ジャージー・ボーイズ

大切なことは、いつも映画が教えてくれた。

©2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT

傑作と言われる映画は、いつも私たちに夢と希望を与え、時に厳しい現実をつきつけ、心に焼き付くような感動を教えてくれる。『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』で2度のアカデミー賞®「監督賞」に輝いた巨匠クリント・イーストウッドが、音楽界に不滅の伝説を残した4人組のPOPグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の名曲誕生に秘められた真実を描いた感動のヒューマン・ドラマ『ジャージー・ボーイズ』。

“スター”を目指し、時代を駆け抜けた若者たちが紡ぎ出すドラマにスポットを当てながら、「映画」「音楽」「仕事」のそれぞれ3つの視点から、イーストウッドの新たな名作が残してくれたメッセージ、その見どころをご紹介!

  • Movie/映画
  • Music/音楽
  • Dreme/仕事
映画『ジャージー・ボーイズ』

Movie/映画

新谷里映

新谷里映映画ライター

映画を中心にライター&インタビュアーとして活動中。女性誌「MORE」「ESSE」、ウェブ「cinemacafe」「ORICON STYLE」「NYLON JAPAN」、映画誌「日本映画magazine」「CINEMA SQUARE」などでインタビュー、コラムなどを執筆。ほか、日テレ「PON!」(月曜)、J-WAVE「I A.M.」の「MY FIT MOVIES」に出演。

ホンモノの感動とドキドキが詰まった映画

過去に『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』のそれぞれで米アカデミー賞の「作品賞」「監督賞」を獲得したということもあり、クリント・イーストウッドの監督作品というだけで「観たい!」と思う人は多いだろう。たとえその映画の主人公たちが映画界においてはほとんど知られない人たちであっても、イーストウッドが選んだ人材は“逸材”と認識される気がする。

彼の33作目となる新作『ジャージー・ボーイズ』は、「ビートルズ」よりも前に音楽界を席巻したポップスグループ「フォー・シーズンズ」の物語だ。曲を聞けば誰もが「知ってる!」とリズムに乗れるような、そんなヒットソングを数多く残してはいるけれど、たとえばこの映画の中心になっている「シェリー」「君の瞳に恋してる」がどのようにして生まれたのか、当時の彼らの人生は知らない。お金もコネも名誉も何もなかった4人の若者が、音楽という才能だけで光を浴びていく姿、そして名曲に秘められたいくつもの秘話、それらを名匠であり、音楽、特にジャズの愛好家であるイーストウッドが紡いでいく。面白くないわけがない。

しかも、この映画が栄光と挫折といったありきたりの枠に収まらずに“特別”であるのは、適材が配役されていること。「フォー・シーズンズ」を演じる4人の俳優にとってこれが映画デビュー作ではあるけれど、もともとはトニー賞受賞の傑作ブロードウェイ・ミュージカル。その舞台でフランキー・ヴァリを演じたジョン・ロイド・ヤングがこの映画でも同役を演じている。彼を中心に舞台版から数多くの人材を起用したことで、“ホンモノ”の感動がスクリーンに映し出されるというわけだ。

映画『ジャージー・ボーイズ』

フランキー然り、「フォー・シーズンズ」のメンバーの見た目は、現在のいわゆるイケメンには当てはまらない…かもしれないけれど、彼らの音楽、彼らの才能を通していつの間にか彼らに恋をしている──映画を観始めたときと観終わったときの“恋”のドキドキ指数がこんなにも変わってしまうなんて! と、自分自身の気持ちの変化に驚くはず。恋愛に直結しなくとも、その人に、その人の才能に、純粋に惹かれていくドキドキする気持ちは女性を綺麗にさせる。『ジャージー・ボーイズ』はそんなドキドキが詰まった映画でもある。

映画『ジャージー・ボーイズ』

Music/音楽

真友ジーン.

真友ジーン./MayuGene(マユジーン)
シンガーソングライター

兵庫県生まれ、横浜育ちの都内某大学に通う3年生。13才から作詞作曲を始め、現在都内のライブハウスにて、バンド、アコースティック、さまざまなスタイルでライブ活動中。20才にしてすでにドップリ音楽人生の中におり、ポップアイコンとしての新たな境地の開拓を図る一方、より独自の世界観に勢いをつけてきている。RONG-Tai FACTORY所属。

「音楽で成功するために必要なことは、辛抱することだ」

物語の最初に、後の「ザ・フォーシーズンズ」のギターであり、ボーカルのフランキーの才能を見い出したトニーが放ったこの言葉…一見切ないようで、でもすごくリアルで、それを苦と捉える、捉えないもその人次第で、胸に刺さりました。

