『譜めくりの女』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

小さな町の精肉店の娘、10歳のメラニー(デボラ・フランソワ)はピアノの才能を有するも、音楽学校の入試で無慈悲な女性審査員・アリアーヌ(カトリーヌ・フロ)に落とされ、ピアニストの夢を諦めてしまう。しかしそれから10数年後、あの夢を打ち砕いた審査員の夫・フシェクール氏(パスカル・グレゴリー)との出会いから、メラニーの運命は変わり始める。フシェクール夫妻の息子の家庭教師として働き始めたメラニーの、音楽に対する鋭い感受性に気づいたアリアーヌは、彼女にピアニストである自分の楽譜をめくる役を課すのである…。

スタッフ

監督

ドゥニ・デルクール

キャスト

作品データ

  • 2008年4月19日よりシネスイッチ銀座、渋谷シネ・アミューズほか全国にて順次公開
  • 原題La Tourneuse De Pages
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Phillippe Quaisse
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『譜めくりの女』関連記事

『譜めくりの女』ドゥニ・デルクール監督「日本のいろいろなものに影響された脚本」 画像
インタビュー

『譜めくりの女』ドゥニ・デルクール監督「日本のいろいろなものに影響された脚本」

2006年のカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で公式上映され絶賛を浴びた『譜めくりの女』。ピアニストになりたいとコンセルヴァトワールの試験を受けた少女・メラニーだったが、審査員である女性ピアニスト・アリアーヌのせいで試験に失敗してしまい、ピアニストになる夢を封印してしまう。数年後、成長したメラニーはアリアーヌと再会するが…。メラニーの複雑な心理描写にクラシック音楽の構成を取り入れた緻密な作品と高い評価を得た本作の監督、ドゥニ・デルクール監督に話を聞いた。

女の愛憎劇『譜めくりの女』で、お肌に潤いを満たす化粧オイルをゲット! 画像
スクープ

女の愛憎劇『譜めくりの女』で、お肌に潤いを満たす化粧オイルをゲット!

ピアニストを目指す少女・メラニーは、ピアノの実技試験中、審査員であり人気ピアニストのアリアーヌの無神経な態度に翻弄され、ピアニストへの夢を諦めてしまう。やがて美しく成長したメラニーは就職先の弁護士事務所でアリアーヌの夫の下で研修を受けることに…。ピアニストへの夢を絶たれた女性と、その夢を奪ってしまった女性の愛憎劇『譜めくりの女』が、4月19日(土)に公開を迎える。本作の公開を記念して、上映館のシネスイッチ銀座と渋谷シネ・アミューズの2館にて、初日限定の素敵なプレゼントが配布される!

page top