『ヴィクトリア女王 世紀の愛』

The Young Victoria

ヴィクトリア女王 世紀の愛
監督 ジャン=マルク・ヴァレ
俳優 エミリー・ブラント、ルパード・フレンド、ポール・ベタニー、ミランダ・リチャードソン、ジム・ブロードベンド

7つの海を支配し、イギリスを「太陽の沈まない帝国」と呼ばれるまでに押し上げた、ヴィクトリア女王(エミリー・ブラント)。黄金期を夫婦で支え続けた女王とアルバート王子(ルパード・フレンド)は、19世紀当時からいまも、史上最高の理想のカップルとして、語り継がれている。しかし、真の絆を結ぶまで、2人は数々の波乱と困難を乗り越えなければならなかった。母親との確執、王室の権力争い、政治家との駆け引き、2人を引き裂く疑惑、国民の暴動。そして、ヴィクトリアに向けて放たれた、一発の銃弾…。国と愛する人に人生を捧げた美しき女王の知られざる真実の物語を描く。製作を巨匠マーティン・スコセッシが手がける。

2009年12月26日よりBunkamuraル・シネマ、TOHOシネマズシャンテほか全国にて順次公開

2009,イギリス、アメリカ,ギャガ

© 2008 GK Films, LLC All Rights Reserved

[Official Site]映画公式サイト

[BOX OFFICE]劇場公開時のランキング



  • 予告編
  • フォトギャラリー
  • 予告編
  • フォトギャラリー
場面写真
場面写真
場面写真
場面写真
場面写真
場面写真
場面写真
場面写真


page top