いつの時代も、おとぎ話は女子の味方!

おとぎ話は、女子の味方特集

提供:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン © 2016 Disney © 2016 ABC Studios.

昔話や寓話、グリム童話など、世界中で語り継がれてきた様々な“おとぎ話”は、1937年にディズニー初の長編アニメーション作品として公開された『白雪姫』など以前から、様々なかたちで映画化されてきた。可憐で純真な心を持ち、“プリンセス”の名にふさわしいヒロインの美しさは、すべての女子の憧れの的。そんなおとぎ話のヒロインの姿は、時代の流れの中で少しずつその魅力が変化してきている。現代のおとぎ話のヒロインは、王子様の助けを待っているだけじゃなく、自分の運命は自分で切り開く! シネマカフェでは、いつの時代も女子の憧れであり、女子の味方として魅力を放つおとぎ話のヒロインたちに迫ります。

ミュージカル映画

ヴィランズの子どもたちが歌って踊る!ディズニーが贈るミュージカル

ディセンダント

  • 運命は自分で選ぶ!葛藤を乗り越える新世代に共感

    『ディセンダント』のヒロインは、なんとディズニー最“恐”ヴィランズ(悪役)の1人、『眠れる森の美女』のマレフィセントの娘のマル! 親に認められたくて必死に“ワル”でいようと努力していたマルだけど、ひょんなことからディズニー映画の善人キャラばかりが住むオラドン合衆国へ移り住むことになり、今までの「フツー」が本当にそうなのか疑問に。そして膨らんでいく違和感…。誰もが経験する大人になる過程の心の“揺れ”を受け止め成長していくマル。ヴィランズならではの媚びないクールなキャラを保ちながら、運命を自らの手で切り開いていく新世代ヒロインの姿が共感を呼び、すでに続編製作が決定している。

  • ディセンダント
  • あのヴィランズに子孫(ディセンダント)がいた!お馴染みキャラクターがまさかの共演

    マルと共にオラドン合衆国の高校に転入することになったのは、『アラジン』のジャファーの息子・ジェイ、『101匹わんちゃん』のクルエラ・ド・ビルの息子・カルロス、そして『白雪姫』の女王の娘・イヴィ。4人がオラドンで暮らす善人キャラとどのように交流していくかが見どころ。マルにとって洗礼式に母・マレフィセントだけを招いてくれなかった『眠れる森の美女』のオーロラ姫の一族は敵のため、オーロラ姫の娘・オードリーとは何かと対立することに。そんな複雑なキャラクターたちを生き生きと描くのは、4作目の製作も決定している『ハイスクール・ミュージカル』シリーズを手掛けた監督のケニー・オルテガ。心躍る楽しい青春ミュージカル映画に仕上げている。

  • ディセンダント
  • おとぎの国の学園モノ!?ゲームもネットもありな現代っ子の主人公たち

    魔法もWi-Fiも使えない島から都会にやってきた4人はすぐに“現代文明”に適応。ところがテレビ電話で連絡を取り合うロスト島の親たちはPC操作に四苦八苦し笑いを誘う。ヴィランズの子どもたちはスタイリッシュな服装に身を包み、オラドンの同級生にも「オシャレ」扱いを受けているのに、親たちは映画のままのコスチュームやメイクだというギャップにも注目!
    ヴィランズが「学校」に通うと何が起こる!? 類まれな身体能力を活かして部活に励むことになるジェイとカルロス、“王子様と付き合う”夢を実現させようとするイヴィ、いままで恋愛に興味がなかったマルも気が付けば恋に落ちることに。初めての学校生活で4人が傷付いたり悩んだりする姿は思わず応援したくなる。

story

魔法のバリアで覆われたロスト島。ここにはマレフィセントやイーヴィル・クイーンといったディズニーヴィランズたちが子どもたちと暮らしている。彼女たちを島に閉じ込めたのは、海を隔てたオラドン合衆国の王で『美女と野獣』のビーストだ。ビーストの息子ベンはもうすぐ16歳を迎え、王位に就こうとしていた。ベンはヴィランズたちの罪はその子どもたちにはなく、子どもたちは解放されるべきだと考え、彼らをオラドン合衆国に呼び寄せた。