映画を観終わっての第一声は、「この映画のサントラ欲しい!」。孤独、嘆き、叫び、そういった人間っぽいじゅくじゅくと膿んだ感情を、この時代の音楽って、絶対的にキャッチーな「美メロ」にのせて、ハーモラスに、ダンサブルに、POPに、カラッと歌い上げてしまうところに「芯の強さ」を感じました。

スターダムにのし上がったミュージシャンというのは、決して生まれ持った「才能」だけではなく、ヒットソングについて、自分自身のことについて、「知る努力(研究)」があってこそなのだなぁと、今一度思い知らされました。メインボーカル以外の楽器隊も歌唱力が求められるなんて…私もタイムスリップできたら、当時の楽器隊の人たちの中のボーカリストの一員として招かれたい!

今と違って『新曲が出来た!』って時も、デモを録ってとかじゃなく、聴かせたい人の前で、“せーのっ!”で、生で聴かせる感じとかも羨ましいっ! メロディーが良ければ、そこに声が、リズム隊が、ギターのフレーズが、乗っかって来て、自然と曲になっちゃう感覚的なチューニング、楽しそうでたまらない。レコーディングも、バンドもボーカルもライヴな感じで、そういう空気感がすごく羨ましいなと思いますね。凝りすぎてなく、シンプルで、だけども相当な実力(と精神力)がないと出来ないの! より良いものを、みんなで創ろうとする、妥協しない感じが、見ていて本当にワクワクしちゃいます。

映画『ジャージー・ボーイズ』

どれだけ辛いことがあっても、ステージに上がれば、お客さんを、喜ばせ、笑顔にさせる、エンターテイメントに変換出来ちゃう強さ、私が自分のこれまで、この先の音楽人生の中で、大事に思っていることでもあったので、ものすごく感情移入しちゃって、うんうん頷きながら大号泣しちゃいました。

いかに音楽家たちが、音楽のことを、お客さんのことを、必死に、真剣に、考えているかということ、是非この映画を観て、みんなに知って欲しいです。この映画自体も、リアルなのに、ライトに描かれているところが、観やすく、後味も良くて、とっても好き! 私もこれから、エンディングのフランキーの言葉を借りれば、「電池の切れない人形」のように、音楽を求めて進んで行くのだと、そう心に誓いました。

映画『ジャージー・ボーイズ』

Dream/仕事

壷井央子

壷井央子キャリアデザイナー

一人一人の個性を生かした『キャリア=仕事を通じた生き方』を創るキャリアデザイナー。これまで250社以上の企業の採用支援と、3500名以上の就職希望者のキャリア支援の実績を持つ。2012年には女性のキャリア支援スクールを立上げ、「ハイヒールで戦場に行く」という言葉をモットーに、どんな場でも女性らしさを失わず、キャリアを築く事を提唱している。

誰もに与えられる「Gift」は、自分を成長させる可能性

1950~1980年代を全盛期とする「ザ・フォー・シーズンズ」が、オンタイムではない私たちアラサーからアラフォー世代にとってこの映画は、少し違った見方が出来る。 私たちの世代は、この映画を「不遇な生まれ環境から這い上がった栄光と挫折のヒーロー物語」という見方ではなく、懐かしの名曲や懐かしの時代を回想する映画としてでもなく、この映画の中に自分と同じ普通の「個」を探しながら見る世代ではないかと思っている。

この映画を観終わった時に、ひとつの言葉が頭に浮かんだ。「Gift」という言葉。一人ひとりに与えられた才能は神様からの贈り物で、その贈り物をいち早く見つけ、発揮し、自分の人生の味方につけること。それは、彼らが特別なのではなく、私たち誰もが出来ること、誰にでも与えられたもの。

この映画は、「4人のヒーロー物語」。現実的な言い方に変えると、この物語は、「4人の『仕事』を通じた成長ストーリー」。たまたま華やかな仕事に就いた彼らだが、私たちにだって同じことがいえる。

誰もがもつ「仕事」において、私たちはどんな個性を発揮しているだろうか、過去に囚われて自分の才能を見つける努力を怠っていないだろうか、チャンスに対してタイミングを逃すことなく掴もうとしているだろうか。

映画『ジャージー・ボーイズ』

彼らは、仕事を通じて、自分の過去と自分の可能性と自分の未来、そしてそれぞれに立ちはだかる壁と向かい合ってきた。それはまさに、メンバーそれぞれの「生き方」であり、ひとりひとりの個性なのだ。彼らが特別なのではなく、私たち誰もが出来ること、誰にも与えられたもの。私にとっての神様からの「Gift」とは何か、そんな風に自分と照らし合わせて見たくなる映画である。

