新婚・加藤夏希、『風立ちぬ』に影響され結婚式は「和装もいい」

最新ニュース

加藤夏希/『風立ちぬ』ブルーレイ&DVD発売記念トークイベント
  • 加藤夏希/『風立ちぬ』ブルーレイ&DVD発売記念トークイベント
  • 加藤夏希&幅允孝(ブックディレクター)&市川真人(文芸評論家)/『風立ちぬ』ブルーレイ&DVD発売記念トークイベント
  • 加藤夏希/『風立ちぬ』ブルーレイ&DVD発売記念トークイベント
  • 加藤夏希&幅允孝(ブックディレクター)&市川真人(文芸評論家)/『風立ちぬ』ブルーレイ&DVD発売記念トークイベント
  • 幅允孝(ブックディレクター)/『風立ちぬ』ブルーレイ&DVD発売記念トークイベント
  • 市川真人(文芸評論家)/『風立ちぬ』ブルーレイ&DVD発売記念トークイベント
先日、入籍を発表した加藤夏希が6月16日(月)、スタジオジブリの『風立ちぬ』のブルーレイ&DVD発売を記念して行われたトークイベントに出席した。

昨年の日本国内での映画興行収入No.1作品にして、宮崎駿監督の引退作品となった本作。作家・堀辰雄と零戦の設計者である堀越二郎をモデルにした一人の男性を主人公に、戦争が激しくなる中で運命の女性を愛し、仕事に没頭していくさまを描き出す。

ブルーレイ&DVDの発売に合わせてプロモーションの一環として、宮崎監督と、彼と20年来の親交があるジョン・ラセターという2人の巨匠の友情を、鈴木敏夫プロデューサーのインタビューや様々な貴重な写真などで紹介する67センチ×48センチ、全20ページの巨大な新聞“GIANT PAPER 「大きな風立ちぬ ~宮崎駿とジョン・ラセター ふたりのこと~」”が限定配布(無料)される。

この日は加藤さんに加え、同紙の編集を務めたブックディレクターの幅允孝、同紙に寄稿している文芸評論家の市川真人も来場し、作品やGIANT PAPERの制作プロセスについてなどを語った。

幅さんは、同紙について「『風立ちぬ』はジブリ作品の中でもいままでの作品とは違って、答えのない、余白の多い作品。考えさせられる部分が多いので、そのヒントを散りばめたつもりです」と語る。

やはり、見どころは宮崎監督の“盟友”鈴木プロデューサーが、宮崎監督とジョン・ラセターの友情について語る部分。

幅さんが「実は2人はまだ世に大々的に出る前の1987年に出会ってる。ラセターがひとりで当時、吉祥寺にあったジブリを訪ねていくエピソードは笑えます。いまは巨匠と捉えられている2人が若い頃、どのようにクリエーションを戦わせ、いまに至ったのか? が書かれています」と言えば、市川さんは「ラセターが宮崎監督に『キミはアニメーターなのになぜ漫画(※『風の谷のナウシカ』の原作となった漫画)を描くのか?』と尋ねたときのやりとりが面白いです!」と語る。

加藤さんも興味深く「GIANT PAPER」に目を通したようで、「(宮崎監督とラセターの)2人の出会いから歩み、アニメの作り方は違うのに、共感し、理解し合える関係性について丁寧に描かれている。これを読んで『風立ちぬ』を観て、二郎さんは宮崎監督で、映画に出てくる外国人はラセターなのかな? でも時々入れ替わったりしてるのかな? と思った」と語る。

また加藤さんは、作品そのものについては「キスシーンが多くて衝撃を受けた(笑)!」とも。劇中、二郎と菜穂子が急遽、式を挙げるシーンがあるが「素敵です。(菜穂子の衣裳が)白じゃないのが、より華やかでした。羨ましい」と語り、自身の挙式についても「和装がいいかな? と思いました」と影響を受けたよう。「『幸せの風立ちぬ』家庭にしたいです(笑)」と幸せいっぱいの顔で語っていた。

ブルーレイ&DVD発売を記念し、『風立ちぬ』原画展が東京ソラマチ5F「スペース634」にて6月25日(水)より開催。また宮崎監督が手がけた監督作11作品を揃えた「宮崎駿作品集」が7月2日(水)より発売。

“GIANT PAPER 「大きな風立ちぬ ~宮崎駿とジョン・ラセター ふたりのこと~」”は全国のDVD販売手や書店で数量限定で無料配布。

『風立ちぬ』ブルーレイ&DVDは6月18日(水)より発売開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top