生まれて初めて島を出ることになったマレフィセントの娘マルと、イーヴィル・クイーンの娘イヴィ、ジャファーの息子ジェイ、クルエラ・ド・ビルの息子カルロスの4人組。彼らは親たちからオラドンでフェアリー・ゴッドマザーの魔法の杖を奪ってくる命令を受ける。マレフィセントの願いは、魔法の杖を手に入れ、島に閉じ込めた善人たちに復讐することなのだ。
悪役の子どもは、親と同じ悪の道に突き進むしかないのか? それとも、彼らは自分たちの手で新たな人生を切り拓くことができるのか? 悪名高き親を持つ子どもたちの葛藤や、彼らの心の成長、友情、そして初恋を、圧巻の歌とダンスが彩る。“めでたし、めでたし”のその後にはどんな物語が待っているのか――?

キャラクター紹介
  • ディズニーヴィランズの子供たち

    • マル マル

      『眠れる森の美女』マレフィセントの一人娘で、本作のヒロイン。 親の期待に応えようと一生懸命悪いことをしている。演じるダヴ・キャメロンは、そのかわいいルックスで人気に火が付き、今最も注目を集める若手女優だ。

    • イヴィ イヴィ

      『白雪姫』の女王イーヴィル・クイーンの娘。ファッションセンス抜群のオシャレ女子で、可愛い物が大好き。

    • ジェイ ジェイ

      『アラジン』のジャファーの息子。 体が大きく、運動神経も抜群。スリや盗みが得意。

    • カルロス カルロス

      『101匹わんちゃん』のクルエラ・ド・ビルの息子。 やんちゃだが憎めない性格。犬が大の苦手。

  • ディズニーヴィランズたち

    • マレフィセント マレフィセント

      『眠れる森の美女』に登場する悪役。 オーロラ姫に呪いをかけた邪悪な妖精。 フェアリー・ゴットマザーの魔法の杖を盗んで、 善人たちへの復讐をたくらむ。

    • イーヴィル・クイーン イーヴィル・クイーン

      『白雪姫』の女王。 白雪姫の美しさを妬み、恐ろしい魔女に変身する。

    • ジャファー ジャファー

      『アラジン』の悪役。王国支配をたくらむ右大臣。 催眠術が得意。

    • クルエラ・ド・ビル クルエラ・ド・ビル

      『101匹わんちゃん』の悪役。 毛皮マニアで、コートを作るために子犬を誘拐する。

    • ベン ベン

      『美女と野獣』のビーストとベルの息子。責任感が強く、誰とも分け隔てなく接する、オラドン高校のリーダー。

    • オードリー オードリー

      『眠れる森の美女』のオーロラ姫の娘。プライドが高く美貌に自信アリ。チアリーダーのキャプテンでベンの彼女。

小さな頃から慣れ親しんできたおとぎ話のキャラクターやヴィランズの子孫が集結!という前代未聞のこの映画で、やはり一番の魅力を放っているのは、マル。最初は性格もファッションも尖っていたマルが、心の変化とともに素直に見せる笑顔やオシャレへの挑戦など新しい自分と奮闘する姿は女子から見ても健気でキュート。本来弱さや負けを認めるわけのないヴィランズの娘であるマルが、自分の弱さを受け入れて成長していくギャップにも好感が持てる。自分の運命を自分で切り開いていく点で現代にも通じる、おとぎ話をベースにした女子の味方として魅力を放つヒロインだ。