映画『ジャージー・ボーイズ』

『ジャージー・ボーイズ』

米ニュージャージー州の貧しい地区に生まれ、成功から一番遠い場所にいた4人の若者が、自分たちの音楽だけでつかみ取った夢のような栄光の軌跡。そして、そのまばゆいばかりの栄光ゆえに、次々に彼らを襲う、嫉妬、裏切り、借金、グループの崩壊、そして最愛の家族の喪失。しかし、彼らの人生はそれで終わりではなかった…。ザ・ビートルズ以前に世界を席巻した“ザ・フォー・シーズンズ”の誰もが知るヒットナンバーと共に、感動の真実が描かれる。原作は観客動員数2000万人を記録した世界的大ヒットミュージカル。

監督/製作:クリント・イーストウッド
キャスト:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ビンセント・ピアッツァ、
     クリストファー・ウォーケン
配給:ワーナー・ブラザース
映画オフィシャルサイト:http://www.Jerseyboys.jp

9月27日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー他、全国ロードショー

©2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT

映画三昧!東京都の“ミニシアター・特集上映映画”情報【10/14~10/27版】 画像
最新ニュース

映画三昧!東京都の“ミニシアター・特集上映映画”情報【10/14~10/27版】

シネマカフェでは都内のミニシアターの公開映画情報や、名画座ならではの名作特集、ユニークな“オールナイト上映”イベントなどを、編集部のオススメ目線でまとめてご紹介!

『ブレードランナー』新作を爆音で堪能!「丸の内ピカデリー爆音映画祭」2回目開催決定 画像
最新ニュース

『ブレードランナー』新作を爆音で堪能!「丸の内ピカデリー爆音映画祭」2回目開催決定

作品の持つ“音”を大音量で表現する映画祭「丸の内ピカデリー爆音映画祭」(以下、爆音映画祭)が大好評につき、2回目の開催が決定! 10月13日(金)~11月10日(金)の期間、丸の内ピカデリー3にて実施される。

【特別映像】『ジャージー・ボーイズ』、大反響のエンドロールを日本限定公開! 画像
映画

【特別映像】『ジャージー・ボーイズ』、大反響のエンドロールを日本限定公開!

名匠クリント・イーストウッド監督が、伝説的ポップグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の成功と、その裏側にあった真実の物語を描く『ジャージー・ボーイズ』。9月27日に封切られた日本でも、すでに絶賛の声を集めている本作から、フィナーレを飾るエンドロール

クリント・イーストウッドの描く人間ドラマに心打たれる女性が続出!『ジャージー・ボーイズ』 画像
最新ニュース

クリント・イーストウッドの描く人間ドラマに心打たれる女性が続出!『ジャージー・ボーイズ』

名匠クリント・イーストウッドが、音楽界に不滅の伝説を打ち立てた4人組“ザ・フォー・シーズンズ”の物語を描く最新作…

【インタビュー】クリント・イーストウッドの息子が語る、父と作る“映画音楽” 画像
最新ニュース

【インタビュー】クリント・イーストウッドの息子が語る、父と作る“映画音楽”

ジャズ・ベーシストとして活躍するカイル・イーストウッドは、アメリカを代表する名優にして名監督、さらにジャズファンとしても高名なクリント・イーストウッドを父に持ち、精悍なルックスも譲り受けたサラブレッド。

ゴスペラーズ、『ジャージー・ボーイズ』と奇跡のコラボ! 名曲「シェリー」が結びつけた 画像
最新ニュース

ゴスペラーズ、『ジャージー・ボーイズ』と奇跡のコラボ! 名曲「シェリー」が結びつけた

人気ボーカルグループ「ゴスペラーズ」が9月22日(月)、都内で行われた米映画『ジャージー・ボーイズ』の公開記念イベントに出席し、映画の主人公である米ポップス界の…

【特別映像】劇中の「君の瞳に恋してる」解禁! 佐野元春も胸打たれた『ジャージー・ボーイズ』 画像
映画

【特別映像】劇中の「君の瞳に恋してる」解禁! 佐野元春も胸打たれた『ジャージー・ボーイズ』

「ロックの殿堂」入りも果たしている伝説的ポップグループ、“ザ・フォー・シーズンズ”の真実の物語を描くヒューマン・ドラマ…

クリント・イーストウッド、43年の監督キャリアで初のカメオ出演!『ジャージー・ボーイズ』 画像
映画

クリント・イーストウッド、43年の監督キャリアで初のカメオ出演!『ジャージー・ボーイズ』

「ザ・ビートルズ」以前に世界の音楽界を席巻した、4人組の若者「ザ・フォー・シーズンズ」の夢と友情、栄光と挫折を描いたクリント・イーストウッド監督最新作『ジャージー・ボーイズ』…

