【ムービープラス】『X-MEN:フューチャー&パスト』 『AKIRA』など10月から3ヶ月連続でSF映画 計25作品を放送!

「ブレードランナー2049」に採用されたモデルガン 留之助ブラスターの販売も開始

CS映画専門チャンネル「ムービープラス」(ジュピターエンタテインメント株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:寺嶋博礼)は、「ブレードランナー2049」や「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」といった、大型SF映画が劇場公開される12月までの3ヶ月間、計25作品のSF映画を特集放送します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7517/225/resize/d7517-225-285959-0.jpg ]


10月は、「ブレードランナー2049」公開にちなんで、クローン人間がもう一人の自分を追い求める姿を描いたジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の『レプリカント』を放送するほか、昨年スカーレット・ヨハンソンとビートたけしの共演で実写映画化された押井守監督のアニメーション映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』、人気SF作家マイケル・クライトン脚本・初監督作で、J・J・エイブラムスが製作総指揮を務めたドラマ版が昨年スタートし、2017年末から来年にかけてシーズン2の放送も控えている『ウエストワールド』など計7作品をラインアップ。

11月の目玉作品は、原作者の大友克洋自らがメガホンをとって映画化した『AKIRA』。日本が世界に誇る“ジャパニメーション”という概念を確立させた最初の作品で、その後の世界中のクリエイターたちに多大な影響を与えたことでも広く知られています。東京オリンピックを控えた2019年がストーリーの舞台になっている点も、まるで現在を予見していたかのようだと話題沸騰中。今、改めて観返したい名作です。このほか、マーベルの人気シリーズ『X-MEN:フューチャー&パスト』など、バトル・アクションが見どころの計12作品を放送します。

12月は、「スター・ウォーズ」の撮影スタッフが参加した作品としても知られる『宇宙空母ギャラクティカ』と『宇宙空母ギャラクティカ サイロン・アタック』など、宇宙船を舞台に物語が繰り広げられる計6作品を放送します。


3ヶ月連続!SF特集
<10月テーマ: アンドロイドの暴走>10月27日(金)~29日(日)夜~

★2016年、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッド映画化された、押井守の名作★
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』

[画像2: https://prtimes.jp/i/7517/225/resize/d7517-225-741487-1.jpg ]


放送日時:10月28日(土)23:25~翌1:10
監督:押井守
声の出演:田中敦子/大塚明夫/山寺宏一
西暦2029年。超高度ネットワーク社会でより高度・凶暴化する犯罪に対抗すべく、政府は草薙素子少佐ら精鋭サイボーグによる非公認の超法規特殊部隊、公安9課=攻殻機動隊を結成した。ある日、彼らに「電脳を自在に操る国際的ハッカー“人形使い”が日本に現われる」という情報が入る。


★SF映画の名作「ブレードランナー」が生んだ“レプリカント”という呼び名をタイトルにした作品★
『レプリカント』

[画像3: https://prtimes.jp/i/7517/225/resize/d7517-225-376870-2.jpg ]


放送日時:10月29日(日)23:30~翌1:30
監督:リンゴ・ラム
出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム/マイケル・ルーカー/キャサリン・デント
未婚の母ばかりを狙って殺害し、現場に火を放つ連続殺人が発生。捜査に行き詰まった刑事ジェイクの前に国家安全保障局が現れる。彼らは犯人の毛髪からレプリカントを再生し、犯人の行動を予測しようというのだ。赤ん坊同様のレプリカントを連れてジェイクは犯人を追い始める。
★初回放送は10月6日(金)11:30~


<11月テーマ: 戦え!SFバトル・アクション>10月3日(金・祝)~5日(日)ほか

★過去と未来を舞台に人気キャラクターが世界の危機に立ち向かうSFアクション★
『X-MEN:フューチャー&パスト』

[画像4: https://prtimes.jp/i/7517/225/resize/d7517-225-130391-3.jpg ]


放送日時:11月4日(土)20:55~23:30、ほか
監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー2023年。史上最強のバイオメカニカル・ロボット“センチネル”によって、地球は壊滅へと向かっていた。この危機にプロフェッサーXは宿敵マグニートーと手を組み、危機を根源から絶つため時を越えた1973年にウルヴァリンの“魂”を送り込みセンチネル誕生を阻止させようとするが・・・。

★ジャパニメーションの生みの親、大友克洋の傑作アニメーション映画★
『AKIRA』

[画像5: https://prtimes.jp/i/7517/225/resize/d7517-225-282253-4.jpg ]


