『母べえ』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

昭和15年2月のある夜、東京に暮らす野上家では、夫の滋(坂東三津五郎)と妻の佳代(吉永小百合)、しっかり者の長女・初子(志田未来)と天真爛漫な次女・照美(佐藤未来)が笑いの絶えない楽しい夕食を囲んでいた。まさかそれが、家族揃った最後の晩餐になるとも知らずに。翌朝、ドイツ文学者である滋が治安維持法違反で検挙されてしまう。目の前で縄をかけられる父を呆然と見つめる娘たち。黙って見送るしかない佳代。そして昭和16年、野上家は初めて滋のいない正月を迎える。太平洋戦争の波に巻き込まれながら、それでも佳代は希望を捨てず、ひたすら滋の帰りを待っていた…。昭和を生き抜いた一人の母を通して描く、家族愛の物語。

スタッフ

監督

山田洋次

キャスト

作品データ

  • 2008年1月26日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007「母べえ」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『母べえ』関連記事

日本アカデミー賞『おくりびと』が独占 追うは『母べえ』&『クライマーズ・ハイ』 画像
スクープ

日本アカデミー賞『おくりびと』が独占 追うは『母べえ』&『クライマーズ・ハイ』

今年で32回目を迎える日本アカデミー賞の優秀賞ならびに新人俳優賞の発表が12月18日(木)に行われ、先日発表された報知映画賞で作品賞を獲得した、本木雅弘主演の『おくりびと』が対象の13部門全てで受賞するという快挙を成し遂げた。“納棺師”という仕事に就いた主人公が、人の死を通じて愛すること、生きることの尊さに気づかされていく姿を描き、今年のモントリオール世界映画祭にてグランプリを受賞した本作。9月の劇場公開後、これまでに250万人以上を動員し、興行収入29億円を記録する大ヒットとなっている。来年の2月20日(金)に、今回発表された優秀賞の中から最優秀賞が発表されるが、作品賞を始め主要部門の最有力候補と言えそうだ。

吉永小百合、思い出の地・川口凱旋に市民は大拍手 『母べえ』特別試写会 画像
レポート

吉永小百合、思い出の地・川口凱旋に市民は大拍手 『母べえ』特別試写会

まもなく戦争が始まろうとする昭和15年から16年にかけての東京の郊外を舞台に、情愛深い母を中心に困難な時代を生きる一家のドラマを描いた『母べえ』。1月26日(土)の公開を前に本作の特別試写会が、本作のロケ地である埼玉県の川口市で開催された。上映前には、主演の吉永小百合を始め、浅野忠信、檀れい、志田未来に佐藤未来、そして山田洋次監督と原作者の野上照代を迎えての舞台挨拶が行われた。

「“つるべえ、これ!”って吉永さんに怒られた」鶴瓶師匠が『母べえ』宣伝部長宣言! 画像
レポート

「“つるべえ、これ!”って吉永さんに怒られた」鶴瓶師匠が『母べえ』宣伝部長宣言!

長年に渡り黒澤明監督のスクリプターを務めた野上照代が幼い頃の家族の思い出を綴ったノンフィクション作品を原作に、山田洋次監督がメガホンを握った『母べえ』。主演の野上佳代を演じたのは、『男はつらいよ 柴又慕情』以来、実に30年ぶりに山田監督とタッグを組んだ吉永小百合。12月11日(火)に本作の完成会見が行われ、主演の吉永さん、山田洋次監督、原作の野上さんのほか、板東三津五郎、浅野忠信、笑福亭鶴瓶、檀れい、志田未来、佐藤未来が出席した。

page top