『おくりびと』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

リストラされたチェロ奏者・大悟(本木雅弘)は、故郷に戻り、求人広告を手にNKエージェントを訪れる。しかし、そこの社長・佐々木(山崎努)から思いもよらない業務内容を告げられる。それは、遺体を棺に納める“納棺師(のうかんし)”の仕事。妻の美香(広末涼子)には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、見習いとして働き出す大悟。だがそこには、様々な境遇のお別れが待っていた…。新人納棺師の日々と、葬儀に集まる多彩な人々を描く、ユーモアあふれる感動作。

スタッフ

監督

滝田洋二郎

キャスト

  • 本木雅弘
  • 広末涼子
  • 余貴美子
  • 吉行和子
  • 杉本哲太
  • 笹野高史
  • 山崎努

作品データ

  • 2008年9月13日より丸の内プラゼ−ルほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 映画「おくりびと」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『おくりびと』関連記事

アカデミー賞監督のアン・リー、大島渚監督の訃報に「悲しい知らせです」 画像
レポート

アカデミー賞監督のアン・リー、大島渚監督の訃報に「悲しい知らせです」

映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のアン・リー監督が来日を果たし、1月16日(水)に都内でジャパン・プレミアを開催…

『かぞくのくに』、第85回米国アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表作品に決定! 画像
スクープ

『かぞくのくに』、第85回米国アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表作品に決定!

在日コリアン2世であるヤン・ヨンヒ監督が自身の実体験を基にオリジナル脚本で手がけた初のフィクション映画『かぞくのくに』が、来年開催される第85回米国アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表作品に決定した。

アカデミー協会が新会員候補に招待状を発送 B・クーパー、『おくりびと』監督の名も 画像
ゴシップ

アカデミー協会が新会員候補に招待状を発送 B・クーパー、『おくりびと』監督の名も

アカデミー賞を選考、決定する映画芸術科学アカデミーが毎年恒例の新規会員招待状を178人の映画関係者に送った。一昨年、『おくりびと』がアカデミー外国語映画賞を受賞した日本の滝田洋次郎監督も含まれている。

チョン・ウソン、美女の代わりにパンダを観察? 熱愛報道を笑顔で完全否定 画像
レポート

チョン・ウソン、美女の代わりにパンダを観察? 熱愛報道を笑顔で完全否定

2011年のテレビ放送の完全デジタル化に向け、フルタイム・フルハイビジョン・3チャンネルの実現をもって“これからのテレビ”を目指すWOWOW。この挑戦へのキックオフとして、10月10日(土)、同局では開局以来初となる、放送とイベントを融合させた一大プロジェクト、“WOW FES!(ワウフェス)”を開催。これに先駆け、当日のメインゲストでもある韓流スター、チョン・ウソンが来日! 7月22日(水)に行われた本イベントの記者会見に出席した。

本木雅弘、滝田洋二郎監督がふり返る『おくりびと』の奇跡と軌跡 画像
レポート

本木雅弘、滝田洋二郎監督がふり返る『おくりびと』の奇跡と軌跡

日本でも近年にない盛り上がりを見せたアカデミー賞。日本国内での熱狂の中心にあったのは、間違いなく『おくりびと』の外国語映画賞受賞という快挙である。受賞から数日を経た2月28日(土)には主演の本木雅弘が現地から帰国し、滝田洋二郎監督と共に記者会見を開いた。さらに翌週、本作は公開25週目にして興行成績1位という偉業を達成した。第32回モントリオール世界映画祭のグランプリに始まり、アカデミー賞受賞で計61冠を達成した本作だが、ここまでの道のりは決して平坦なものではなかった…。会見で本木さん、監督はアカデミー賞の瞬間の様子やこれまでの軌跡、そしてなぜ本作がここまで多くの人々の心を動かしたのかに言及した。

本木&広末万感『おくりびと』外国語映画賞受賞! 滝田監督「これが新たな旅立ち」 画像
レポート

本木&広末万感『おくりびと』外国語映画賞受賞! 滝田監督「これが新たな旅立ち」

短編アニメーション部門での『つみきのいえ』に続いて、外国語映画賞部門でも快挙! 滝田洋二郎監督、本木雅弘主演で納棺師という職業にスポットを当てた『おくりびと』が見事オスカーに輝いた。外国語映画賞が正式に設立されて以来、日本映画が受賞するのは史上初の快挙!

