エマ・ワトソンのベルはどんなヒロイン? ディズニーが生み出す新たな女性像

エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンスら豪華キャストとスタッフによって、いまなお世界中で愛され続けているディズニー・アニメーションを実写映画化する

映画
『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンスら豪華キャストとスタッフによって、いまなお世界中で愛され続けているディズニー・アニメーションを実写映画化する『美女と野獣』

これまで、ディズニーが生み出してきたヒロインは、その作品の顔というだけではなく、その年代の女性像を物語るかのようなパーソナリティや信念をもったキャラクターたちだった。本作でエマが演じる主人公ベルからも、そんな新たなヒロイン像の一面が見えてくるという。

多くの物語のヒロインは、当初、“白馬の王子様”を待ち焦がれる夢見がちな女の子。それが次第に自らの意志で新たな一歩を踏み出し、愛や幸せを自らつかもうとする活発な女の子へと移り変わってきた。近年見られる新たなヒロイン像では、探し求めるものが必ずしも恋愛に紐付く“愛”だけではなく、多様化する“愛”を大切にする女性として描いている。『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』『マレフィセント』なども、そんなヒロインを描いた作品だ。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は、主人公アリス(ミア・ワシコウスカ)が、憔悴しきったマッドハッター(ジョニー・デップ)を助け、大切な仲間との“友情”を守るために時間をさかのぼり過去へ行くことを決意する。そのために<時間の番人>タイムに戦いを挑むアリスの姿が描かれ、そんな勇敢でひたむきな姿勢が多くの人の心をつかんだ。

また、『マレフィセント』は、主人公であるマレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)の新たな一面が話題を呼んだ作品となった。裏切りをはたらいたステファン王に対する憎悪から、彼の娘オーロラ(エル・ファニング)に呪いをかけるものの、次第に自分を慕うオーロラへの“母性”が芽生え、彼女を呪いから救おうとするマレフィセントの姿は斬新。ディズニー・ヴィランズのリーダー的キャラクターである彼女に、人間性や女性的な優しさ、包容力を取り入れた本作は多くの観客からの支持を得て大ヒットを遂げた。

そして、ディズニーが満を持して新たに届ける『美女と野獣』のヒロイン、ベル(エマ・ワトソン)はこれまでのキャラクターとはまた少し違った女性像が描かれている。

ベルというキャラクターは、本が何よりも好きでディズニーの中でも特に知的なヒロイン。しかし、街の中では浮いた存在で周りから変わり者と呼ばれ、孤独感を常に感じている一面も持っている。それでも自分が周りの人と違っているということを受け入れ、自分自身の価値観=“個性”に向き合って生きていく等身大の女性だ。醜い外見という“個性”に悩みを抱えていた野獣(ダン・スティーヴンス)は、そんなベルと触れ合うことで、かけがえのない自分と向き合い、やがてベルをかけがえのない存在だと意識するようになる。まさに、現代における人と人との心の絆を映し出した物語となる。

自らの個性に臆することなく、前向きに生きるベルの姿は、多くの観客が心を寄せる存在となるだろう。ディズニーの実写化作品では、そんなヒロインのキャラクター像にも注目をしてほしい。

『美女と野獣』は4月21日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

『美女と野獣』

好きなキャラクターは?

関連ニュース

特集

page top