ジャージの二人

堺雅人が語る太宰、そして『人間失格』——。「近代文学と“再会”できました」 画像
最新ニュース

堺雅人が語る太宰、そして『人間失格』——。「近代文学と“再会”できました」

堺雅人は止まらない——。2009年、最も多忙だった俳優の一人であることに間違いはないが、“ブレイク”などという安っぽい言葉は当てはまらない。2008年は、言わずと知れたNHK大河ドラマ「篤姫」に加え、公開された映画が3本(『アフタースクール』、『クライマーズ・ハイ』、『ジャージの二人』)。2009年はさらに増えて、実写映画4本に連続ドラマ2本(「トライアングル」、「官僚たちの夏」)。加えて秋には2年ぶりとなる舞台出演で、劇団☆新感線の「蛮勇鬼」にも参加。“ブレイク”などではなく文字通り、作品にとって“欠かすことができない男”として、唯一無二の存在感を発揮している。

阿部寛「役をもらえたのが奇跡」、仲里依紗は涙! 「毎日映画コンクール」表彰式 画像
最新ニュース

阿部寛「役をもらえたのが奇跡」、仲里依紗は涙! 「毎日映画コンクール」表彰式

1946年、戦争で荒廃した国土の荒廃にあえぐ人々を勇気づける第一級の娯楽である映画を復興しようと始まった「毎日映画コンクール」。今年で第63回を数える同コンクール表彰式が2月4日(水)に行われた。

「良い思い出ないのに、案外似合っててショックでした(笑)」堺雅人が語るジャージ論 画像
最新ニュース

「良い思い出ないのに、案外似合っててショックでした(笑)」堺雅人が語るジャージ論

梅雨が明け、蒸し暑い日々から逃げ出して、仕事も忘れてのんびりしたい──。ちょっと不思議な距離感の父と子が山荘で過ごす夏の数日間を描いた『ジャージの二人』。携帯もつながらない場所で、毎日ジャージを着て過ごす二人を演じたのは鮎川誠(シーナ&ザ・ロケッツ)と堺雅人。『アフタースクール』や『クライマーズ・ハイ』など出演作が目白押しの堺さんに話を聞いた。

堺雅人は“素敵なルビー色のジャージ”に困惑も、鮎川誠「ジャージ最高!」 画像
最新ニュース

堺雅人は“素敵なルビー色のジャージ”に困惑も、鮎川誠「ジャージ最高!」

東京の喧騒を離れた北軽井沢の別荘を舞台に、何をするでもない32歳の“僕”と54歳の父、そして彼らを取り巻く個性的な人物たちの姿をユーモアたっぷりに描いた『ジャージの二人』。芥川賞作家・長嶋有の同名小説を原作にした本作がのプレミア試写会が7月16日(水)に行われ、主演の堺雅人に鮎川誠(シーナ&ロケッツ)、水野美紀、田中あさみ、ダンカン、大楠道代、中村義洋監督が上映前の舞台挨拶に登壇した。

ファッション小噺vol.87 オフのときには、ジャージでだらだら『ジャージの二人』 画像
最新ニュース

ファッション小噺vol.87 オフのときには、ジャージでだらだら『ジャージの二人』

日本で教育を受けた人なら、これを着たことのない人などいないのでは? 緑、エンジ、紺、ブルー…。胸元には学校の名前がプリントされているあれ。そう、ジャージです。学生時代は「思い切りダサい」と思っていたのに、卒業しても捨てるでもなく、なんとなく部屋着にしてしまったりして。不思議です。

    Page 1 of 1
    page top