本家オスカーに向けモックン視界良好! 日本アカデミー賞『おくりびと』圧巻の10冠 画像
スクープ

本家オスカーに向けモックン視界良好! 日本アカデミー賞『おくりびと』圧巻の10冠

第32回目を迎える日本アカデミー賞の授賞式が2月20日(金)に開催され、昨年12月に発表された各部門の優秀賞の中から最優秀賞、および話題賞が発表された。22日(現地時間)に発表される米国アカデミー賞で、外国語映画賞受賞の期待がかかる『おくりびと』が10部門を独占! 渡米を直前に控えた滝田洋二郎監督、主演の本木雅弘らにとって、最高のはなむけとなった。

阿部寛「役をもらえたのが奇跡」、仲里依紗は涙! 「毎日映画コンクール」表彰式 画像
レポート

阿部寛「役をもらえたのが奇跡」、仲里依紗は涙! 「毎日映画コンクール」表彰式

1946年、戦争で荒廃した国土の荒廃にあえぐ人々を勇気づける第一級の娯楽である映画を復興しようと始まった「毎日映画コンクール」。今年で第63回を数える同コンクール表彰式が2月4日(水)に行われた。

アカデミー賞の“先輩”菊地凛子がモッくんに授賞式の心得伝授。鍵を握るのはトイレ? 画像
レポート

アカデミー賞の“先輩”菊地凛子がモッくんに授賞式の心得伝授。鍵を握るのはトイレ?

『スラムドッグ$ミリオネア』の完勝? 最多ノミネート『ベンジャミン・バトン』のゴールデン・グローブ賞の雪辱、そしてブランジェリーナのアベック・オスカー達成なるか? さらに我らが日本代表『おくりびと』に下される審判は——? 例年になく注目を集める第81回アカデミー賞。授賞式は現地時間2月22日に行われるが、日本ではWOWOWにて現地L.A.のコダック・シアターより独占生中継される。これに先立ち1月29日(木)に番組発表記者会見が行われ、ゲストとして今年のオスカーの外国語映画賞にノミネートされた『おくりびと』から主演の本木雅弘と滝田洋二郎監督、そして『バベル』で一昨年のアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた菊地凛子が出席した。

【アカデミー賞秒読み】候補作発表 ブラピ主演作と『スラムドッグ』が一騎打ち! 画像
スクープ

【アカデミー賞秒読み】候補作発表 ブラピ主演作と『スラムドッグ』が一騎打ち!

現地時間1月22日、第81回アカデミー賞のノミネートが発表された。ナショナル・ボード・オブ・レビュー(米国映画批評会議賞)で3冠、さらに先日発表されたゴールデン・グローブ賞で4冠と、ここまで賞レースを引っ張ってきたダニー・ボイル監督の『スラムドッグ$ミリオネア』が大方の予想通り作品賞、監督賞、脚色賞など9部門で10ノミネート。

日本アカデミー賞『おくりびと』が独占 追うは『母べえ』&『クライマーズ・ハイ』 画像
スクープ

日本アカデミー賞『おくりびと』が独占 追うは『母べえ』&『クライマーズ・ハイ』

今年で32回目を迎える日本アカデミー賞の優秀賞ならびに新人俳優賞の発表が12月18日(木)に行われ、先日発表された報知映画賞で作品賞を獲得した、本木雅弘主演の『おくりびと』が対象の13部門全てで受賞するという快挙を成し遂げた。“納棺師”という仕事に就いた主人公が、人の死を通じて愛すること、生きることの尊さに気づかされていく姿を描き、今年のモントリオール世界映画祭にてグランプリを受賞した本作。9月の劇場公開後、これまでに250万人以上を動員し、興行収入29億円を記録する大ヒットとなっている。来年の2月20日(金)に、今回発表された優秀賞の中から最優秀賞が発表されるが、作品賞を始め主要部門の最有力候補と言えそうだ。

【釜山映画祭】『おくりびと』は韓国でも大喝采! 本木雅弘の釜山方言に観客大喜び 画像
レポート

【釜山映画祭】『おくりびと』は韓国でも大喝采! 本木雅弘の釜山方言に観客大喜び

第32回モントリオール世界映画祭におけるグランプリ受賞。さらにアカデミー賞外国語映画賞の日本代表に選出され、国内では150万人を超える人々が劇場に足を運び、大ヒットを記録している『おくりびと』。本作が韓国で開催中の釜山国際映画祭において10月7日(火)に正式上映され、上映前の舞台挨拶、上映後のティーチインに主演の本木雅弘、滝田洋二郎監督らが出席した。