海ドラ

おとぎ話のキャラクター総出演!新感覚ファンタジー

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3

  • おとぎ話の宿命と闘う新世代のヒロイン

    おとぎ話のキャラクターたちが大勢登場する中、物語の中心にいるのは白雪姫の娘、エマ・スワン。生まれて間もなく現代に送られ、母・白雪姫や父・チャーミング王子と生き別れになっていたエマは、悪い女王の呪いで街に閉じこめられていた住人たちの“救世主”。ある日突然、おとぎ話のヒロインに!? という奇妙な状況に戸惑いながらも、持ち前のタフな心を武器に呪いや困難に立ち向かっていく。やがて救世主としての自覚も芽生え始め、強さを身につけるエマは“白雪姫の娘”という生い立ちもあり、まさに新世代のヒロイン!
    そんなエマが自らの宿命にどう向き合っていくのか、呪いや陰謀にどう打ち勝っていくのか、ますます目が離せなくなってくる!

  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3
  • ピーター・パンからあのエルサまで!?予想を裏切る新しいおとぎ話

    一見のどかな田舎町だけど、そこは“おとぎ話”の登場人物たちが暮らす街…!? 悪い女王に呪いをかけられた現代の町ストーリーブルックでは、小学校教師の白雪姫からウェイトレスの赤ずきんまで、様々な有名キャラが普通の姿で普通に暮らしている。誰もが知るおとぎ話の世界と現代の世界が巧妙に絡み合う中、さらに意外なのは、登場キャラたちが“おとぎ話通り”には留まらないところ! 可憐なはずの白雪姫がお尋ね者の元盗賊だったり、悪い女王が心を入れ替えようと頑張ったり…。この新しい物語の中には様々な「まさか!」が詰まっている。また、今シーズン最大の「まさか!」が控えるラストに、『アナと雪の女王』の大人気ヒロイン、エルサが登場するのも見逃せない!

  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3
  • おとぎ話の“もしも”を楽しむ醍醐味

    白雪姫と王子が結ばれたり、白雪姫と継母の女王が対立する展開こそ“おとぎ話通り”ではあるものの、物語の中には“ありえない”展開がいっぱい。白雪姫の娘とフック船長が急接近することもあれば、『眠れる森の美女』のオーロラ姫と女戦士ムーランが固い絆で結ばれていたりも。アリエルやラプンツェル、ティンカー・ベルも本来のおとぎ話の枠を飛び越え、様々な活躍を見せている。
    『シンデレラ』や『マレフィセント』などが大ヒットし、『美女と野獣』の公開も控えるなど、ヒロイン力の高いおとぎ話の実写化ブームが映画界でも起こっている昨今。従来の設定を踏まえつつ、おとぎ話同士をつなぎ合わせた本作は“実写化の進化系”であり、豪華キャラクター同士の共演も実現してしまうのがすごい!

story

白雪姫や赤ずきん、ピノキオら、名高いおとぎ話の住人たちは、悪い魔女によって呪いをかけられ、現代の街ストーリーブルックに捕らわれていた。だが、白雪姫の娘エマが町を訪れたことで止まっていた時間が動き出し、呪いを打ち破ることに成功。しかし、今度は謎の組織の2人組が、エマの息子ヘンリーを連れ去ってしまう。
ヘンリーをネバーランドにさらった悪の黒幕はなんとピーター・パン! 次々と襲いかかる危機をはねのけヘンリーを取り戻したエマたちはストーリーブルックへ戻る。しかし、なんと、ヘンリーに見えるその少年は、ヘンリーになりすましたピーター・パンだった。彼は疑われることなく自由に行動し、ある計画の準備を着々と進めていた。ストーリーブルック全体を揺るがす、その恐ろしい計画とは…?
一方、オズの国の西の悪い魔女が人々に新たな呪いをかける。その目的は果たして!?

