『ぼくとママの黄色い自転車』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

小学3年生の大志(武井証)は、父親の一志(阿部サダヲ)と二人暮らし。そんな大志の楽しみは、パリにいる母親・琴美(鈴木京香)から毎週届く手紙であった。だがある日、大志は母親がパリではなく、瀬戸内海の小豆島にいることを知る。大志は会いたいという一心で、母親にもらった自転車に乗り、愛犬のアンを連れて家から500Kmも離れた小豆島に向かう。しかし、大志は母親は記憶を失う病を患い、愛するがために彼の前から去ったということを知る…。『子ぎつねへレン』の河野圭太監督作。主題歌は、さだまさしが務めている。

スタッフ

監督

河野圭太

キャスト

作品データ

  • 2009年8月22日より新宿バルト9ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009「ぼくとママの黄色い自転車」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『ぼくとママの黄色い自転車』関連記事

美白・阿部サダヲ、ガン黒・新堂冬樹に驚愕「僕はあまり日焼けしないので…」 画像
レポート

美白・阿部サダヲ、ガン黒・新堂冬樹に驚愕「僕はあまり日焼けしないので…」

離れて暮らす母親を探すため、はるか500キロの冒険に出た一人の少年の成長と家族の深い絆を描き、ベストセラーとなった新堂冬樹著の感動作「僕の行く道」。この小説を原作とした待望の映画化作品『ぼくとママの黄色い自転車』が8月22日(土)、公開初日を迎え、メガホンを取った河野圭太監督に主演の武井証、阿部サダヲ、鈴木京香、そして原作者の新堂さんによる舞台挨拶が行われた。

阿部サダヲが新たに見せる“父”の顔「自分の子供にも冒険させてやりたいと思った」 画像
インタビュー

阿部サダヲが新たに見せる“父”の顔「自分の子供にも冒険させてやりたいと思った」

あるときはパンクコントバンド「グループ魂」のフロントマン“破壊”として、またあるときは個性派俳優として舞台上、スクリーンを、俊足と超ハイテンションで所狭しと駆け巡り、異彩を放つ阿部サダヲ。天性のコメディアンとも言うべき彼が、どの作品でも見せてこなかった顔とは——? 現在、39歳。“不惑”と言われる40歳を目前にして、『ぼくとママの黄色い自転車』で、父親役という新境地に挑んだ彼に話を聞いた。

阿部サダヲ、自分よりも大人っぽい“息子”に脱帽! 鈴木京香と親子3人浴衣で登場 画像
レポート

阿部サダヲ、自分よりも大人っぽい“息子”に脱帽! 鈴木京香と親子3人浴衣で登場

母親に会うために、愛犬を連れて横浜から自転車で、遠く香川県の小豆島を目指す少年の成長と、その地で彼が知る切ない真実——。新堂冬樹のベストセラー「僕の行く道」を映画化した『僕とママの黄色い自転車』が8月22日(土)に公開を迎える。8月12日(水)、映画に因んで本作の親子試写会が開催され、上映前には主演の武井証、阿部サダヲ、鈴木京香による舞台挨拶が行われた。

阿部サダヲ、鈴木京香とのアンバランス夫婦に「お前とそれか? みたいなパターン…」 画像
レポート

阿部サダヲ、鈴木京香とのアンバランス夫婦に「お前とそれか? みたいなパターン…」

大好きな母親を訪ねて、横浜から瀬戸内海・小豆島まで、愛犬と共に500キロの自転車の旅に出る少年の姿を描いた、この夏の感動作『ぼくとママの黄色い自転車』。8月の公開に先駆けて、4月28日(火)、本作の完成披露試写会が行われ、主演の武井証と父母役の阿部サダヲ、鈴木京香の親子3人と共演の安部美央が揃って舞台挨拶に登壇した。

page top