アニメ/ ディズニー 『ウォーリー』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

29世紀。人類が逃げ去ったゴミだらけの地球で、700年もの間、気の遠くなるような孤独の中で生きてきたゴミ処理ロボットのウォーリー。ある日、彼の前に、見たことのないようなピカピカのロボット・イヴが現れる。生まれて初めての出会いに興奮するウォーリーだったが、彼女には地球の未来を変える、驚くべき秘密が隠されていたのだ。ウォーリーは宇宙船にさらわれたイヴを救うべく、未知なる宇宙へと旅立つ――。

スタッフ

監督

アンドリュー・スタントン

キャスト

  • ジェフ・ガーリン艦長
  • ベン・バートウォーリー
  • エリッサ・ナイトイヴ
  • フレッド・ウィラードシェルビー・フォースライト/BNL会長
  • マッキントークオートパイロット/オート
  • ベン・バートモー
  • ジョン・ラッツェンバーガージョン
  • キャシー・ナジミーメアリー
  • シガニー・ウィーバーコンピュータ

作品データ

  • 2008年12月5日より全国にて公開
  • 原題WALL・E
  • 製作年2008
  • 製作国アメリカ
  • 上映時間103分
  • 映倫区分G
  • 配給会社ディズニー
  • クレジット© 2008 WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『ウォーリー』関連記事

映画三昧!東京都の“ミニシアター・特集上映映画”情報【10/28~11/10版】 画像
スクープ

映画三昧!東京都の“ミニシアター・特集上映映画”情報【10/28~11/10版】

シネマカフェでは都内のミニシアターの公開映画情報や、名画座ならではの名作特集、ユニークな“オールナイト上映”イベントなどを、編集部のオススメ目線でまとめてご紹介!

面白さの秘密は? 『カールじいさん』プロデューサーが明かすピクサー映画の作り方 画像
インタビュー

面白さの秘密は? 『カールじいさん』プロデューサーが明かすピクサー映画の作り方

日本で、67か国目となる初登場1位を記録し、鑑賞後の満足度という点でも驚異的な高支持を集めている『カールじいさんの空飛ぶ家』。1995年の『トイ・ストーリー』から数えて、ピクサーとして記念すべき10作目となった本作でも、キャラクター、ストーリー、そして映像世界など“ピクサーらしさ”を余すところなく発揮している。ずばり、ピクサー作品の面白さの秘密はどこにあるのか? 今回監督を務めたピート・ドクターは「新しいもの、人々が観たことない作品を作リ、驚きを与えるのがピクサー」と語る。彼を含む数々のクリエイターの発想を汲み上げ、作品ごとに異なる個性を発揮しつつ、“ピクサー作品”として質の高い作品を送り出し続ける秘訣は? スタッフの立場で数々のピクサー作品に携わり、本作でもプロデューサーを務めたジョナス・リヴェラに「ピクサー映画の作り方」を聞いてみた。

日本勢、初の快挙! 『つみきのいえ』が短編アニメ映画賞を受賞 画像
レポート

日本勢、初の快挙! 『つみきのいえ』が短編アニメ映画賞を受賞

ディズニー/ピクサー史上最高の全米オープニング記録を樹立し、日本でも昨年12月に公開されるや興収37億円を超える大ヒットを記録した『ウォーリー』が、ゴールデン・グローブ賞に続き、長編アニメ映画賞を獲得した。

第66回ゴールデン・グローブ賞結果発表! ケイト・ウィンスレットが女優賞をW受賞 画像
ゴシップ

第66回ゴールデン・グローブ賞結果発表! ケイト・ウィンスレットが女優賞をW受賞

第66回ゴールデン・グローブ賞授賞式が11日、ビバリーヒルズにあるビバリー・ヒルトン・ホテルで行われ、ダニー・ボイル監督の『スラムドッグ$ミリオネア』がドラマ部門作品賞、監督賞など4部門を受賞。注目の助演男優賞は『ダークナイト』でジョーカーを演じ、昨年1月に急逝した故ヒース・レジャーに輝いた。

【ハリウッドより愛をこめて】年末公開ラッシュを制するのは? 賞レースも視野に白熱 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】年末公開ラッシュを制するのは? 賞レースも視野に白熱

年の瀬が迫るこの時期、ここアメリカでは(もちろん日本でもそうだと思いますが!)たくさんのお正月映画が公開されようとしています。アメリカでどんな映画が話題になっているのか、ちょっとだけご紹介しますね。

“愛の力”を訴えるラブストーリー『WALL・E/ウォーリー』のA・スタントン監督 画像
インタビュー

“愛の力”を訴えるラブストーリー『WALL・E/ウォーリー』のA・スタントン監督

その公開作品のほとんどが大ヒットを記録するピクサー・スタジオの最新作『WALL・E/ウォーリー』。ピクサー作品初のアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン監督による本作がいよいよ公開となる。スタントン監督に話を聞いた。

森三中・村上「子供は“ひとり”ではなく2人欲しい」 ウォーリーのお友だちに認定! 画像
レポート

森三中・村上「子供は“ひとり”ではなく2人欲しい」 ウォーリーのお友だちに認定!

人間のいなくなった地球で“ひとりぼっち”で生きるロボットのウォーリーが届ける愛と感動のドラマ『WALL・E/ウォーリー』。山口智充、宮迫博之、タカアンドトシらがウォーリーの“お友だち”として認定されるなど、12月5日(金)の公開に向けて盛り上がりを見せるているが、このたびお友だち第4号に森山中の村上知子が立候補! 11月30日(日)に行われた本作の試写会にウォーリーに会いに駆けつけた。

ひとりぼっちのロボット・ウォーリーが友だちに会いに来日 日本語で「コンニチハ」! 画像
レポート

ひとりぼっちのロボット・ウォーリーが友だちに会いに来日 日本語で「コンニチハ」!