キャラクター紹介
  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 エマ

    白雪姫とチャーミング王子の娘。ヘンリーの母。突然現れた息子ヘンリーに連れられ、町を訪れる。呪いや困難に果敢に立ち向かう。

  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 ヘンリー

    エマの息子で、レジーナの養子。聡明で勇気があり、優しい少年。ピーター・パンの手下に誘拐され、ネバーランドへ。

  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 白雪姫/メアリー・マーガレット

    エマの母親、ヘンリーの祖母。小学校の教師。娘エマを生んですぐ手放したため、家族の絆を取り戻したいと願う。

  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 チャーミング王子
    /デヴィッド

    エマの父親、ヘンリーの祖父。小学校の教師。白雪姫と“真実の愛”で結ばれて結婚。正義感にあふれた紳士。

  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 悪い女王/レジーナ

    白雪姫の継母。魔力を使って、おとぎの世界の住人をストーリーブルックに封じ込め、市長として冷酷に管理する。

  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 ルンペルシュティルツキン
    /ゴールド

    強力な魔力を持つ闇の王。多くの人間と“契約”を行い、魔法の力を与える。かつて息子を裏切ったことを深く後悔している。

  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 ピーター・パン

    ネバーランドの邪悪な支配者。ある企みのため、ヘンリーを誘拐する。実は意外な人物と血のつながりが…?

  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 フック船長

    愛する女性を殺された上に左手を失い、その復讐心を胸に生きてきた海賊船の船長。エマへの愛で変化し始める。

  • ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 アリエル

    人間の王子様に恋心を抱いているピュアな人魚。悪い女王に追い詰められ、海に飛び込んできた白雪姫を助ける。

第1話無料視聴

物語はここから始まった
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1 第1話無料視聴

※こちらの動画はPCよりご覧ください

キュートなヒロインの活躍こそが、今やおとぎ話の常識! タフな主人公エマから今シーズン初登場のエルサまで、様々なヒロインたちが奮闘する「ワンス・アポン・ア・タイム」でも、やっぱり女子たちのパワーが炸裂している。運命に立ち向かうこともあれば、手強い敵と戦ったり、家族や仲間との問題に悩んだり、ロマンスに身を焦がしたり…。おとぎ話の世界をありのまま生きる彼女たちの姿が、私たちにも勇気と希望を与えてくれる!

ディズニープリンセス

世界が出会ったはじめてのヒロイン…いまも色褪せない不朽の名作

白雪姫

  • すべての原点がここに…ヒロイン&ヴィランズの変わらない魅力

    ディズニー長編アニメ映画の第一作である『白雪姫』は、後のディズニー作品のヒロイン&ヴィランズ像に大きな影響を与えることになった。 美しく、家事やお掃除が得意で王子様だけでなく森の動物や“7人のこびと”など万人から愛される白雪姫。優しすぎる純真無垢なハートのせいで毒入りリンゴを食べる羽目になっても愛しの王子様のキスで目覚め、「Happily Ever After(それからずっと幸せに…)」な結末を迎える。心優しい愛されキャラでいる限り、最後には必ずハッピーが訪れると信じさせてくれる白雪姫はいつの時代でも…そしていくつになっても女子の憧れ。 ヴィランズである魔女の継母は自分を知り尽くし、欲望に忠実。目的達成には手段を選ばず突き進む姿が潔い。しかし、“世界一の美”に執着していながら醜い老婆に変身し、その姿で死を遂げるという皮肉が同情を誘う。ディズニーヴィランズはヒロインを窮地に追いやるも、どこか憎みきれない不思議な魅力を持っている。

  • 白雪姫
story

美しく心優しい白雪姫。その美しさを妬む継母の女王から命を脅かされ、森の奥深くに逃れた白雪姫は、7人のこびとたち―おとぼけ、ねぼすけ、くしゃみ、てれすけ、ごきげん、先生、おこりんぼ―と出会い、一緒に暮らし始める。ある日、老婆に姿を変えた女王が訪ねて来て、毒リンゴを口にしてしまった白雪姫。横たわる白雪姫の傍らで悲しむこびとたちの元に王子様が現れて…。

