岩田剛典が恋に落ちる“もう一人のヒロイン”登場! 『去年の冬、きみと別れ』本編映像

「EXILE/三代目 J Soul Brothers」の岩田剛典が主演する、現在公開中の映画『去年の冬、きみと別れ』。この度、岩田さん演じる主人公と本作の“もう一人のヒロイン”との出会いが収められた本編映像がシネマカフェに到着した。

映画
『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
  • 『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
  • 『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
  • 『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
  • 『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
  • 『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
  • 『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
  • 『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
  • 『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
「EXILE/三代目 J Soul Brothers」の岩田剛典が主演する、現在公開中の映画『去年の冬、きみと別れ』。この度、岩田さん演じる主人公と本作の“もう一人のヒロイン”との出会いが収められた本編映像がシネマカフェに到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

今回到着した映像は、主人公・耶雲恭介(岩田さん)と土村芳演じる猟奇殺人事件の被害者・吉岡亜希子との出会いのシーンで、耶雲が亜希子に“恋に落ちる瞬間”が切り取られた重要な場面。


本作には、山本美月扮する“美しい婚約者”松田百合子が登場するが、実は亜希子は耶雲の元恋人であり、本作の“もう一人のヒロイン”なのだ。

『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
すでに公開中の予告編などでは耶雲の笑顔が印象的だったが、今回の映像でその視線の先には亜希子がいたということが明らかに。耶雲は、自身が翻訳をした本を読みながら笑ったり、涙したりと豊かな表情を魅せる彼女に釘付けに。そして惹かれ恋に落ち、互いを想い合い、幸せな日々を過ごす2人だったが、とあることをきっかけにすれ違い、亜希子は耶雲の元を去ってしまう…。

『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
本作を観賞した人たちの中で何より反響を呼んでいるのが、映画を観ることによって知ることとなるこのタイトルの意味、そして“愛”というテーマについて。岩田さんは初日舞台挨拶時、「人間が持つ色々な感情というものが描かれ、<愛する人のために人はどこまで変われるのか>というのが、一つのキーワードであると。究極の純愛を描いている作品」と説明していた。

一足先に映画を鑑賞した各界の著名人たちからも絶賛の声が寄せられており、メンタリストのDaiGoは「純愛であるがゆえに、綺麗に騙された。恋はやはり期待するからこそ裏切られ、信じるがゆえに騙される、そんなことを思い出させてくれる映画です」とコメントし、放送作家の鈴木おさむは「同じ男なのに、岩ちゃんの美しさに惚れてしまう」と、一途な愛に生きる耶雲を演じた岩田さんの演技を賞賛する声も。

公開に先立って行われたジャパンプレミアで、北村一輝が「ほかの役柄を演じるとしたら?」の質問に対し答えたのが、“耶雲と亜希子”。2人のデートシーンに触れ“憧れる”と回答。そんな男女共に魅了される2人恋模様も本作の見どころの一つだ。

『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
『去年の冬、きみと別れ』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top