《受動喫煙防止》に特化した空気環境コンサルがストレスフリーな職場環境をご提案!

技術・開発・テクノロジー対象名
受動喫煙防止対策に係る技術支援
概要
浮遊粉じん計やCO・CO2計、 気流、 温湿度計などのビル管理用の測定機器に加え、 喫煙所周辺の臭気を測るためにニオイセンサも使用。
目には見えない空気の汚れと感じやすい空気の臭い…この二つを計測することで喫煙室及び周辺の環境をデータ化します。

①喫煙室及び周辺の空気の状態
②換気システムの状態
③汚れた空気の漏れや拡散の確認など

各種測定機器による詳細なデータ収集と経験豊かな専門家の視点から改善ポイントを探り出し、 具体的な受動喫煙防止策を導きだします。
測定実務から提言、 そして改修までがワンストップで可能。

また、 受動喫煙防止対策のひとつの方策として「加熱式たばこへの切換え」ということを提唱しています。
喫煙者本人にとって決して無害というわけではありませんが、 タールの発生が無い分それもかなり軽減されると考えられ、 副流煙がほとんど無いということで非喫煙者にとっては不快感がかなり減少されると思われます。
こちらは法人やグループが対象。


【チームM&Iとは】
2013年より厚生労働省受託事業として職場の受動喫煙防止対策への技術支援を開始。 当初はガイドラインに沿って浮遊粉じん量及び気流・一酸化炭素濃度の3項目のみの測定であったが、 その後独自に項目を増やす。
現在、 関東を中心に《受動喫煙防止に特化した空気環境コンサル》として活動中。
URL
http://maple-mi.webnode.jp/
お問い合わせ先 担当者
森田裕子
お問い合わせ先 電話番号
05035951083
お問い合わせ先 メールアドレス
morita@team-mi.com
page top