鈴木福、本物のペンギンに「可愛い!」ひとり&クリスタル・ケイ“父母”も目を細める

3Dアニメーション映画『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』の特別試写会が11月21日(月)、都内ホールで行われ、日本語ボイスキャストを務めるタレントの劇団ひとり、人気子役の鈴木福、歌手のクリスタル・ケイが舞台挨拶に立った。3人は親子役を演じており、この日初めて勢ぞろい。舞台挨拶に登場したケープペンギンに「とっても可愛い!」と目を丸くする福くんに、ひとりさんとクリスタル・ケイさんもまるで“父母”のように目を細めていた。

最新ニュース
『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』舞台挨拶
  • 『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』舞台挨拶
  • 『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』舞台挨拶
  • 『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』舞台挨拶
  • 『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』舞台挨拶
  • 『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』舞台挨拶
  • 『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』舞台挨拶
  • 『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』舞台挨拶
3Dアニメーション映画『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』の特別試写会が11月21日(月)、都内ホールで行われ、日本語ボイスキャストを務めるタレントの劇団ひとり、人気子役の鈴木福、歌手のクリスタル・ケイが舞台挨拶に立った。3人は親子役を演じており、この日初めて勢ぞろい。舞台挨拶に登場したケープペンギンに「とっても可愛い!」と目を丸くする福くんに、ひとりさんとクリスタル・ケイさんもまるで“父母”のように目を細めていた。

2006年アカデミー長編アニメ映画賞を受賞した『ハッピー フィート』に続くシリーズ第2弾。タップダンスの達人として仲間からも一目置かれるマンブル(ひとりさん)の息子でありながら、ダンスも歌も嫌いという子ペンギン・エリック(福くん)が氷の世界に閉じ込められた仲間たちを救うため、勇気を振り絞って大冒険の旅に出かける。

ひとりさんは「福くんがとにかく可愛いんですよ。声を聞いてるだけでも可愛いし、次は息子が欲しくなっちゃった」と目尻が下がりっぱなし。クリスタル・ケイさんも「福くんの声が可愛くて…。あっ、ひとりさんの声もすごく優しいです」。映画の中ではジャネット・ジャクソンやデビッド・ボウイといった人気アーティストの代表曲を日本語カバーしており「昔から聴いていた大好きな曲を日本語で歌えるなんて」と感激していた。

そんな2人の“息子”を演じる福くんは「アニメのエリックと口を合わせなくちゃいけないので、難しかったです。(ヘッドホンから)英語が聞こえるので、それにちょっとつられちゃったことも」とちょっぴり悪戦苦闘したようだ。また、クリスタル・ケイさんに負けじと、歌声を披露するシーンもあるといい「とても楽しかったです。歌は好きです」と歌好きをアピールしてくれた。舞台挨拶に駆けつけたケープペンギンの夫婦を見るなり、「水族館で見たことはあるけど、こんな近くで見たことはない」と無邪気に大はしゃぎ。終始、客席からの「可愛い」コールを一人占めする福くんだった。

『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』は11月26日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top