『レッドクリフ Part I』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

208年、中国三国時代。天下統一という野望に燃える曹操(チャン・フォンイー)は80万もの兵力を率い、怒涛のごとく敵国を攻めていた。そして、誰もが彼らの勢力に圧倒されていた。そんな中、劉備軍の若き天才軍師・諸葛孔明(金城武)と、孫権軍の知将・周瑜(トニー・レオン)の2人の男が立ち上がった。そして2人は、6万という兵力を振りかざし、その巨大な勢力へと立ち向かうため、連合軍を結成する。兵力では劣っているが、2人は奇策と知略をめぐらし、戦いへと挑むのであった。だが、曹操の野望の裏には、一人の女性に秘められた目的があった――。曹操率いる魏の大軍と、蜀と呉の連合軍が戦った「赤壁の戦い」を描いたアクション超大作。

スタッフ

監督

ジョン・ウー

キャスト

作品データ

  • 2008年11月1日より日劇1ほか全国にて公開
  • 原題Red Cliff / 赤壁
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 Three kingdoms Ltd.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『レッドクリフ Part I』関連記事

天才子役の芦田愛菜、初の実写映画吹き替えで、相武紗季と涙の競演! 画像
スクープ

天才子役の芦田愛菜、初の実写映画吹き替えで、相武紗季と涙の競演!

中国映画の歴代最高記録を樹立した話題作『唐山大地震 −想い続けた32年−』の日本語吹き替え版キャストが決定し、主人公ファン・ドンを人気女優の相武紗季、その幼少期を天才子役と名高い芦田愛菜が演じることが明らかになった。2人とも実写映画の吹き替えは初めての挑戦。同じ兵庫県出身の相武さんと愛菜ちゃんが、20世紀最大の災害と言われる唐山大地震を生き抜くヒロイン役で、涙の“競演”を果たす。

『レッドクリフII』6.7億首位スタート ジョン・ウー監督「蒼天航路」声優挑戦 画像
スクープ

『レッドクリフII』6.7億首位スタート ジョン・ウー監督「蒼天航路」声優挑戦

先週金曜日に公開を迎え、週末興収6億7,000万円を記録して予想通りの“定位置”興行ランキングNo.1に輝いた『レッドクリフ Part II —未来への最終決戦—』。これから、ゴールデンウィークに向けてどこまで数字を伸ばすのか? 2009年の最高興収を十分に狙える好スタートを切ったが、このほど、本シリーズを手がけたジョン・ウー監督がアニメの声優に初挑戦するという知らせが届いた。

『レッドクリフ II』リン・チーリン 演じることへの覚醒、笑顔の奥に秘めた強さ 画像
インタビュー

『レッドクリフ II』リン・チーリン 演じることへの覚醒、笑顔の奥に秘めた強さ

赤壁の地で雌雄を決すべく対峙する両軍。覇権のため、義のために男たちが始めた戦いに、女たちもまた否応なしに巻き込まれていく——。記録的な大ヒットとなった『レッドクリフ Part I』に続く完結編『レッドクリフ PartⅡ —未来への最終決戦—』がまもなく公開を迎える。呉軍の最高指揮官・周瑜(トニー・レオン)の妻・小喬を演じたリン・チーリンが映画初出演となった本作への思いを語ってくれた。

ジョン・ウーの手腕に感服! 女性が紡ぐ“愛”の物語も注目の『レッドクリフ』完結編 画像
コラム

ジョン・ウーの手腕に感服! 女性が紡ぐ“愛”の物語も注目の『レッドクリフ』完結編

ジョン・ウー版「三国志」として大ヒットを記録した『レッドクリフ』の完結編。『Part I』では曹操軍と戦うために、劉備軍と孫権軍が同盟を結び、これから出陣! という“赤壁の戦い”の直前までが描かれたが、『Part II』ではいよいよその決戦が語られる。三国志の中で最も人気の高いこの戦いを、ジョン・ウー監督は“勇気と友情と愛”をテーマに、何ともドラマティックに仕上げた。

ジョン・ウー監督来場! 『レッドクリフ Part I&II』公開前日連続上映決定 画像
スクープ

ジョン・ウー監督来場! 『レッドクリフ Part I&II』公開前日連続上映決定

先日、ジョン・ウー監督および金城武、トニ−・レオンら主要キャストたちを乗せた船を大阪の中心を流れる道頓堀川に浮かべるという、前代未聞のジャパン・プレミアが開催されて大きな盛り上がりを見せ、いよいよ4月10日(金)に公開を迎える『レッドクリフ PartⅡ —未来への最終決戦—』。アジアの映画史に名を刻む記録的な大ヒットとなった『Part I』の勢いそのままに、今回の完結編への期待は否応なく高まってきているが、本作の公開に先駆けて、劇場公開の前日の4月8日(木)に、『Part I』、『Part II』を連続して上映するという“『レッドクリフPart1&2』イッキミ”企画が実施されることになった。