キャラクター紹介
  • 白雪姫
  • 白雪姫

    心優しく清らかなお姫様。その美しさゆえに継母の女王の怒りを買うが、最後は王子とめでたく結ばれる。

    女王/魔女

    氷のような美貌の裏で激しい欲望を燃えたぎらせ、白雪姫を殺すために醜い魔女に変身する。

  • 7人のこびと

    おとぼけ、くしゃみ、先生、てれすけ、ねぼすけ、ごきげん、おこりんぼは、森で暮らす7人の小人(ドワーフ)たち。白雪姫を匿い、共同生活を送る。

“自分磨き”や“女子力アップ”という言葉が一世風靡したように、努力によって得たり勝ち取る愛もステキだけれど、叶うものなら白雪姫の生まれながらの“愛され術”をお手本にしたいもの。実はただ単にカワイイ、優しいわけではない白雪姫。正しい人間の生活のあり方や道徳観を7人のこびとに教えるプリンセスならではの“品格”、後の作品のプリンセスやヒロイン像にも通じる“信念を曲げない心”を持つ芯の通った女性なのだ。

あなたが一番応援したいキャラクターは?シネマカフェ読者アンケート結果発表!

シネマカフェでは、個性豊かなおとぎ話なキャラクターたちの人気投票を実施!
誰もが憧れるお姫様から意外に人気なあの魔女まで、あなたの憧れのキャラクターは果たして何位に!?

  • 白雪姫/メアリー
  • 初代ヒロインである白雪姫が堂々の1位にランクイン! そのおしとやかな佇まいや、ヒロインとしての素質である美しさと優しさを兼ね備えた白雪姫は、もはや不動の人気ぶり。「ワンス・アポン・ア・タイム」での、敵と対峙するパワフルさや、運命に立ち向かうしたたかさなど、新たな魅力にも注目。

  • アリエル
  • 『リトル・マーメイド』の人魚姫、アリエルが2位にランクイン! 王子と結ばれるために、魔女との契約によって声を失ってまでも人間になろうとするそのドラマチックなストーリーには、多くの女子が心を奪われたはず。「ワンス・アポン・ア・タイム」では、愛を守るために頼もしい活躍ぶりを見せている。

  • ベル
  • 『美女と野獣』のヒロイン・ベルが3位にランクイン! 野獣の姿に変えられてしまった王子の、その見た目ではなく優しい心を愛するヒロインとしての姿は、今も根強い人気ぶりを発揮している。『ディセンダント』では、晴れて結ばれた二人の子どもであるベンが主人公であり、母親としてのベルの姿や、2人の間の子どもらしい優しさ溢れるベンの姿も見どころ。

  • マレフィセント 93票『ディセンダント』
  • 『眠れる森の美女』のヴィランであるマレフィセントがベルと同数で3位を獲得! オーロラ姫に魔法をかけ、ドラゴンに変身する恐ろしい悪役だが、2014年の映画『マレフィセント』が高い支持率に繋がっているのかも。『ディセンダント』では、愛娘のマルに復讐の意志を継がせようとする姿が描かれている。

  • マル 80票 『ディセンダント』
  • 『ディセンダント』のヒロインであり、マレフィセントの一人娘・マルが5位にランクイン! 新キャラクターでありながら、人気のマレフィセントの娘という設定への期待値の高さがうかがえる。続編も決定しているので、新世代の彼女の活躍ぶりに期待したい。

  • イヴィ 38票 『ディセンダント』
  • 『白雪姫』の魔女イーヴィル・クイーンの娘・マルが6位にランクイン! ヴィランズの娘らしからぬきらめきとキュートさで、王子様との恋に憧れる姿はもはやヒロイン。ファッションセンスの良さも、魅力たっぷりに劇中を彩っている。

