クローズ ZERO

「理想のコンビ」1位は堤真一&岡田准一! 往年の名コンビやあのバカップルも上位に 画像
最新ニュース

「理想のコンビ」1位は堤真一&岡田准一! 往年の名コンビやあのバカップルも上位に

感情のままに駆け回る熱血漢とそれを冷静にサポートする相方、似た者同士の夫婦、ダメ男としっかり者の彼女のカップルなどなど、タイプは様々なれど映画やドラマにおいて、名コンビが見せる掛け合いや、2人から醸し出される何とも言えない空気感は大きな見どころ。言葉を交わさずに見せる絶妙なコンビネーションが羨ましくなったり、時にぶつかりつつも互いを理解し支え合う姿に思わずジンとさせられたりすることも…。今年最後のシネマカフェのランキング企画“シネマカフェゴコロランキング5”では、あなたが考える「理想のコンビ」をテーマに投票を実施! 栄誉あるベストコンビの称号を手にしたのは——? 結果を大発表!

大東俊介が北乃きい、佐野和真らと共演の携帯配信ドラマで“憧れのお兄さん”役に 画像
最新ニュース

大東俊介が北乃きい、佐野和真らと共演の携帯配信ドラマで“憧れのお兄さん”役に

人気若手俳優の大東俊介が、携帯放送局BeeTV配信のドラマ「虹の向こうへ」で北乃きい、佐野和真らと共演。看護士を目指す男性役で主人公の“憧れのお兄さん”という役どころを演じることに。

高岡蒼甫インタビュー「恐い人だと思っていましたって言われること、あります(笑)」 画像
最新ニュース

高岡蒼甫インタビュー「恐い人だと思っていましたって言われること、あります(笑)」

俳優・高岡蒼甫の代表作を聞かれ、まず浮かんでくるのは『クローズZERO』や『ROOKIES−卒業−』といった男っぽい作品。けれど、新作の主演映画『さんかく』ではそのイメージをガラリと変え、中学生に本気で惚れてしまう30男を情けなくも愛おしく演じている。役者が前作のイメージを破りたいと思うことは当たり前。定着したイメージを変えたいという狙いがあったとしたら、本作を引き受けたことは彼にとって大成功と言えるだろう。しかし、高岡蒼甫はちょっと違った──「イメージチェンジは全然考えていなかった」。この言葉の先に、彼にとっての演じることの真意が隠されていた。

輝く! 男たちの競演 vol.2 肉食系男子、どう? 『クローズ』&『ドロップ』 画像
最新ニュース

輝く! 男たちの競演 vol.2 肉食系男子、どう? 『クローズ』&『ドロップ』

草食系男子が増殖しているこの頃の日本。物質的な豊かさの代償なのか、欲の飽和状態なのか、食欲、物欲、出世欲を欠いた若い男子が増えています。本来ならば、最も欲があっていい年頃なのに。むしろ、いまの時代、女子の方がよっぽど肉食系。女子が数人集まれば、「日本はこの先、大丈夫なのか」と心配する声が上がります。

山田孝之「異なる役を楽しんでます。『ムチャクチャな顔にしてやる!』って(笑)」 画像
最新ニュース

山田孝之「異なる役を楽しんでます。『ムチャクチャな顔にしてやる!』って(笑)」

どんな俳優かと説明するのが難しい男である。あえて言うなら、周囲からのそんなカテゴライズを笑ってサラリと受け流し、そして“裏切り続ける男”だろうか——。感動のベストセラーの主人公役で多くの女性を涙させたかと思えば、男も惚れるようなワルを堂々と演じる山田孝之。一体どのように出演する作品を選んでいるのか? 「『クローズ ZERO II』の芹沢を見て『かっこいい』と思った人が1週間後にこの映画を観て、『かっこ悪い! 気持ち悪い!』と思ってもらえたらいいですね(笑)」——。そんな言葉で最新主演作『鴨川ホルモー』で自らが演じた安倍という役柄を語る。そして、「常にぶち壊し続けたい」とも。万城目学の同名人気小説を映画化した本作で、これまでにないコミカルな役柄でさらなる境地を開拓した山田孝之に迫った。

“ワルメン”もこれが見納め? 『クローズ ZERO』卒業式で、小栗旬「感無量」 画像
最新ニュース

“ワルメン”もこれが見納め? 『クローズ ZERO』卒業式で、小栗旬「感無量」

若い世代を中心に人気を集める“ワルメン”ブームの先駆けとして、一昨年公開され、興収25億円という大ヒットを記録した『クローズZERO』。ファン待望の続編『クローズ ZERO II』が遂に4月11日(土)に公開を迎え、鬼才・三池崇史監督率いる最強軍団、主演の小栗旬に山田孝之、やべきょうすけ、高岡蒼甫、桐谷健太、深水元基らおなじみメンバーと、本作で新たに加わった金子ノブアキ、三浦春馬の総勢9名が舞台挨拶に登壇した。