【ご招待】ゴスペラーズ登壇『ジャージー・ボーイズ』イベント試写会に25組50名様 画像
プレゼント

【ご招待】ゴスペラーズ登壇『ジャージー・ボーイズ』イベント試写会に25組50名様

〆切り:9月16日(火)

【特別映像】おすぎ&ピーコも絶賛!イーストウッド最新作『ジャージー・ボーイズ』 画像
映画

【特別映像】おすぎ&ピーコも絶賛!イーストウッド最新作『ジャージー・ボーイズ』

オスカー監督クリント・イーストウッドが描く、音楽界の伝説“ザ・フォー・シーズンズ”の物語『ジャージー・ボーイズ』(9月27日公開)…

名匠イーストウッドのイケメン息子が来日決定!監督から日本ヘ特別メッセージも 画像
映画

名匠イーストウッドのイケメン息子が来日決定!監督から日本ヘ特別メッセージも

「シェリー」「君の瞳に恋してる」など数々の名曲で知られる伝説的グループ、“ザ・フォー・シーズンズ”の真実の物語を描く感動のヒューマン・ドラマ『ジャージー・ボーイズ』

【ご招待】クリント・イーストウッド最新作『ジャージー・ボーイズ』“女性限定”独占試写会に30組60名様 画像
プレゼント

【ご招待】クリント・イーストウッド最新作『ジャージー・ボーイズ』“女性限定”独占試写会に30組60名様

〆切り:9月12日(金)

【特別映像】イーストウッド最新作は、“完全生歌”で名曲再現『ジャージー・ボーイズ』 画像
映画

【特別映像】イーストウッド最新作は、“完全生歌”で名曲再現『ジャージー・ボーイズ』

二度のアカデミー賞「監督賞」に輝くクリント・イーストウッドが、往年の名曲とともに贈る最新作『ジャージー・ボーイズ』…

イーストウッド監督を魅了した「ジャージー・ボーイズ」のサントラ発売 画像
映画

イーストウッド監督を魅了した「ジャージー・ボーイズ」のサントラ発売

名匠クリント・イーストウッドが、「ザ・ビートルズ」以前の音楽界に不滅の伝説を打ち立てた4人組“ザ・フォー・シーズンズ”の物語を描く最新作『ジャージー・ボーイズ』

【予告編】不朽の名曲に乗せて…C・イーストウッド監督作『ジャージー・ボーイズ』 画像
最新ニュース

【予告編】不朽の名曲に乗せて…C・イーストウッド監督作『ジャージー・ボーイズ』

映画界の巨匠クリント・イーストウッド監督が、音楽界の伝説「ザ・フォーシーズンズ」の真実を描く感動の物語『ジャージー・ボーイズ』…

巨匠C・イーストウッドが最新作『ジャージー・ボーイズ』で新人を起用したワケ 画像
最新ニュース

巨匠C・イーストウッドが最新作『ジャージー・ボーイズ』で新人を起用したワケ

音楽界に不滅の伝説を打ち立てた4人組“ザ・フォー・シーズンズ”の真実の物語を描く感動のヒューマン・ドラマ『ジャージー・ボーイズ』(9月27日公開)。トニー賞を受賞したブロードウェイ・ミュージカルを、オスカー監督クリント・イーストウッドが映画化した。

『レミゼ』『アナ雪』に続け! 今年はミュージカル映画が続々 画像
最新ニュース

『レミゼ』『アナ雪』に続け! 今年はミュージカル映画が続々

昨年の『レ・ミゼラブル』に続き、『アナと雪の女王』の大ヒットが後押しする、昨今のミュージカル映画人気。映画界のアカデミー賞、音楽界のグラミー賞と並ぶ、ミュージカル&演劇界の権威ある賞といえばトニー賞

【予告編】C・イーストウッド監督が魅かれた名曲と人間ドラマ『ジャージー・ボーイズ』 画像
最新ニュース

【予告編】C・イーストウッド監督が魅かれた名曲と人間ドラマ『ジャージー・ボーイズ』

『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』で2度のアカデミー賞「監督賞」に輝いたクリント・イーストウッド。84歳にして新たに挑むのは、初のミュージカル映画『ジャージー・ボーイズ

クリント・イーストウッド監督、トニー賞ミュージカルを映画化!『ジャージー・ボーイズ』 画像
最新ニュース

クリント・イーストウッド監督、トニー賞ミュージカルを映画化!『ジャージー・ボーイズ』

『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』『グラン・トリノ』など、数々の名作を世に出し続け、2度のアカデミー賞「監督賞」に輝くクリント・イーストウッドの監督…

    Page 1 of 1
    page top