  • 時代とともに変わっていく白雪姫

  • 番外編:時代とともに変わっていく白雪姫

    様々な物語の原型として、今もなお大きな影響力を持つおとぎ話も、時代の流れによって再解釈が加えられ、その描かれ方は大きく変化してきている。1937年に描かれたヒロイン像の原点でもある『白雪姫』における、可憐で清楚、おしとやかな心優しきヒロインとして白雪姫の姿は、やがて自らの意志を貫き、男性と共に武器を手に取り戦う強いヒロインへと、現代を生きる女性の象徴として、その描かれ方は変化してきているようだ。
    王子様との恋を夢見るヒロインから、運命を切り開くヒロインまで――。それらの女性像は決して対立することなく、多様な女性のあり方を映す鏡として、いつの時代も女性たちを魅了し続けていくのだろう。

  • おとぎ話も世代交代!?主人公はディズニーヴィランズの子どもたち!
    『ディセンダント』

    • 「誰もが知っているディズニーの悪役たちに子どもがいて、10代に成長していたら!?」という驚くべきアイデアから生まれたミュージカル映画『ディセンダント』。製作総指揮と監督を、『ハイスクール・ミュージカル』シリーズや『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』のケニー・オルテガが担当。全米では2015年夏に放送され、2015年ケーブルテレビTV映画の視聴者数第1位を記録した大人気作。

    DVD(3,200円+税)発売中
    デジタル配信中

    オフィシャルサイト:http://www.disney.co.jp/studio/liveaction/1358.html

    © 2016 Disney

    *ソース: NTI, U.S. Live + Same Day early ratings, 7/31/15. 2015 to date: 12/29/14-7/30/15.Social Media: Nielsen, Live/New, ranked on Unique Audience or Impressions.

ディセンダントオリジナルノートがもらえる!詳細はこちら


  • 誰もが知ってるおとぎ話の、誰も知らない禁断のファンタジー
    「ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3」

    • “おとぎ話”と“現実世界”が交差する、全米大人気のミステリーTVドラマシリーズ待望の新シーズン。全米で毎週日曜日のゴールデンタイムに放送され、最新のシーズン5でも高視聴率を獲得、現在の米TVドラマ界の代表作の一つとも言えるシリーズ。シーズン3では、新たに『リトル・マーメイド』のアリエル、『ピーター・パン』のピーター・パンやティンカー・ベル、ラプンツェル、そして『アナと雪の女王』のエルサが登場する。

    6月3日(水)DVD第1弾レンタル開始、全話デジタル配信開始、
    DVDコレクターズ BOX Part1(10,000円+税)発売
    6月22日(水)DVD第2弾レンタル開始、
    DVDコレクターズ BOX Part2(10,000円+税)発売

    オフィシャルサイト:http://www.disney.co.jp/studio/drama/1361.html

    © 2016 ABC Studios.



  • ディズニー映画の原点であり、世界初の長編アニメーション作品!
    『白雪姫 MovieNEX』

    • グリム童話の原作をもとに1937年に誕生した世界初、ディズニー初の長編アニメーション作品。「いつか王子様が」、「ハイ・ホー」、「私の願い」など…作品を彩る名曲の数々、7人のこびとなどのユニークなキャラクター、そして原作とは異なるファンタジーさ溢れるストーリー。そんな映画史上に残るマスターピースである『白雪姫』が、新しいボーナス・コンテンツと共に、MovieNEXで登場。

    • MovieNEXとは、ブルーレイ、DVD、スマホやタブレットで本編が見られるデジタルコピー、さらに専用スペシャルサイトMovieNEX ワールド、これら4つがセットになった豪華でお楽しみがいっぱいの商品。
      さらにMovieNEXには、ウォルト・ディズニー本人の肉声で初めて製作秘話を語る映像など、新しいボーナス・コンテンツを多数収録!

