天才少年、トーマス・ホーンが初来日! オスカー俳優との共演語る

最新ニュース

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』トーマス・ホーン来日トークショー
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』トーマス・ホーン来日トークショー
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』トーマス・ホーン来日トークショー
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』トーマス・ホーン来日トークショー
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』トーマス・ホーン来日トークショー
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』トーマス・ホーン来日トークショー
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』トーマス・ホーン来日トークショー
第84回アカデミー賞で作品賞を始め2部門にノミネートされている感動作『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』に出演し、トム・ハンクス&サンドラ・ブロックというオスカー俳優2人に負けない存在感を発揮した天才少年、トーマス・ホーン君(14歳)が初来日。2月14日(火)、都内で記者会見を行い、名優との共演や撮影の舞台裏、作品が描くテーマについて語ってくれた。

世界中を悲しみに包んだ「9.11」に、最愛の父親(トム)を失ったオスカー(ホーン君)は、亡き父が残した“鍵”に合う鍵穴を探そうと、わずかな手がかりを頼りにニューヨークの町に飛び出した。まるで心の喪失を埋めるかのように、鍵穴探しに没頭する息子に、悲しみが癒えない母親(サンドラ)はどう接したらいいか分からず…。

ホーン君は、プロの演技経験が皆無にも関わらず、スティーヴン・ダルドリー監督(『リトル・ダンサー』)によって主役級のキャラクターに大抜てき。ほぼ全編出ずっぱりで、“魂の旅路”ともいうべきオスカー少年の冒険を繊細かつパワフルに演じきっている。「2か月のリハーサルで、監督やスタッフから演技指導を受け、キャラクターを深く理解したり、感情をより強く表現できるようになったんだ。きっとこの役を演じたかったプロの子役はいっぱいいたはずだけど、僕を選んでもらってとても光栄だと思うよ」とホーン君。

トム&サンドラという誰もがうらやむ名優2人との共演に「もちろん素晴らしい体験だった。特に自分が演じる役柄をとても深く理解している姿に感動したよ」。例えば、サンドラは監督の演出指示を受けてから、5秒もしないうちに大粒の涙を流したのだとか。「どんなにスターになっても努力し続け、役に入り込むスピードの速さは本当にすごいなって。おかげで僕自身も、とても演じやすかったよ」とふり返る。

役作りのため、実際に「9.11」の悲劇に巻き込まれた人たちから話を聞いたと言い「みんな悲しみを乗り越えて、いまを生きているんだなって感じることができた。今回の経験を通して、他人のことを考えられるようになったかな。昨年は日本でも大きな災害がありましたね。僕も心から同情しています」と劇中のオスカー少年同様、ホーン君も精神的な成長を遂げたようだ。会見には女優の剛力彩芽がゲストとして登場し、バレンタインデーということで、ホーン君にチョコレートをプレゼントしていた。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は2月18日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top