浅野忠信、40歳迎え「ラクに」 妥協なき主演作『私の男』封切りに感無量

最新ニュース

浅野忠信/『私の男』初日舞台挨拶
  • 浅野忠信/『私の男』初日舞台挨拶
  • 二階堂ふみ/『私の男』初日舞台挨拶
  • 浅野忠信&二階堂ふみ&高良健吾&山田望叶ちゃん&熊切和嘉(監督)/『私の男』初日舞台挨拶
  • 浅野忠信&山田望叶ちゃん/『私の男』初日舞台挨拶
  • 二階堂ふみ/『私の男』初日舞台挨拶
  • 高良健吾/『私の男』初日舞台挨拶
  • 二階堂ふみ&山田望叶ちゃん/『私の男』初日舞台挨拶
  • 浅野忠信/『私の男』初日舞台挨拶
俳優の浅野忠信が6月14日(土)、主演作『私の男』の初日舞台挨拶に登壇。「40代をどう迎えるか考えていた時期に出会った作品で、とことん集中して取り組んだ」と誇らしげ。現在40歳になり「ラクになった気がしますね」と俳優としての新たな胸中を語った。

第138回直木賞を受賞した桜庭一樹のベストセラー小説を原作に、家族を失った少女と遠縁の親せきを名乗る男が繰り広げる禁断の逃避行を描く。ある殺人事件を機に、寄り添うように生きた北海道・紋別から東京へ逃げ出した2人に秘められた真実とは?

東京・新宿ピカデリーで行われた初日舞台挨拶には浅野さんを始め、ヒロイン・花を演じる二階堂ふみ、高良健吾、子役の山田望叶ちゃん、熊切和嘉監督(『海炭市叙景』『夏の終り』)が出席。二階堂さんはカラフルな着物姿を披露し、「私にとっても特別な作品。初日を迎えるのは夢のようであり、さみしい気持ちもする」とこちらも感慨しきりだった。

浅野さん&二階堂さんの“共犯関係”が大きな見どころの本作。「僕とふみちゃんが過ごした強烈な時間を、熊切監督に切り取ってもらった。妥協なく作った作品」(浅野さん)、「すごい画(え)が撮れた。スクリーンで観るべき作品」(二階堂さん)とアピールにも熱がこもる。

熊切監督は「原作を読んだときから、浅野さんをイメージしていた。主人公が抱える空虚、孤独、切なさをいまの浅野忠信で見てみたかった」「別作品のオーディションで出会った瞬間、イメージ通りの花だと思った」と浅野さん、二階堂さんをキャスティングした理由を説明していた。

また、高良さんは念願だった熊切組に初参加し「撮影初日、自分でも病気かなと思うほど汗をかいていた。それだけ緊張していたんだと思う。現場の監督ですか? すごくカッコ良かったです」と感無量の面持ちだった。

『私の男』は新宿ピカデリーほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top