『ムーンライト』“ロマンスシーン”のメイキング写真到着!

第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、

映画

『ムーンライト』(C)2016 A24 Distribution, LLC
  • 『ムーンライト』(C)2016 A24 Distribution, LLC
  • 『ムーンライト』(C)2016 A24 Distribution, LLC
  • 『ムーンライト』(C)2016 A24 Distribution, LLC
第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門を受賞しオスカーの栄光を手にした『ムーンライト』。この度、本作の場面写真とメイキング写真がシネマカフェに到着した。

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で学校ではいじめっ子たちから標的にされる日々の中、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になってもそんな日々は続いていたある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れる…。しかし、ある裏切りに遭い2人は別々の道へと進む。そして、大人になり再会した2人。静かに語り合うなか、どんなに時が流れても忘れられずにいた想いが募る…。

ブラッド・ピットがエグゼクティブ・プロデューサーを務める本作。主人公の母親役には、本作でオスカーに初ノミネートされたナオミ・ハリス、少年の父親代わりになる麻薬ディーラー役で見事オスカーを獲得したマハーシャラ・アリ。そして、それぞれの時代の主人公シャロン役にアレックス・ヒバート、アッシュトン・サンダース、トレバヴァンテ・ローズが抜擢されている。

北米で大ヒットを記録し、世界中から熱狂的な賛辞を贈られている本作だが、一体本作の何が世界中を魅了しているのか――。それは、人種、年齢、セクシュアリティを越えた普遍的な感情が描かれているから。どうにもならない日常、胸を締め付ける痛み、初恋のような切なさ、いつまでも心に残る後悔、思いもよらない再会により、秘めた想いを抱え生きてきたシャロンの暗闇に光がさしたとき、観客の心は大きく揺さぶられ、深い感動と余韻に包まれる。

本作は、自分の居場所を探し求める主人公の姿を幼少期、少年期、青年期の3つの時代に切り取り、色彩豊かで圧倒的な映像美と情緒的な音楽で映し出した愛の物語。また劇中では、原案となった戯曲「In Moonlight Black Boys Look Blue」、「月明りで、おまえはブルーに輝く」という意味のタイトルを象徴するような、主人公シャロンと親友ケヴィンのロマンスシーンが登場する。

そして今回到着した写真では、夜の浜辺で静かに語らうシャロンとケヴィンの姿が。このシーンでは、月明かりに照らされた黒い肌が青く輝く中、初めて2人の心が触れ合う瞬間が、繊細にかつ美しく描かれている。またこの美しい一夜の想い出が、シャロンの心を月明りのように照らし続け、ケヴィンへの一途な想いを抱えたまま大人へと成長していく…。

直射日光が強く、昼間は光が痛いほど美しいマイアミ。しかしそこから一変、この夜のロマンスシーンは、真っ暗な静寂の中撮影が行われており、同時に公開されたメイキング写真では、照明にぽつんと照らされる2人の俳優の後ろ姿がとても印象的に写っている。

『ムーンライト』は3月31日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top