道頓堀に999本の矢を積んだ船が! 『レッドクリフII』ド派手にジャパン・プレミア 画像
レポート

道頓堀に999本の矢を積んだ船が! 『レッドクリフII』ド派手にジャパン・プレミア

アジア映画史上に残る大ヒットを記録し、“三国志旋風”を巻き起こした『レッドクリフ Part I』の公開から5か月。日本中が待ち焦がれる完結編『レッドクリフ PartII —未来への最終決戦—』がいよいよ4月10日(金)より公開を迎える。これに先立ち、4月2日(木)、大阪で本作のジャパン・プレミアが開催され、ジョン・ウー監督を始め主演のトニー・レオンに金城武、リン・チーリンにチャン・チェンが出席した。

ジョン・ウーも納得? 大人気『レッドクリフ』特典シリーズ、ラストは“ウーピー” 画像
スクープ

ジョン・ウーも納得? 大人気『レッドクリフ』特典シリーズ、ラストは“ウーピー”

いよいよ決着のときが迫る! 構想なんと18年、総製作費100億円を注ぎ込んだ、ジョン・ウー渾身の超大プロジェクト『レッドクリフ』。アジア映画史上最高となる興収50億円、動員数400万人を超える前編の大ヒットに続き、完結編『レッドクリフ PartII —未来への最終決戦—』が4月10日(金)より公開となる。これに伴い、『PartI』より人気を博してきた前売り鑑賞券の特典「三国志」キューピーシリーズも遂に完結! そのトリとして、ジョン・ウー監督を模した“ウーピー”が登場する。

阿部寛「役をもらえたのが奇跡」、仲里依紗は涙! 「毎日映画コンクール」表彰式 画像
レポート

阿部寛「役をもらえたのが奇跡」、仲里依紗は涙! 「毎日映画コンクール」表彰式

1946年、戦争で荒廃した国土の荒廃にあえぐ人々を勇気づける第一級の娯楽である映画を復興しようと始まった「毎日映画コンクール」。今年で第63回を数える同コンクール表彰式が2月4日(水)に行われた。

遂に結果発表! 映画ファンが選ぶ2008年のベスト・ムービーに選ばれたのは…? 画像
レポート

遂に結果発表! 映画ファンが選ぶ2008年のベスト・ムービーに選ばれたのは…?

一般の映画ファンが、2008年のベスト・ムービーを選ぶ「ベスト・オブ・ベスト アワード2008」が遂に決定! 昨年の11月末から1か月余りにわたって、映画専門チャンネル「ムービープラス」とシネマコンプレックスチェーンのユナイテッド・シネマ株式会社、シネマカフェの3社協同で、一般の投票を大々的に募集。1月27日(火)、ユナイテッド・シネマ豊洲にて授賞式が盛大に行われ、ゲストのクリス・ペプラーによりベスト・ムービー賞が贈呈された。

赤壁は燃えているか? 『レッドクリフ II』最新ポスターお目見え&主題歌決定! 画像
スクープ

赤壁は燃えているか? 『レッドクリフ II』最新ポスターお目見え&主題歌決定!

終幕に向けて、早くも『Part II』始動! 12月10日(水)現在で興行収入41億6,257万円を記録し、2003年公開の『HERO』(累計興行収入40億2,600万円)を抜いて、日本で公開されたアジア映画No.1ヒット作(日本映画を除く)となった『レッドクリフ Part I』。この興奮さめやらぬうちに、2009年4月に公開される後編『レッドクリフ Part II』のポスターとチラシの最新ビジュアルが発表された。

『レッドクリフ』旋風、50億も視野 満席続出で『容疑者X』抜き大ヒットスタート 画像
スクープ

『レッドクリフ』旋風、50億も視野 満席続出で『容疑者X』抜き大ヒットスタート

トニー・レオン、金城武をはじめとするアジアきってのスターたちを迎え、名匠ジョン・ウーが総製作費100億円を注ぎ込んで二部作で完成させた歴史巨編『レッドクリフ』。本年度の東京国際映画祭を最もにぎわせた、前編『レッドクリフ Part I』が11月1日(土)に遂に公開! 初日から3日(月・祝)までの3日間で、全国各地の劇場で相次いで満席が続出する大ヒットスタートを切った。

トニー・レオン「監督も僕も、孔明のように生きたいけど出来ないタイプ(苦笑)」 画像
インタビュー

トニー・レオン「監督も僕も、孔明のように生きたいけど出来ないタイプ(苦笑)」

天下統一を掲げる曹操軍に、劉備と孫権の連合軍が挑んだ、「三国志」におけるハイライトと言える「赤壁の戦い」をジョン・ウーが完全映画化! 豪華キャストを集結させ、製作費100億円をかけて描き出される中国歴史絵巻『レッドクリフ Part I』が11月1日(土)より公開される。本作で、劉備・孫権軍の指揮を執る智将・周瑜を演じたトニー・レオンに話を聞いた。

【TIFFレポート10】中国映画週間オープニングに豪華ゲスト登場で会場大興奮! 画像
レポート

【TIFFレポート10】中国映画週間オープニングに豪華ゲスト登場で会場大興奮!

