ライアン・ゴズリング&エマ・ストーンの危険な恋…『L.A.ギャング』特別映像が到着!

ハリウッドを代表する名だたる演技派俳優と、新鋭監督ルーベン・フライシャーの強力タッグで贈る『L.A.ギャング ストーリー』。本作で、危険な恋と知りながらも惹かれ合っていく男と女を演じたライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのコメント付き特別映像が到着した。

最新ニュース

ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン/『L.A. ギャング ストーリー』 -(C) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED
  • ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン/『L.A. ギャング ストーリー』 -(C) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED
  • 『L.A. ギャング ストーリー』 -(C) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED
  • エマ・ストーン/『L.A. ギャング ストーリー』 -(C) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED
  • エマ・ストーン/『L.A. ギャング ストーリー』 -(C) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED
  • エマ・ストーン/『L.A. ギャング ストーリー』 -(C) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED
  • ライアン・ゴズリング&母・ドナ/『L.A. ギャング ストーリー』L.A.ワールドプレミア
  • 『L.A. ギャング ストーリー』 -(C) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED
ハリウッドを代表する名だたる演技派俳優と、新鋭監督ルーベン・フライシャーの強力タッグで贈る『L.A.ギャング ストーリー』。本作で、危険な恋と知りながらも惹かれ合っていく男と女を演じたライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのコメント付き特別映像が到着した。

本作は、警察や政治家も意のままに操りL.A.のすべてを支配していた伝説の大物ギャング、ミッキー・コーエンと、警官であることを隠し、ギャング組織に戦争を仕掛けるという密命を受けた実在した男たちの死闘を描いた、超一級のアクション・エンターテイメントだ。

舞台となる1949年のロスは、麻薬、銃、売春、あらゆる悪事で街を腐敗させる巨大犯罪組織のボス、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)によって支配されていた。彼の支配に終止符を打つため、ロス市警は少数精鋭の最強部隊を裏で組織するのだが、この命がけの任務をこなすには、警察官の顔を捨て、ギャング顔負けの違法行為を犯さねばならなかった。

今回ライアンが演じるのは、実在の警察官ジェリー・ウーターズ巡査部長。部隊のリーダーでありながらも一匹狼というクールな役どころで、ジョン・オマラ巡査部長(ジョシュ・ブローリン)から部隊へ誘われた際も、一度は入隊を断ったような男だ。ジョンと同様に戦争帰還兵なのだが、彼とは違い、世の中をよくするという幻想などまったく抱いていない。さらに、プライベートでは自由に使える収入はすべて衣装につぎ込むほどの“着道楽”で、部隊の中でただ一人、ピンストライプのスーツを着て一際目立つ存在となっている。

そんなジェリーが一瞬で惹かれてしまうのが、コーエンの愛人・グレイス(エマ・ストーン)だ。コーエンを倒すべく結成された部隊の一員である彼が、絶対に惹かれてはいけない相手なのだが、危険を承知でグレイスに近づき、恋に堕ちてしまったのだ。

今回届いた特別映像では、作品のメイキングシーンで仲睦まじく撮影をしているカットや、共演についての2人のコメントが収められている。『ラブ・アゲイン』でも、一目で恋に落ちる男女役で共演した2人だが、ライアンは「前に共演したときはラフな感じだったから、シリアスなシーンに苦労したよ」とにこやかに語り、エマは「相手役がライアンでラッキーだった。軽妙なやりとりがうまいの」とライアンとの再共演を喜びながら賛辞を贈っている。

ライアン演じるジェリーに「危険を冒す価値がある」と言わせた、エマが演じたグレイスとの恋。この映像を見れば、スリリングな2人の恋の行方からも目が離せなくなるはずだ。

『L.A.ギャング ストーリー』は5月3日(金・祝)より丸の内ルーブルほか全国にて公開。

※こちらの特別映像はcinemacafe.net記事ページより、ご覧いただけます。



(C) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top