    MovieNEX(4,000円+税)発売中
    デジタル配信中

    オフィシャルサイト:http://www.disney.co.jp/studio/animation/0959.html

    © 2016 Disney

【特別映像】『美女と野獣』の“息子”が「ひとりぼっちの晩餐会」でラップを披露!? 画像
最新ニュース

【特別映像】『美女と野獣』の“息子”が「ひとりぼっちの晩餐会」でラップを披露!?

『ハイスクール・ミュージカル』や『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』のケニー・オルテガがエグゼクティブ・プロデューサー兼監督を務めた、ディズニーのミュージカル作品「ディセンダント」。本作から、『美女と野獣』の名曲

「ディセンダント」続編が正式決定! 『リトルマーメイド』アースラの娘も登場 画像
最新ニュース

「ディセンダント」続編が正式決定! 『リトルマーメイド』アースラの娘も登場

ディズニー映画の悪役の子どもたちを描いた世界的大ヒット作「ディセンダント」。この度、その続編「ディセンダント2」(仮題)の製作が正式に決定

「ディセンダント」次世代キャストからメッセージ到着!「本当の自分自身を見つけるストーリー」 画像
最新ニュース

「ディセンダント」次世代キャストからメッセージ到着!「本当の自分自身を見つけるストーリー」

『ハイスクール・ミュージカル』シリーズや『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を手がけてきたケニー・オルテガ監督によるディズニーの最新ミュージカル「ディセンダント」

【特別映像】ウォルト・ディズニー本人が語る『白雪姫』、貴重な製作秘話 画像
映画

【特別映像】ウォルト・ディズニー本人が語る『白雪姫』、貴重な製作秘話

世界初の長編アニメーション作品であり、ウォルト・ディズニー製作の記念すべき第1作目として時代や国を超えて愛されている『白雪姫』MovieNEXが発売中だ。このほど、ウォルト生誕115周年、没後50周年にあたる今年に完成した本作

【特別映像】『白雪姫』&「ディセンダント」夢のコラボ実現!白雪姫の秘密に迫る!? 画像
映画

【特別映像】『白雪姫』&「ディセンダント」夢のコラボ実現!白雪姫の秘密に迫る!?

現在、2週連続NO.1を獲得するなど大ヒット中の最新作『ズートピア』をはじめ、『ピノキオ』『ダンボ』『ライオン・キング』、そして近年では『アナと雪の女王』『ベイマックス』などに代表されるディズニー長編アニメーション。その記念すべき第1作となる

【プレゼント】『ディセンダント』DVD・「ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 コレクターズ BOX Part1」・『白雪姫 MovieNEX』それぞれ1名様 画像
プレゼント

【プレゼント】『ディセンダント』DVD・「ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 コレクターズ BOX Part1」・『白雪姫 MovieNEX』それぞれ1名様

〆切り:5月20日(金)

【特別映像】ウォルト・ディズニー『白雪姫』製作時の肉声解禁!「完璧な物語だ」 画像
映画

【特別映像】ウォルト・ディズニー『白雪姫』製作時の肉声解禁!「完璧な物語だ」

ウォルト・ディズニー製作の世界初のカラー長編アニメーション映画第1作目『白雪姫』。このほど、ウォルト生誕115周年、没後50周年にあたる今年、待望の本作MovieNEXが5月18日(水)に発売

【予告編】マレフィセントの娘が歌って踊る!ヴィランズの子どもたちが主役「ディセンダント」 画像
最新ニュース

【予告編】マレフィセントの娘が歌って踊る!ヴィランズの子どもたちが主役「ディセンダント」

『眠れる森の美女』の邪悪な妖精マレフィセントや『白雪姫』の女王イーヴィル・クイーン、『アラジン』の卑劣な右大臣ジャファー、『101匹わんちゃん』の悪女クルエラ・ド・ビルなどディズニーヴィランズ(悪者たち)の子ども

    Page 1 of 1
    page top