東京国際映画祭(TIFF)との提携企画で、毎年同時期にに開催される「東京・中国映画週間」が10月18日(土)に開幕した。19日(日)には、オープニング・セレモニーが開催。2008年の今年は日中平和友好条約締結30周年を記念する年であると同時に、TIFFのオープニング作品が『レッドクリフ Part I』ということもあり、例年よりも豪華ゲストが登場し、会場を賑わせた。

【TIFFレポート03】宮崎あおい、金城武、麻生首相も 映画祭開幕にスターが集結 画像
レポート

【TIFFレポート03】宮崎あおい、金城武、麻生首相も 映画祭開幕にスターが集結

日本最大でアジアを代表する映画祭のひとつ、東京国際映画祭が10月18日(土)開幕した。今年で21回目を迎える映画祭のテーマに掲げられているのは“エコ”。例年レッドカーペットが敷かれる六本木ヒルズのけやき坂にはペットボトル(500ml)約18,000本を再生して制作された“グリーンカーペット”がお目見えし、映画祭の幕開けを飾った。

片手で自分だけの予告編が出来る! 『レッドクリフ』予告編メーカーのすすめ 画像
スクープ

片手で自分だけの予告編が出来る! 『レッドクリフ』予告編メーカーのすすめ

総製作費100億円、最新のCG技術をもってして、「三国志」でも最も有名な“赤壁の戦い”の映像化を実現した歴史スペクタクル『レッドクリフ Part I』。11月1日(土)の本作の公開を記念して、現在、本作の公式サイトでは、誰でも簡単に、そしてオリジナルの予告編が作れる“『レッドクリフ』予告編メーカー”という画期的なオプションを楽しむことが出来る。

如意棒を振り回す小雪と風に飛ばされる綾瀬はるか? パナソニックCM発表会 画像
レポート

如意棒を振り回す小雪と風に飛ばされる綾瀬はるか? パナソニックCM発表会

パナソニックが「ブルーレイシネマキャンペーン」と称して、9月より順次発売となるプラズマテレビ「ビエラ」、ブルーレイレコーダー「ディーガ」、そして自動サウンドモードを搭載した「ラックシアター」。こちらの製品の新CM発表会が9月2日(火)、CMに出演している小雪と綾瀬はるかを迎えて行われた。

アジアのスター集結も金城武は一人だけ楽チン? 『レッドクリフ』来日記者会見 画像
レポート

アジアのスター集結も金城武は一人だけ楽チン? 『レッドクリフ』来日記者会見

アメリカ、中国、日本、台湾、香港、韓国からスタッフ・キャストがジョン・ウー監督の下に集結。壮大なスケールで「三国志」における“赤壁の戦い”を実写映画化した『レッドクリフ』の前編が11月1日(土)より公開される。8月6日(水)に本作の記者会見が行われ、ジョン・ウー監督を始め主演のトニー・レオン、金城武、チャン・チェン、リン・チーリン、中村獅童が出席した。

トニー・レオン、20年来の恋人とブータンで挙式 画像
ゴシップ

トニー・レオン、20年来の恋人とブータンで挙式

トニー・レオンが20年近く交際を続けたカリーナ・ラウと、21日午前中にブータンで挙式した。2人は16日に香港からタイ経由でブータンへ入国、ブータン王室の協力を得て王宮で王族の結婚衣裳を着た結婚写真を一足先に撮影、19日に公開していた。

【カンヌレポートvol.13】トニー・レオンはカリーナ・ラウ同伴! 押尾学の姿も  画像
レポート

【カンヌレポートvol.13】トニー・レオンはカリーナ・ラウ同伴! 押尾学の姿も 

エイベックスのゴージャスなパーティに集まった顔ぶれをご紹介。鏡割りをしたのは、同社が東宝東和と共同配給する超大作『レッドクリフ』を監督したジョン・ウーで、もちろん、トニー・レオン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリンら出演者も勢揃い。トニーの恋人のカリーナ・ラウも出席。せっかくなのでパーティの感想を聞くと、「芸者を生で見たのは初めてで感激したよ」と言うトニーに対し、カリーナは「めちゃくちゃお金がかかってるわよねぇ(笑)」と、とても現実的な答えだったのが面白かった。実際、私のような一介のモノ書きはお呼びじゃないパーティだったけど、シネマカフェの読者のみなさんに様子を伝えたくて、何とか入れてもらったのよね。

【カンヌレポートvol.12】ウン億円かけて開かれた日本の某社のパーティって? 画像
レポート

【カンヌレポートvol.12】ウン億円かけて開かれた日本の某社のパーティって?

もう日本でも随分報道されているようだけど、カンヌで開かれたいくつものパーティの中でも、お金のかけ方がハンパじゃないと評判だったのが、日本のエイベックスのパーティ。音楽業界では、アジアで確固たる地位を築いた同社が、映画事業にも乗り出すため、カンヌでドデカい花火を打ち上げた、というわけ。

page top