来年2月に発表されるアカデミー賞長編アニメーション部門のノミネート候補作に選出されたピクサー待望の最新作『WALL・E/ウォーリー』が12月5日(金)、いよいよ日本に上陸する。700年もの間、ひとりぼっちでゴミを拾ってきた主人公のロボット・ウォーリーがこのたび、日本のお友だちに会うためにスクリーンを飛び出し来日! 11月24日(月・祝)に行われた本作のジャパン・プレミアに、ウォーリーの“お友だち1号”に任命された、ぐっさんこと山口智充と、“お友だち2号”の宮迫博之とともに登場し、会場を大いにわかせた。

お友だち第1号のぐっさんが、アルミ缶“ウォーリー”作成中の小学生をサプライズ訪問 画像
レポート

お友だち第1号のぐっさんが、アルミ缶“ウォーリー”作成中の小学生をサプライズ訪問

アカデミー賞長編アニメ賞を受賞した『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン監督の最新作『WALL・E/ウォーリー』。29世紀の地球を舞台に、たった一人で700年も働き続けてきた“ゴミ処理ロボット”のウォーリーが、“孤独”を知り、また孤独ではない幸せを知る物語だ。全米では6月27日に公開され大ヒットを記録した本作が、12月11日(木)〜13日(土)に東京ビッグサイトにて開催される日本最大の環境展「エコプロダクツ2008」とタイアップ。「『ウォーリー』公開記念“アルミ缶でウォーリーをつくろう!”」キャンペーンを実施する。これに先駆けて11月17日(月)に、このキャンペーンに参加する東京都江東区立第七砂町小学校へ、“ウォーリーのお友だち第1号”に任命されている“ぐっさん”こと山口智充がサプライズ訪問した。

草刈正雄「ひとりぼっちにはなりたくない!」 『ウォーリー』でアフレコ初体験 画像
レポート

草刈正雄「ひとりぼっちにはなりたくない!」 『ウォーリー』でアフレコ初体験

8世紀先の宇宙を舞台に、ひとりぼっちのゴミ処理ロボット・ウォーリーの愛と勇気の冒険を描いた、ピクサー待望の最新作『WALL・E/ウォーリー』。12月5日(金)の公開を控え、10月21日(火)、本作の日本語吹き替えのアフレコ収録がマスコミ陣に公開された。アフレコに挑んだのは、今回が初のアニメーションの吹き替えとなる、草刈正雄! 宇宙船での一日の始まりを描いたシーンのアフレコ後、その感想を語ってくれた。

ウォーリーの友達にぐっさん、宮迫、タカアンドトシが名乗り! 早速「欧米か!」 画像
レポート

ウォーリーの友達にぐっさん、宮迫、タカアンドトシが名乗り! 早速「欧米か!」

700年もの間、ひとりぼっちで過ごしてきたごみ処理ロボットを主人公に、ピクサーが描くハートウォーミング・ストーリー『WALL・E/ウォーリー』。本作の監督を務めたアンドリュー・スタントンにサウンド・デザインを手がけたベン・バート、プロデューサーのジム・モリスがこのほど来日し、10月8日(水)に記者会見が行われた。

かわいいウォーリーの奮闘を見逃すな! 『WALL・E』特別映像到着! 画像
スクープ

かわいいウォーリーの奮闘を見逃すな! 『WALL・E』特別映像到着!

ディズニー/ピクサー最新作で『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン監督が贈る、ごみ処理ロボット・ウォーリーの活躍を描いた『WALL・E/ウォーリー』。本作の特別映像がシネマカフェに届いた。

『ニモ』越えなるか? 『WALL・E/ウォーリー』ピクサー歴代1位の初日スタート 画像
スクープ

『ニモ』越えなるか? 『WALL・E/ウォーリー』ピクサー歴代1位の初日スタート

『トイ・ストーリー』に始まり、『ファインディング・ニモ』、『Mr.インクレディブル』など、日本のスタジオジブリと並んでアニメ映画界をリードしてきたディズニー/ピクサー。その最新作『WALL・E/ウォーリー』(『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン監督)が6月27日(金)に全米3,992スクリーンで公開され、『ゲット スマート』、『カンフー・パンダ』、『インクレディブル・ハルク』(先週末のTOP3)を抑え、初登場首位を獲得した。週末3日間の興行収入は6,250万ドル。

シガニー・ウィーバーがレッド・カーペットでロボットと共演 『ウォーリー』全米プレミア 画像
レポート

シガニー・ウィーバーがレッド・カーペットでロボットと共演 『ウォーリー』全米プレミア

子供を驚かせるモンスターの世界(『モンスターズ・インク』)、海の世界(『ファインディング・ニモ』)に続く舞台は、29世紀の地球と宇宙! 世界中の子供たちに夢と冒険を届けるディズニー/ピクサー待望の最新作『WALL・E/ウォーリー』が遂に完成。現地時間の6月21日、宇宙に因んで、星空を眺めながらの本作のワールド・プレミアが、ロサンゼルスにある野外劇場・グリークシアターにて行われ、アフレコを担当したシガニー・ウィーバー、監督のアンドリュー・スタントンらが駆けつけた。

page top