『お嬢さん』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

1939年、日本統治下の朝鮮半島。孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、“伯爵”を装った詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。秀子は世間とは隔絶した大きな屋敷で、日本文化を崇拝する支配的な叔父(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は詐欺師はスッキとともに秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神科病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキに秀子が次第に心を開いていく。世間知らずの令嬢と、その侍女、詐欺師、富豪。欲望の館で誰が誰を騙し、愛されたのか――。

スタッフ

監督

パク・チャヌク

キャスト

作品データ

  • 2017年3月3日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開
  • 原題Ah-ga-ssi
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『お嬢さん』関連記事

【特別映像】お嬢さまと侍女の愛がはじまる“初夜”解禁『お嬢さん』 画像
スクープ

【特別映像】お嬢さまと侍女の愛がはじまる“初夜”解禁『お嬢さん』

韓国映画ファンのみならず、若い男女をまきこんで話題となっているパク・チャヌク監督作『お嬢さん』。このほど、本作の“お譲さま”キム・テリと“侍女”キム・ミニ

【特別映像】変態全開!お嬢さまも火照る“官能朗読会”が解禁『お嬢さん』 画像
スクープ

【特別映像】変態全開!お嬢さまも火照る“官能朗読会”が解禁『お嬢さん』

韓国が誇る異才にして天才パク・チャヌクの最新作として日本公開され、話題騒然となっている『お嬢さん』。中でも、鑑賞者から賛否両論を呼んでいる禁断の“朗読会”

変態で天才!?『お嬢さん』パク・チャヌク監督の伝説と魅力徹底解剖! 画像
スクープ

変態で天才!?『お嬢さん』パク・チャヌク監督の伝説と魅力徹底解剖!

2016年カンヌ国際映画祭を席巻し、韓国では成人映画(R19指定)のオープニング記録を更新するなど大ヒットとなったパク・チャヌク監督の最新作『お嬢さん』。パク監督といえば、約3年8か月ぶりの来日で日本を代表する女優・真木よう子

パク・チャヌク監督の求める強い女性像に真木よう子「ぴったりです!」とアピール 画像
レポート

パク・チャヌク監督の求める強い女性像に真木よう子「ぴったりです!」とアピール

韓国映画の名作『オールドボーイ』のパク・チャヌク監督が最新作『お嬢さん』を携え来日し、2月8日(水)に都内で舞台挨拶が開催。ゲストとして真木よう子が来場し、作品の魅力について語り合った…

『お嬢さん』世界から称賛の嵐!パク・チャヌク監督の来日も決定 画像
スクープ

『お嬢さん』世界から称賛の嵐!パク・チャヌク監督の来日も決定

「このミステリーがすごい!」第1位を獲得したサラ・ウォーターズ「荊の城」を原作にした、パク・チャヌク監督の最新作『お嬢さん』が3月3日(金)より公開となる。賞レースではナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で本年度

【予告編】R18指定でも上映ギリギリ!? パク・チャヌク最新作『お嬢さん』解禁 画像
スクープ

【予告編】R18指定でも上映ギリギリ!? パク・チャヌク最新作『お嬢さん』解禁

『オールド・ボーイ』や『イノセント・ガーデン』で知られるパク・チャヌク監督が、「このミステリーがすごい!」第1位を獲得したサラ・ウォーターズ「荊の城」を、韓国を舞台に映画化した最新作『お嬢さん』

page top