「“おくられびと”になったときに思い返したい」本木雅弘が納棺師に『おくりびと』 画像
レポート

「“おくられびと”になったときに思い返したい」本木雅弘が納棺師に『おくりびと』

先日のモントリオール世界映画祭でのグランプリ発表に加え、来年開催されるアカデミー賞外国語映画賞への日本出品作品の決定や釜山映画祭での上映など、世界各国で高い評価を得ている『おくりびと』。遺体を棺に収める納棺師という仕事を選んだ青年が、様々な死に向き合うことで生きることや愛の姿を感じていく姿を描いた本作が9月13日(土)に公開初日を迎えた。主演の本木雅弘を始め、広末涼子、余貴美子、吉行和子、滝田洋二郎監督、脚本の小山薫堂、音楽の久石譲が舞台挨拶を行った。

『おくりびと』グランプリ受賞で本木雅弘を父・内田裕也がロックな感じで祝福! 画像
レポート

『おくりびと』グランプリ受賞で本木雅弘を父・内田裕也がロックな感じで祝福!

遺体を棺に納める“納棺師”という職業に就いた主人公とその周囲の人々のドラマを描いた『おくりびと』。先日まで開催されていた第32回モントリオール世界映画祭において、本作がグランプリを受賞したという嬉しいニュースが飛び込んできたが、これを受けて9月3日(水)に受賞報告会見が急遽開催された。主演の本木雅弘と脚本を担当した小山薫堂が出席し、受賞の喜びを語った。

本木雅弘、広末涼子から喜びの声 『おくりびと』モントリオールでグランプリ受賞! 画像
スクープ

本木雅弘、広末涼子から喜びの声 『おくりびと』モントリオールでグランプリ受賞!

本木雅弘が、人生の最後の旅をお手伝いする“納棺師”を熱演した感動作『おくりびと』。9月13日(土)の公開を控えた本作が、北米最大級の映画祭、第32回モントリオール世界映画祭のコンペティション部門にてグランプリを受賞! この快挙のニュースを受け、キャスト・スタッフから喜びのコメントが寄せられた。

広末涼子、故郷の田舎に思いを馳せる ロケ地山形・庄内で『おくりびと』会見開催 画像
レポート

広末涼子、故郷の田舎に思いを馳せる ロケ地山形・庄内で『おくりびと』会見開催

亡くなった人を棺に納め、人生最後の旅をお手伝いする職業、納棺師。ふとしたきっかけでこの職業に就くことになった主人公・大悟が、様々な最期を通して成長していく姿を美しい風景と音楽にのせて描く『おくりびと』が9月13日(土)より公開される。これに先立ち、8月21日(木)、ロケ地となった山形県・庄内で本作の記者会見が行われた。滝田洋二郎監督はじめ、主演の本木雅弘、広末涼子、脚本の小山薫堂がお世話になった土地・人々への思いを語った。

『おくりびと』イメージソングでAI×久石譲による異色のコラボレーションが実現! 画像
スクープ

『おくりびと』イメージソングでAI×久石譲による異色のコラボレーションが実現!

遺体を棺に納める“納棺師(のうかんし)”の仕事に就いたばかりの主人公が、様々な死に向き合う姿を通じて、死に息づく愛の存在をユーモアを交えて描き出した『おくりびと』。本木雅弘と広末涼子が夫婦を演じることでも話題の本作のイメージソングを、感情あふれる歌声で若者を中心に人気を誇るアーティストのAIが手がけることが決定した。

熱い役者魂で広末涼子、山崎努を唸らせたモックン 次の就職先はプロの納棺師? 画像
レポート

熱い役者魂で広末涼子、山崎努を唸らせたモックン 次の就職先はプロの納棺師?

納棺師という職業をご存知だろうか? それは亡くなった人を棺に納め、天国へ送り出す手伝いをする職業のこと。ひょんなきっかけでその納棺師に転身し、様々な死に直面しながら成長していくひとりの男の姿を描いたのが『おくりびと』だ。9月の公開に先立ち、6月11日(水)に本作の完成会見が開かれ、滝田洋二郎監督を先頭に、主演の本木雅弘、広末涼子、山崎努、そして脚本を手がけた小山薫堂が出席した。

page top