オスカー俳優を唸らせた15歳、トーマス・ホーン 未知なる旅路で見つけた喜び

最新ニュース

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 トーマス・ホーン
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 トーマス・ホーン
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 トーマス・ホーン
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 トーマス・ホーン
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 トーマス・ホーン
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 トーマス・ホーン
  • 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 トーマス・ホーン
『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』『愛を読む人』──これまでに撮った長編映画のすべてが、米アカデミー賞にノミネートされている名監督スティーブン・ダルドリー。4作目となる『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』もまた作品賞と助演男優賞(マックス・フォン・シドー)の2部門にノミネートされ、賞レースに欠かせない監督として脚光を浴びている。また、監督に見出され、本作をきっかけにハリウッド映画界に新しい風を吹き込んだトーマス・ホーンの存在も注目したいところ。現在、高校1年生。自由な時間はほとんど言語の本を読み学んで過ごすという勉強家の15歳の少年の目に、映画の世界はどんなふうに映ったのだろうか。

原作は9.11文学の金字塔として世界的なベストセラーを記録したジョナサン・サフラン・フォアの同名小説。大好きな父親を失った少年が、最愛の人の死を乗り越え成長していく、喪失と再生の物語だ。この原作を読んで、主人公の主観的視点に衝撃を受けたという監督は、オスカー少年のキャスティングからスタートさせた。並外れた知能、純粋さと洞察の深さ、過敏さと大胆さ、理解不能な感覚と理解したいという欲求を自然に演じることのできる子役を探し出すことは、当然困難に思われたが、運命の女神は微笑んだ。ある日、プロデューサーの目に止まったのは、人気クイズ番組「Jeopardy!」のキッズ・ウィークに出場していたトーマス・ホーン。4か国語を話すだけでなくユーモアと集中力のあるトーマスは、まさにオスカーそのものだった。まさに運命の出会い。しかし、演技経験のないごく普通の13歳のトーマスにとって、オスカー役のオファーは「ひっくり返るほど驚いた出来事だった」と当時を思い返す。

「トム・ハンクスさんとサンドラ・ブロックさんと一緒に仕事ができると聞いて、本当にびっくりしたんだ。最初に彼らに会ったときは、あんなに有名な人たちが僕の目の前に立っている! って、少し怖じ気づいちゃったからね。でも2人ともとても優しくて、5分もしないうちに気持ちが打ち解けたよ。その後、伝説の名優マックス・フォン・シドーさんに会ったときもやっぱり怖じ気づいちゃったけれど、彼も優しい人だった。3人とも数多くの映画に出て、様々なジャンルの演技ができる素晴らしい俳優。彼らとのシーンはどれも大切で、すべてが貴重な体験だったよ」。自分がどう思ったのかをしっかりと伝えるトーマスは確かに知的。監督が彼をオスカー役に選びたくなるのも納得だ。けれど、「僕はオスカーみたいに頭は良くないよ(笑)」と、はにかむ表情はごく普通の少年。あどけない笑顔で、最初はオスカーと自分自身の間に大きな溝(違い)があったと、初めての役作りについて語り出す。

「最初に脚本を読んだときは、共感というよりもオスカーと自分との違いを感じることの方が大きかったんだ。この子はこんなにいろいろと考えていて、しかもあんなことこんなことを(平気で)言っちゃって、なんて悪い子なんだろう…って(笑)。そして思ったんだ。僕は『本当にこの役をやりたいのか?』ってね。というのは、僕の現在までの人生は幸せそのもの。オスカーみたいに深い悲しみを抱えているわけでもないし、家族の仲もいい。オスカーと自分の違いが気になってしまったんだ」。たしかに、オスカーはいわゆる“ごく普通”とは言えない少年。他者との関わり方、感じ方、行動に様々な影響を及ぼす障害、アスペルガー症候群の兆候がある。しかも父親との接点が世界のすべてだった少年にとって、9.11の同時多発テロで父親が死んでしまった事実は、想像を超える絶望感があったはずだ。そのオスカーの苦しみを「現実的な自動車の事故とか飛行機の事故とかは僕も怖いけれど、オスカーが抱いている恐怖はそういう恐怖だけではなく、日常のあらゆるものを怖いと感じてしまうものなんだよ…」と真剣な眼差しで代弁する。

自分と違うからこそ「難しかった」というその心情を理解するため、トーマスは監督が用意した2か月間のリハーサルに挑み、そこで演技とはどういうものかを学んだ。「監督やスタッフの方たちに演技指導してもらったんだ。このシーンは何を伝えたいのか、このセリフは何を意図しているのか──僕が分かるようにオスカーの言動の理由を説明してくれた。お母さんに対して怒鳴ったり、何かを投げたり、オスカーの感情が激しく爆発するシーンがいくつかあるけれど、そういうシーンの前には、監督がセットの隅に用意してくれた僕専用の小さな部屋に入って、そこでキャラクターが自分の体に入るまでの20〜30分を過ごしたんだ。最終的には、オスカーと友達になれるんじゃないかな、というところまで彼を理解することができたよ」。父と息子、母と息子のそれぞれのシーンでトーマスは驚きの演技を披露し、その素晴らしい才能を目の当たりにした父親役のトムは「優れた直感を持っていて、とても集中力がある」、母親役のサンドラは「いくら褒めても褒め足りないくらい、トーマスのプロ意識に感心させられた」と、アカデミー賞に輝くベテラン俳優たちを唸らせた。

亡き父親のクローゼットから謎の鍵を見つけたオスカーは、その鍵は父親が自分に遺したメッセージだと思い込み、ニューヨーク中を駆け回り、鍵穴を探す冒険に出る。彼と同じようにトーマス・ホーンにとってこの映画は新しい旅路、俳優という新しい道への一歩となった。また、これまでは数か月に一度劇場に映画を観に行く、数週間に一度DVDで映画を観る程度だった映画への興味は、本作と出会ったことで大きく膨らんだ。「この映画と(賞レースを)競っている映画は気になるんだ。最近は『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』『アーティスト』を観たよ。どちらも俳優たちの演技がとても素晴らしかった。あと『ダークナイト』シリーズは前の2作品を観ているから新作『ダークナイト ライジング』も楽しみにしているよ!」と瞳を輝かせる。もちろんその輝きの理由は、映画の奥深さ、演じる楽しさを知ったからこその輝きであり──「オスカーを演じたことでたくさんのことを学んだけれど、1つはっきり言えるのは、俳優は大変な仕事だということだね。でも、演じることはとても楽しいんだ!」。今後いくつもの映画のタイトルにその名を刻むであろう新星トーマス・ホーンの記念すべき一歩は、観客に切なくもあたたかな感動を届けてくれるはず。

《text:Rie Shintani》

関連ニュース

特集

page top