『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った。しかし、一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか?僕の心はどこにいってしまったんだ?「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」義父からの言葉が引き金となり、ディヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である家さえも。あらゆるものを破壊していくなかで、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが…。

スタッフ

監督

ジャン=マルク・ヴァレ

キャスト

  • ジェイク・ギレンホール
  • ナオミ・ワッツ
  • クリス・クーパー

作品データ

  • 2017年2月18日より新宿シネマカリテほか全国にて公開
  • 原題Demotion
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.
ジャンル
感情タグ

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』関連記事

【シネマモード】喪失をきっかけに自分と向き合う…『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』 画像
コラム

【シネマモード】喪失をきっかけに自分と向き合う…『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

親しい誰かが亡くなったとき、泣くのは当たり前。涙が出ないから冷たい人。たぶん多くの人にとって、それが普通の考えでしょう…

ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツを“愛の肩車”! 画像
洋画ニュース

ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツを“愛の肩車”!

ジェイク・ギレンホールが交通事故で妻を失うも泣くことができず、感情を失くしてしまった男を演じる映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』。

【特別映像】ジェイク・ギレンホール、“泣けない”男が結婚生活を破壊! 画像
洋画ニュース

【特別映像】ジェイク・ギレンホール、“泣けない”男が結婚生活を破壊!

ジェイク・ギレンホールが妻に先立たれても泣けない男を演じる『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』。このほど、原題である『Demolition』

カメレオン俳優ジェイク・ギレンホール、2017年は快進撃! 画像
洋画ニュース

カメレオン俳優ジェイク・ギレンホール、2017年は快進撃!

毎年、映画界を賑わす作品に主演し、幅広い役柄を演じきるジェイク・ギレンホール。最新作となるのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』のジャン=マルク・ヴァレ監督作

【予告編】ジェイク・ギレンホール、妻の死に向き合えず自宅を破壊する男に… 画像
洋画ニュース

【予告編】ジェイク・ギレンホール、妻の死に向き合えず自宅を破壊する男に…

ジェイク・ギレンホールが、『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』のジャン=マルク・ヴァレ監督とタッグを組んだ『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(原題:Demoliton)。このほど、そのポスタービジュアルと予告編

ジェイク・ギレンホール、妻の死から“破壊”に走る無感覚男に…主演作2月公開へ 画像
洋画ニュース

ジェイク・ギレンホール、妻の死から“破壊”に走る無感覚男に…主演作2月公開へ

激ヤセして『ナイトクローラー』で映像パパラッチを演じたかと思えば、『サウスポー』では全てを失ったボクサーを熱演したジェイク・ギレンホール。このほど、彼が『ダラス・バイヤーズ・クラブ』

page top