石原さとみ&水川あさみ&水原希子&有村架純、美女4人が出演決定!月9「失恋ショコラティエ」

石原さとみ、水川あさみ、水原希子、有村架純、美女4人が出演決定!月9『失恋ショコラティエ』

最新ニュース

 2014年1月にフジテレビ系でスタートする松本潤主演の新“月9”ドラマ『失恋ショコラティエ』に、女優の石原さとみ、水川あさみ、水原希子、有村架純といった美女4人と、俳優の溝端淳平が出演することが発表された。

 『失恋ショコラティエ』は、第36回講談社漫画賞(「少女部門」)、第2回ananマンガ大賞受賞作品で、累計発行部数120万部を誇る、水城せとなの同名コミックが原作。製菓学校に通う小動爽太は、高校時代に一目ぼれした憧れの先輩、最強天然系小悪魔・高橋紗絵子(サエコ)と念願かなってクリスマス直前から交際をスタート。そして、バレンタインデーは二人で迎えると思っていた矢先、サエコは爽太とは会えないという。なんとかバレンタインデー前日にサエコに会えた爽太だが、チョコレートが大好きなサエコのために誠心誠意作ったチョコレートを受け取ってもらえず、さらに、付き合っていたつもりはないとまで言われてしまう。それでも一途な爽太はサエコが大好きなチョコレートで彼女を振り向かせようと一念発起。単身、フランスに渡り、修行を積んで一流のショコラティエになって帰国する。そんな完全無欠の片想い系男子・爽太を中心に描いたホロ苦いラブストーリーとなっている。

 ドラマ化にあたり、原作ファンの間ではさまざまな憶測が飛び交っていた配役がついに発表。まずはその爽太が一途に片思いを続ける「天然系小悪魔」高橋紗絵子(たかはしさえこ/サエコ)役には石原さとみ。天真らんまんに、しかし思わせぶりに振る舞い、天然なのか計算なのかわからない女子力の塊のような女子だ。劇中では人妻となりながらもイノセントで空気の読めない言動で爽太を惑わせ続ける、月9史上類を見ないまったく新しいヒロインとなっている。石原は「(原作漫画は)面白くて切なくて苦しくて読み終わってからしばらくは眠れませんでした。少しビターなチョコの香りに包まれて2014年の始まりをステキな作品」と、意気込みを語った。

 そして、爽太の父が経営するケーキ屋の従業員で、爽太のことを小さい頃から知り、ショコラティエとしての才能にいち早く気づき、帰国した爽太と一緒にチョコレート専門店「ショコラヴィ」を始めることになる井上薫子役には水川あさみ。水川は「私も今年で30歳になり、色々なモノやそれなりの自信を得たなと思う反面、色々なモノを捨て自信をなくしていく部分もあり、なんだか今の私に面白くもタイミング的に薫子という役はピッタリだなぁなんて思っています」とコメント。また、爽太と同じように一人の男性に猛烈に片思いをしているモデル、加藤えれな役には水原希子。爽太とは「片思い」という同じ境遇にいるため、意気投合。お互いを支え合うため肉体関係を持ち、いわゆる“セフレ”になり、片思いをしながらお互いをよりどころとする不思議な関係を築いていく。

 さらに、爽太がフランス修業時代に親友となったフランス人。原作とは違い、ドラマではフランス人と日本人のハーフとして描かれるオリヴィエ・トレルイエには溝端淳平が決定した。フランスの超有名パティスリーの御曹司でイケメン。サエコに翻弄される爽太に辛辣なアドバイスを送りながらも、自身はマンガとアニメとゲームが大好きという見た目は王子、中身はアキバ系の男子を演じる。そんなオリヴィエに片思いされる爽太の妹、小動まつり役には「あまちゃん」での好演が記憶に新しい有村架純。本作では明るくて素直な性格な女子大生だが苦しい三角関係に悩む妹役に挑戦する。

■『失恋ショコラティエ』
2014年1月スタート 毎週月曜21:00~21:54(フジテレビ系)


石原さとみ、水川あさみ、水原希子、有村架純、美女4人が出演決定!月9『失恋ショコラティエ』

《》

関連ニュース

特集

page top