放送日時:11月3日(金・祝)21:00~23:30、ほか
監督:大友克洋
声の出演:岩田光央/佐々木望/小山茉美
2019年、第三次世界大戦後のネオ東京では、軍による超能力の研究が進められていた。一方、友人の金田たちと高速道路をバイクで疾走中、奇妙な小男を避けきれずに転倒、重傷を負った鉄雄は軍の研究所に連れ去られる。そこで“力”に覚醒した彼は、最高機密“アキラ”に近付いてゆく・・・。


<12月テーマ: 事件はスペースシップと共に>12月2日(土)~3日(日)ほか

★「スター・ウォーズ」の大ヒットに触発されて作られた、テレビドラマシリーズの映画編集版★
『宇宙空母ギャラクティカ(吹)』

[画像6: https://prtimes.jp/i/7517/225/resize/d7517-225-813619-5.jpg ]


放送日時:12月3日(日)16:15~18:45、ほか
監督:リチャード・A・コーラ
出演:リチャード・ハッチ/ダーク・ベネディクト/ローン・グリーン
声の出演:井上和彦/松本保典/坂口芳貞
機械人間サイロンの襲撃により植民星を奪われた人類は、はるか彼方の伝説の故郷・地球をめざし、宇宙空母ギャラクティカで出発する。人気SFシリーズ第一弾。特撮監督は、「スター・ウォーズ」と同じくジョン・ダイクストラが務めた。
★『宇宙空母ギャラクティカ サイロン・アタック(吹)』は同日18:45~ほか放送


■10月放送作品(計7作品)
アルファヴィル
ウエストワールド
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0
シックス・デイ
ターミネーター3
ハードウェア
レプリカント

■11月放送作品(計12作品)
AKIRA
ヴァイラス
X-MEN:フューチャー&パスト
ジェイソンX 13日の金曜日
シャークネード エクストリーム・ミッション
ジャッジ・ドレッド(2012年)
スティールワールド
デモリションマン
ドゥームズデイ
バビロンA.D.
遊星からの物体X
遊星からの物体X ファーストコンタクト

■12月放送作品(計6作品)
アポロ18
宇宙空母ギャラクティカ(吹)
宇宙空母ギャラクティカ サイロン・アタック(吹)
ジュピター
SUPER 8/スーパーエイト
スペース カウボーイ


「ブレードランナー2049」の撮影に採用され、“本物”となったモデルガンを限定販売中

[画像7: https://prtimes.jp/i/7517/225/resize/d7517-225-402284-6.jpg ]


<留之助ブラスター2049とは>
映画「ブレードランナー2049」の撮影で実際に採用された留之助商店が企画・製作したモデルガン「留之助ブラスター」。その映画採用記念の特別パッケージ入り「留之助ブラスター2049」(全長約25cm/全高約16cm)ムービー・プロップ・バージョンを、10月27日(金)の「ブレードランナー2049」劇場公開にあわせ数量限定で販売します。
金属製の主要外装部とHWパーツにより、重量は約1200グラムの脅威の手応え。5個のLEDが赤く発光、ダミーカートリッジの装填/排莢など、精巧なギミックを内蔵し、スウィングアウト、ダブルアクション、ボルト操作も可能。パッケージはウレタンパッドのハイエンド仕様で、コレクションする際への雰囲気も演出します。
リドリー・スコットもドゥニ・ヴィルヌーヴも認めた「留之助ブラスター」。ぜひこの機会に手に入れて『ブレードランナー』の世界観に近づいていただくと同時に、ハリソン・フォードが同じものを劇中で使用したということを実感してお楽しみください。

<商品情報>
【商品名】留之助ブラスター2049完成モデル
【価格】本体価格:80,000円 (税込86,400円)
※送料:860円 (税込)/販売価格:87,260円 (税込・送料込)
【商品紹介VTR】https://youtu.be/tWwsvIhS938
【サイズ】全長:248mm 全高:160mm
【重さ】1200グラム
【使用電池】ボタン電池 / CR2032(付属)

商品の詳細および購入は、ムービープラスHP(http://www.movieplus.jp)よりお願いいたします。

【ご注意ください】
※発火式ではありません。
※商品の仕様、発売時期は予告なく変更となる場合がございます。
※商品の発送は、10月下旬以降を予定しております。
※商品の入荷が予告なく遅れる場合がございます。
※入荷数に限りがありますので、商品がご用意できない場合もございます。ご了承下さい。
※画像は試作品を撮影したものです。実際の商品と異なる場合がございます。


ムービープラス(ジュピターエンタテインメント株式会社、代表取締役社長:寺嶋博礼)は、今年開局28年目を迎えた日本最大級の映画チャンネルです。ハリウッドのヒット作をはじめとする国内外の選りすぐりの映画、映画祭、最新映画情報を放送し、J:COMなど全国のケーブルテレビやスカパー!、IP放送を通じ、約715万世帯のお客様にご覧いただいています。 URL: http://www.movieplus.jp

プレスリリース提供:PR TIMES
page top