アンジェリーナ・ジョリーの末娘、映画初出演のギャラは週3,000ドル

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの末娘、ヴィヴィアンヌの映画初出演のギャラが週3,000ドル(約281,430円)だったことが明らかになった。

最新ニュース
第3回世界女性サミットに出席したアンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
  • 第3回世界女性サミットに出席したアンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの末娘、ヴィヴィアンヌの映画初出演のギャラが週3,000ドル(約281,430円)だったことが明らかになった。

ヴィヴィアンヌはアンジェリーナが「眠れる森の美女」の魔女を演じる主演作『Maleficent』(原題)に、エル・ファニング扮するオーロラ姫の幼少時代役で出演している。出番はわずかにも関わらず、母娘共演という話題性から破格のギャラが発生したようだ。ちなみにヴィヴィアンヌも双子の兄弟のノックスもお小遣いとして毎日60ドル(5,628円)をもらっているという。

『Maleficent』には9歳の兄・パックス、8歳の姉・ザハラも端役で出演しているが、2008年にブラッド主演の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で父娘共演を果たしたシャイロと、6人きょうだいの長男で11歳のマドックスは出演していない。関係者によると、シャイロは『Maleficent』にも出演の予定はあったが、「気乗りがしない」という理由で出演は実現しなかった。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top