「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」<サード・シーズン>

メジャー・クライムス

【予告編】映像から覗く「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」<サード・シーズン>

【「メジャー・クライムス」見どころ】

主人公はシャロン・レイダー警部

ライフ・アフター・べス

シャロン・レイダー警部率いるロサンゼルス市警重大犯罪課の面々が、様々な事件の解決に挑む「MAJOR CRIMES~重大犯罪課」。今や<サード・シーズン>を迎えるばかりか、本シリーズの前日譚にあたる大人気ドラマ「クローザー」の誕生から早10年。「クローザー」のヒロインであり、重大犯罪課の前チーフだったブレンダ・ジョンソンから、レイダー警部がバトンを受け取って3シーズンが経つ。

チームのコンビネーションにも注目

ライフ・アフター・べス

重大犯罪課のチーフ着任当初こそ、クセ者部下たちとの関係がぎくしゃくしていたレイダー警部だが、<セカンド・シーズン>を迎える頃には固い絆で結ばれる仲に。<サード・シーズン>ではチーム全員のコンビネーションにますます磨きがかかり、部下たちがレイダー警部に向ける尊敬の念も強まっていく。規律と合理性、そしてチームワークを重んじ、冷静沈着かつスマートに事件を解決しようとするレイダー警部のリーダーシップで、チームが成長し、強化されていくのは必然! 誰もが目を疑う凄惨な事件からチームの大事なメンバーに疑惑が向けられる事件、さらには因縁の犯罪者との対決など、重大犯罪課の“いま”を問われる事態も勃発する。

プライベートに変化も…

ライフ・アフター・べス

一方、レイダー警部のプライベートも3シーズンの間に変化が。すでに母子のような関係にある同居少年ラスティとは、ついに待望の養子縁組!? そんな嬉しい展開も訪れる中、ラスティの実の母親が招くトラブル、レイダー警部と元夫のすったもんだ、元夫との間にできた子供たちの登場、そして人には言えないラスティの悩みにまつわるあれこれからレイダー警部の課内恋愛疑惑(!)まで、事件以外でも大忙しのレイダー警部が、これらの事態にどう対処していくのかも気になる。

彼女の“いま”、そして“未来”は――

ライフ・アフター・べス

3シーズンを経て、仕事に励む女性としても、家族を愛する女性としても魅力を増していくレイダー警部。彼女の“いま”はもちろん、今後の“未来”からも目を離すことができない。



≫公式サイトはこちらへ

INFO

photo

「MAJOR CRIMES 〜重大犯罪課 <サード・シーズン>」
STAFF
企画・製作総指揮:ジェームズ・ダフ
制作総指揮:グリアー・シェパード、マイケル・M・ロビン
CAST
メアリー・マクドネル
G・W・ベイリー
トニー・デニソン
マイケル・ポール・チャン
レイモンド・クルツ・フィリップ・P・キーン

「メジャー・クライムス」

発売元・販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
© 2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

PRESENT

photo

「メジャー・クライムス」<ファースト&セカンド・シーズン>DVDセット【3名さま】

 

「メジャー・クライムス」関連ニュース

    Page 1 of 1
    page top