『余命1ヶ月の花嫁』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

2007年4月5日、一組のカップルが都内で結婚式を挙げた。一見、どこにでもいる幸せな二人と、その二人を祝う家族や友人たち。だが、その24歳のかわいらしい花嫁は末期のがんに冒され、彼女を愛する人々には残りの人生がわずか“余命1ヶ月”だと告げられていた…。長島千恵(榮倉奈々)が“余命1ヶ月”だと知っている恋人・赤須太郎(瑛太)と千恵さんの父(柄本明)。そして、そのことを知らない千恵は、病室で友人に、密かに抱く願いを打ち明ける。それは、ウエディングドレスを着ることだった――。乳がんを患い24歳6か月という短い生涯を閉じた、長島千恵さんの感動の実話の映画化。長島千恵さんを榮倉奈々が、恋人の赤須太郎さんを瑛太が演じる。

スタッフ

監督

廣木隆一

キャスト

作品データ

  • 2009年5月9日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©“April Bride”Project
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『余命1ヶ月の花嫁』関連記事

作業着姿の岡田将生&榮倉奈々の画像が解禁!『アントキノイノチ』豪華共演陣も発表! 画像
スクープ

作業着姿の岡田将生&榮倉奈々の画像が解禁!『アントキノイノチ』豪華共演陣も発表!

歌手のさだまさしによる同名小説を映画化した『アントキノイノチ』の撮影現場の写真が到着! また、主演の岡田将生、榮倉奈々に加え、共演陣として原田泰造、松坂桃李、檀れい、柄本明らが出演することも明らかになった。

『雷桜』廣木隆一監督インタビュー  岡田将生と蒼井優が作り上げた“幸せな空間” 画像
インタビュー

『雷桜』廣木隆一監督インタビュー 岡田将生と蒼井優が作り上げた“幸せな空間”

『ヴァイブレータ』 、『余命1ヶ月の花嫁』 の廣木隆一監督が、岡田将生と蒼井優を主演に迎えてラブストーリーを撮る。しかも時代は江戸時代! 宇江佐真理の同名小説を原作に、美しくも切ない愛の物語『雷桜』が誕生した。数々の作品を世に送り出してきた廣木監督だが、意外にも時代劇は本作が初挑戦。日本版「ロミオとジュリエット」とも称されるこの物語、監督はどのような思いで映画化したのか? 岡田さん、蒼井さんとの仕事の感想も含めたっぷりと語ってくれた。

報知映画賞『沈まぬ太陽』に栄冠! 渡辺謙、瑛太、松たか子、岡田将生ら受賞 画像
スクープ

報知映画賞『沈まぬ太陽』に栄冠! 渡辺謙、瑛太、松たか子、岡田将生ら受賞

年の瀬も迫り、いよいよ、本年度の日本映画界の賞レースがスタート! 先陣を切って第34回報知映画賞の全9部門が発表され、山崎豊子の長編小説を映画化した『沈まぬ太陽』が作品賞を受賞し、本作の主演を務めた渡辺謙が主演男優賞に輝いた。渡辺さんの受賞は2006年の『明日の記憶』以来3年ぶり2度目。また、主演女優賞には『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』、『K-20 怪人二十面相・伝』の松たか子。松さんは1997年に『東京日和』で新人賞、2004年『隠し剣 鬼の爪』で主演女優賞を受賞したのに続いての栄誉となった。

鶴瓶&瑛太が深酒で倒れた? 余貴美子も病院送りの恐るべき『ディア・ドクター』 画像
レポート

鶴瓶&瑛太が深酒で倒れた? 余貴美子も病院送りの恐るべき『ディア・ドクター』

『ゆれる』が絶賛を呼んだ西川美和監督の元に、笑福亭鶴瓶、瑛太に香川照之、余貴美子、八千草薫ら芸達者、演技派の面々が集結! ある過疎の村を舞台に、一人の医者の存在、そして不在にまつわるドラマを通じて、現代社会が抱える様々な医療問題を浮かび上がらせる『Dear Doctor ディア・ドクター』が、6月27日(土)より公開される。これに先駆け、本作の医療監修を務める太田祥一教授が在籍し、撮影も行われた東京医科大学病院にて、大学と大学病院の職員、ドクター、研修医、学生を招いての試写会が開催された。上映前には舞台挨拶が行われ、西川監督、鶴瓶さん、瑛太さん、余さんが登壇した。