最凶カラスども大暴れ 小栗旬は三浦春馬に「ピュアなままスクスク育って!」とエール 画像
最新ニュース

最凶カラスども大暴れ 小栗旬は三浦春馬に「ピュアなままスクスク育って!」とエール

高橋ヒロシによる人気漫画を原作に、漫画にはないオリジナルストーリーで2007年に映画化され、大ヒットを記録した『クローズ ZERO』のその後を描いた完結編『クローズ ZERO II』。4月11日(土)の公開に先駆けて、“THE BLACK PREMIERE II”と題した完成披露試写会が3月23日(月)に開催された。上映前の舞台挨拶には、三池崇史監督に加え、主演の小栗旬、やべきょうすけ、山田孝之、黒木メイサ、金子ノブアキ、三浦春馬、高岡蒼甫、桐谷健太、深水元基などキャスト陣だけでも総勢20名が登壇し、会場は熱気に包まれた。

小栗旬が映画館をジャック!「小栗旬映画祭」に本人は「自分のこと過ぎて恥ずかしい」 画像
最新ニュース

小栗旬が映画館をジャック!「小栗旬映画祭」に本人は「自分のこと過ぎて恥ずかしい」

今年でオープン5周年を迎えるTOHOシネマズ六本木ヒルズ。その記念イベントとして、いま、日本映画界で人気絶頂の小栗旬が出演する4作品が全9スクリーンをジャックする「小栗旬映画祭」が4月11日(金)深夜から12日(土)の早朝にかけて開催され、上映前には小栗旬が舞台挨拶に立った。

シネマカフェ読者が選ぶベストアクターはあの“番長”! 気になるベストムービーは? 画像
最新ニュース

シネマカフェ読者が選ぶベストアクターはあの“番長”! 気になるベストムービーは?

1997年に創刊され、先日11月14日に10周年を迎えたシネマカフェ。これを記念して特集「シネマカフェで見る映画10年」を4週にわたって展開。これまでシネマカフェの歴史を彩った国内外のスターからのお祝いメッセージを公開し、また「タイムトラベル」では過去10年の映画史をシネマカフェの歩みとともにふり返った。

映画技師と不良、役柄は違えど邦画を引っ張る若き2人がシネマカフェにメッセージ! 画像
最新ニュース

映画技師と不良、役柄は違えど邦画を引っ張る若き2人がシネマカフェにメッセージ!

迫る11月14日(水)に10周年を迎えるシネマカフェ。これを記念し、過去10年の映画史とシネマカフェの歴史をふり返る、シネマカフェ10周年特集が先週よりスタート。第2週目を迎え、'00年から'02年までの映画史の登場に、第1弾の豪華な顔ぶれに加え新たな2人から届いたお祝いメッセージ第2弾が公開された。

「目がイッちゃってる」ワルカッコイイ男たちが競演! 『クローズ ZERO』 画像
最新ニュース

「目がイッちゃってる」ワルカッコイイ男たちが競演! 『クローズ ZERO』

1991年から8年にわたって「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載され、累計発行部数3,200万部を誇る「クローズ」。悪名を世に轟かせる鈴蘭男子高校における熱き戦いを描いたこの伝説的な作品を原作としながらも、原作で描かれる1年前を舞台とし、オリジナルストーリーで映像化した『クローズ ZERO』が10月27日(土)に公開を迎えた。公開劇場にて行われた舞台挨拶に主演の小栗旬、山田孝之、やべきょうすけ、高岡蒼甫に三池崇史監督が登壇した。

【東京国際映画祭レポートvol.27】小栗旬と山田孝之の殴り合いに女性ファン熱狂 画像
最新ニュース

【東京国際映画祭レポートvol.27】小栗旬と山田孝之の殴り合いに女性ファン熱狂

いまだかつて誰ひとり成し遂げたことのない鈴蘭男子高校完全制覇を懸け、“カラス”の異名をとる筋金入りの不良たちが熱き戦いに身を投じる! 累計発行部数3,200万部を誇る伝説のコミックをオリジナルストーリーで映画化した『クローズ ZERO』。10月25日(木)、本作が特別招待作品として上映され、主演の小栗旬、山田孝之にやべきょうすけ、そして三池崇史監督とプロデューサーの山本又一朗が上映前の舞台挨拶に登壇した。

「イメージを変える絶好のチャンス」涙を封印した山田孝之の『クローズ ZERO』 画像
最新ニュース

「イメージを変える絶好のチャンス」涙を封印した山田孝之の『クローズ ZERO』

これまで数多くの感動ドラマに出演してきた山田孝之が、最悪、最強の不良学生・芹沢多摩雄に扮した『クローズ ZERO』。伝説のカリスマ・コミックと名高い「クローズ」のオリジナルストーリーとして描かれた本作で、新しい顔を見せてくれた。

「痛いのもジェットコースターも苦手」な小栗旬がバリバリの不良に変身! 画像
最新ニュース

「痛いのもジェットコースターも苦手」な小栗旬がバリバリの不良に変身!

筋金入りの不良どもが集い、覇を競い合う鈴蘭男子高校。いまだかつて誰も成し遂げたことのない鈴蘭制覇を巡る、男たちの戦いの行方は——? 累計発行部数3,200万部を誇る伝説的不良漫画「クローズ」の映画化作品『クローズ ZERO』。9月26日(水)、本作の完成記者会見が行われ、三池崇史監督、原作者の高橋ヒロシ、山本又一朗プロデューサーに、主演の小栗旬をはじめ山田孝之、黒木メイサ、やべきょうすけ、高岡蒼甫らキャスト陣が出席した。

    Page 1 of 1
    page top