2014年全米で「最も売れたアルバム」ランキング発表!

テイラー・スウィフトが、世界各地で社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』のサウンドトラックを抑え、2014年全米で「最も売れたアルバム」の第1位に輝いた。

最新ニュース
テイラー・スウィフト&エルサ(雪の女王)&ビヨンセ -(C) Getty Images/『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • テイラー・スウィフト&エルサ(雪の女王)&ビヨンセ -(C) Getty Images/『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • テイラー・スウィフト -(C) Getty Images
  • テイラー・スウィフト
  • ビヨンセ -(C) Getty Images
  • 『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
テイラー・スウィフトが、世界各地で社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』のサウンドトラックを抑え、2014年全米で「最も売れたアルバム」の第1位に輝いた。

ニールセン・ミュージックによる集計データによると、テイラーの第5作目となるスタジオ・アルバム「1989」が『アナと雪の女王』のサウンドトラックをおさえて366万枚を売り上げたという。

353万枚を売り上げた『アナと雪の女王』のサウンドトラックは、「1989」が12月28日(現地時間)までの1週間に32万6,000枚の売り上げを記録したりとセールス数が突如上がるまでは、毎週1位を獲得していた。2014年で300万枚以上を売り上げたのは、1位と2位を飾ったこの2枚のアルバムのみとなっている。

続いて、サム・スミスのデビューLP「イン・ザ・ロンリー・アワー」が121枚で3位についており、ビヨンセ、ロード、ワン・ダイレクションに加えバーブラ・ストライサンドとペンタトニックスがトップ10入りを果たしている。

さらに、『アナと雪の女王』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のディズニーのサウンドトラック2枚が同時にトップ5にランクインしたのはニールセン・ミュージック史上初の快挙となった。

テイラーは2009年にもセカンドスタジオアルバム「フィアレス」で同ランキングで1位を獲得している。

<全米オフィシャル・アーティスト・アルバム・チャート2014/TOP10>

1位:テイラー・スウィフト/「1989」

2位:ディズニー・ミュージック・グループ/『アナと雪の女王』サウンドトラック 

3位:サム・スミス/「イン・ザ・ロンリー・アワー」

4位:ペンタトニックス/「ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー」

5位:ディズニーズ・ハリウッド・レコーズ/『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』サウンドトラック

6位:ビヨンセ/「ビヨンセ」

7位:バーブラ・ストライサンド/「パートナーズ」

8位:ロード/「ピュア・ヒロイン」

9位:ワン・ダイレクション/「フォー」

10位:エリック・チャーチ/「ジ・アウトサイダー」
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top