榮倉奈々、瑛太からのプレゼント&感動の手紙に涙「観てもらいたい、その気持ちだけ」 画像
レポート

榮倉奈々、瑛太からのプレゼント&感動の手紙に涙「観てもらいたい、その気持ちだけ」

若年性乳がんと闘いながら、自らの姿と言葉を遺して、命の大切さと乳がん検診の大切さを伝えた長島千恵さんと、彼女を支えた人々の実話を映画化した『余命1ヶ月の花嫁』。早くから大きな反響を呼んでいた本作が、5月9日(土)に公開初日を迎え、廣木隆一監督はじめ、主演の恋人を演じた榮倉奈々と瑛太、柄本明、安田美沙子、そして主題歌を手がけたJUJUが上映終了後の舞台挨拶に登壇した。

瑛太のまなざしを堪能! 瑛太撮りおろし『余命1ヶ月の花嫁』現場写真を公開 画像
スクープ

瑛太のまなざしを堪能! 瑛太撮りおろし『余命1ヶ月の花嫁』現場写真を公開

末期がんに冒されたひとりの女性と親族や恋人を始めとする、彼女を見守る人々の実話を映画化した『余命1ヶ月の花嫁』が5月9日(土)に公開を迎える。榮倉奈々が主人公の千恵を、その恋人の太郎を瑛太が演じているが、劇中、太郎がビデオを回して千恵を撮影するというシーンが登場する。このシーンの撮影を前に、監督は瑛太さんに「太郎さんの目線に近づくため、榮倉さんの劇中写真を撮ってみては?」と提案。これをきっかけに、瑛太さんは撮影終了時までに、およそ1,000枚に及ぶ榮倉さんの写真を撮影したという。

榮倉奈々、ウェディングドレスを披露 女優人生を賭けた“花嫁”役に思い募らせる 画像
レポート

榮倉奈々、ウェディングドレスを披露 女優人生を賭けた“花嫁”役に思い募らせる

わずか24歳で末期の乳がんに冒され、余命1か月と宣告されながらも、愛に生き、最後まで若年性乳がん検診の大切さと命の素晴らしさを伝え続けた長島千恵さん。病との闘い、そして彼女を支える恋人や家族とのやりとりに密着し大反響を呼んだドキュメンタリーを映画化した『余命1ヶ月の花嫁』が遂に完成した。5月9日(土)に公開を控え、4月8日(水)、本作の完成会見が行われ、主演の榮倉奈々、瑛太、安田美沙子、柄本明、廣木隆一監督、平野隆プロデューサーが出席した。

榮倉奈々「千恵さんの思い届けたい」 『余命1ヶ月の花嫁』乳がん検診スタート! 画像
レポート

榮倉奈々「千恵さんの思い届けたい」 『余命1ヶ月の花嫁』乳がん検診スタート!

2007年に放送されて大きな反響を呼んだTBSのドキュメンタリー番組を基に、末期がんに冒された一人の女性と彼女を支える周囲の人々の感動の実話を映画化した『余命1ヶ月の花嫁』が5月に公開を迎える。主人公のモデルとなった長島千恵さんは、生前「若い人も乳がんになることを知ってほしい。若い人こそ早期発見を心がけてほしい」と語っていた。その遺志を継ぐべく、千恵さんの恋人の太郎さんやご遺族、友人の協力を得て、「余命1ヶ月の花嫁・乳がん検診キャラバン」“さくらパンダ前線キャンペーン”がこのほどスタート! キャンペーンスタートの地である沖縄に主演の榮倉奈々が駆けつけ、3月30日(月)に出発式が行われた。

JUJU自らファンに発表! 話題の『余命1ヶ月の花嫁』挿入歌で感動を盛り上げる 画像
スクープ

JUJU自らファンに発表! 話題の『余命1ヶ月の花嫁』挿入歌で感動を盛り上げる

2007年、余命1か月と宣告されながらもその人生を全うした一人の女性と、彼女を支えた恋人の愛を映し出したドキュメンタリー「余命1ヶ月の花嫁」が放映され、全国で多くの反響を呼んだ。この感動の実話が、榮倉奈々、瑛太を主演に迎えて同名映画化され5月9日(土)に公開を迎える。本作の主題歌と挿入歌を、若い世代を中心に絶大な人気を得るシンガーソングライターのJUJUがダブルで担当することを、3月25日(水)に都内にて行われたライヴにてJUJUが自らファンに報告した。

page top