったとき、椎名が見たおかしくて切ない真実とは…? 気鋭のミステリー作家・伊坂幸太郎の同名小説を完全映画化。

スタッフ

監督

中村義洋

キャスト

作品データ

  • 2007年6月23日より恵比寿ガーデンシネマほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2006『アヒルと鴨のコインロッカー』製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『アヒルと鴨のコインロッカー』関連記事

バツイチで三十路の瑛太&松田龍平! 『まほろ駅前多田便利軒』画像が解禁 画像
スクープ

バツイチで三十路の瑛太&松田龍平! 『まほろ駅前多田便利軒』画像が解禁

直木賞を受賞した三浦しをんのベストセラー小説を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』のビジュアルが解禁。共にバツイチで三十路という設定の役柄に挑む瑛太と松田龍平の姿がお目見えとなった。

加瀬亮・岡田将生兄弟に注目、伊坂幸太郎原作『重力ピエロ』仙台ロケ絶好調撮影中 画像
レポート

加瀬亮・岡田将生兄弟に注目、伊坂幸太郎原作『重力ピエロ』仙台ロケ絶好調撮影中

ベストセラー作家、伊坂幸太郎原作の『重力ピエロ』の撮影が、現在ロケ地の宮城県・仙台にて行われている。伊坂作品と言えば、『アヒルと鴨のコインロッカー』、『死神の精度』と同氏の作品が次々と映画化されている中、最新作「ゴールデンスランバー」(新潮社刊)が見事、今年の本屋大賞を受賞したばかりだ。第129回直木賞候補にも挙がり、ファンの間でも人気が高い「重力ピエロ」の映像化に注目が集まっている。

アヒルと鴨の違いがこの映画を観るとわかる!? 瑛太もオススメの『コインロッカー』 画像
レポート

アヒルと鴨の違いがこの映画を観るとわかる!? 瑛太もオススメの『コインロッカー』

仙台に越してきた19歳の椎名は隣人の河崎に声をかけられた。彼は初対面だというのにいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきたのだ。彼の標的はたった一冊の広辞苑。そして本屋襲撃は成功。しかし、そこには河崎とドルジ、ドルジの恋人で河崎の元カノの琴美の、3人の愛しくて切ない物語が隠されていた——。

page top