亀梨和也、誕生日を“イカ亀”でお祝い! 「しっかり向き合っていきたい」と抱負も

現在放送中のドラマ「FINAL CUT」で主演を務める亀梨和也が、2月23日に32歳の誕生日を迎え、撮影現場でキャスト&スタッフから祝福を受けた。

最新ニュース
「FINAL CUT」
  • 「FINAL CUT」
  • 「FINAL CUT」
現在放送中のドラマ「FINAL CUT」で主演を務める亀梨和也が、2月23日に32歳の誕生日を迎え、撮影現場でキャスト&スタッフから祝福を受けた。

この日、橋本環奈との共演シーンの撮影冒頭、ロケ現場に歩いて向かう亀梨さんは、視線の先にあるスタッフや橋本さんの雰囲気から何かを察した様子で、両手を高々と挙げながら笑顔で登場すると、橋本さんから「祝われる気満々ですね!」とツッコミ。

そして、バースデーソングの合唱とともに運び込まれたのは、似顔絵入りケーキ。亀梨さんがロウソクの火を吹き消すと、スタッフからサプライズプレゼントが。まず登場したのは、亀梨さんの大好物であるイカの刺身を亀の形に盛り付けた「特製イカづくしの“亀”」。そんな“イカ亀”を見た亀梨さんは「すごい! 感動!」と大興奮。そして、「“カメ”が“亀”を食べるって(笑)」と言いつつかぶりつき、「おいしいです!」と大満足の様子。

「FINAL CUT」
続いて、もう一つのサプライズプレゼントとして特製モザイクアートパネルが橋本さんより手渡された。ドラマのポスターをモチーフに、近くで見ると出演者やスタッフ、さらにはこれまでのドラマのシーン写真で構成されており、亀梨さんは「すごい…ありがとうございます!」とじっくりと見つめながらコメント。

そして、「この1年は、グループも動き出したり、主題歌を歌わせてもらったり、いろいろなものが新たな角度をもって動き出す中なので、しっかり向き合っていきたいなと感じています」と抱負を語り、ラストスパートに突入した本作の撮影については、「ドラマも最後まで気を引き締めていきたいと思います」「思い残すことなく自分自身も向き合って、より多くの方に楽しんでいただき、何かを感じ取ってもらえるものにしたいです」と改めて気合を入れた。

ドラマ「FINAL CUT」は、母親を殺人事件の犯人かのように扱い死に追い込んだテレビ番組関係者らに制裁を加えながら、事件の真犯人を追う主人公・中村慶介の姿を描くメディア復讐劇。

27日(火)放送 第7話あらすじ


20分拡大スペシャルで贈る27日(火)今夜放送の第7話は、警察官姿をテレビでさらされてしまった慶介(亀梨さん)は、雪子(栗山千明)に呼び出され、ついに本名を明かし母が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止めるため、妹である雪子と若葉(橋本環奈)に近づいたと打ち明ける。しかし、雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとしない。

慶介が警察官だと知った百々瀬、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は早々に慶介の身元や経歴を調べ上げ、慶介の前に現れる。祥太の居場所を早く探らなければと考えた慶介は、父親である弁護士の小河原達夫(升毅)に狙いを定める。相談客を装って訪れた慶介は、12年前の事件についての依頼だと切り出し、達夫を動揺させる。慶介の揺さぶりで動き出した達夫は、意外な人物にコンタクトをとり…?

その夜、高田(佐々木蔵之介)は百々瀬から、12年前の事件のことで慶介からコンタクトがあり迷惑を被ったと聞く。しかし、百々瀬は「事件の真相を探るつもりだ」と告げ、高田を驚かせる。一方、雪子から慶介の正体を知らされた若葉は、慶介の前に現れ、「お兄ちゃんの居場所を調べる」と持ちかける。同じ頃、達夫を監視中の大地(高木雄也)に魔の手が忍び寄り――。

「FINAL CUT」は毎週火曜日21時~カンテレ・フジテレビ系にて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top