【インタビュー】古川雄輝×桐山漣 萌える熱い友情「特別な出会いだった」

最新ニュース

桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
  • 桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
  • 桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
  • 桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
  • 桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
  • 桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
  • 桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
  • 桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
  • 桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
30代を迎え、よりいっそう役者としての深み、男としての格好良さが増す、桐山漣と古川雄輝。2人は、本広克行監督の最新作『曇天に笑う』で初共演。桐山さんは、主人公の曇天火(福士蒼汰)に助けられ、曇家に居候しながら三兄弟の面倒をみる金城白子。古川さんは、天火の元親友にして右大臣の直属部隊“犲”の隊長・阿倍蒼世を演じている。映画のなかで共演シーンはそれほど多くはないが、『曇天に笑う』で出会った2人は、その縁をきっかけに現在もよき友人として交流が続いている。

桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
──撮影が終わった後も交流が続いている、特別な出会いだったんですね。

桐山:映画のなかでは一瞬しか共演できていないんですが、年齢も近くて話も合う、撮影後も飲みに行ったりしています。

古川:そもそも漣さんがみんなと仲良くできる人なんです。僕は人見知りなので…でも、プライベートで会っても仕事の話は全然しないですよね。

桐山:しないよね。芝居の話は現場で話せばよくて、飲みの席で熱く語られるのはあまり好きじゃなくて…オフはオフでいいんじゃないかなって。

桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
──ですが、この業界は特に熱く語る方、多いですよね。

古川:役者2人で飲みに行くと、そういう話になりがちですよね。役者論とか苦手な俳優の話とか(苦笑)。でも、漣さんとはそうならない。

桐山:そういう人は多いけれど、目の前にいる相手の違う面を知りたいって思うんですよね。

桐山漣『曇天に笑う』/photo:You Ishii
──人に興味があるんですね。そのなかで、古川さんのどんな一面を知ったのでしょうか。

桐山:最初は、インドアな人なのかなって思っていたんですけど、けっこうアウトドアな人でした。

古川:(笑)最初のきっかけは、洋服でしたよね。お互いに服が好きで、こんなセールあるけど行く? って感じで。それから飲み会があるときに誘ってもらったりして、どんどん仲良くなっていきましたね。

古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
桐山:金沢に旅行に行ったりもしたよね。

古川:行きましたねー。

──旅行も一緒って、本当に仲がいいんですね。おふたりを引き合わせた映画『曇天に笑う』についても伺います。この作品に出たいと思った決め手は何だったのでしょうか。

桐山:特に面白いな、と思ったのは──『笑う』ことがこの映画のキーワードでありテーマであることですね。僕の演じた白子に関していえば、曇三兄弟と暮らすことで、徐々に笑うようになっていく、彼らに影響されていく役柄です。どんなにつらいことがあっても笑い飛ばせというのが三兄弟の兄・天火の教えで、作品の中心に『笑う』ことがあることが面白いと思いました。

『曇天に笑う』(C)2018映画「曇天に笑う」製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン
古川:僕は本広監督作品が初めてだったので、それがまず嬉しかったです。僕の演じた阿倍蒼世は犲の隊長でもあるので、強く、格好良くをテーマに演じられたらいいなと。観る人の世代や性別によって、面白さの受け取り方は変わってくると思いますが、本広監督は萌えをテーマにしていたみたいです。

──格好いい男たちの友情や闘いの萌えですよね。

古川:そうですね。天火と蒼世に関しては、もともと同じ部隊“犲”にいて、でもちょっと仲が悪くなって最後は…みたいな、男同士の友情に萌えがあったり、曇三兄弟の仲の良さにも萌えがある。また、男の目線では純粋にアクションシーンは格好いい! となると思います。

『曇天に笑う』(C)2018映画「曇天に笑う」製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン
──初のアクションは大変でしたか?

古川:僕だけ大変でした(苦笑)。僕以外は経験者が多くて、みんなすぐに動くことができるけれど、僕だけついていけなくて…。

桐山:完成した映画を観る限りではキマっていたし、現場でそんな素振りは見せなかったから…。

『曇天に笑う』(C)2018映画「曇天に笑う」製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン
古川:ヒーヒー言ってました。くない(手裏剣の一種)を投げるシーンがあるんですが、くないはCGなので、相手とタイミングを合わせなくてはならなくて、それが難しくて、アクション監督さんにかなり怒鳴られましたね。

桐山:知らなかった。

古川:ピリピリデーがあったんですよ。その日は、何かと現場でピリピリな出来事が重なって、普段はぜんぜん怒鳴ったりする方じゃないんですけど、積もりに積もって、運悪く僕がやらかして引き金を引いてしまった。でも、そうやって大変なことに向きあうからこそ現場の団結感が増したんだと思います。

『曇天に笑う』(C)2018映画「曇天に笑う」製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン
桐山:そうだよね、特に犲の団結力は凄かったよね。

古川:そこにさらっと入って来られる漣さんの社交性も凄いですよ(笑)。

──どういうことですか?

古川:犲のメンバーは出演シーンが同じこともあって、オフのときも一緒にいることが多かったんです。漣さんは犲のメンバーではないのですが、いつの間にか僕らの輪に入っていて、みんなで銭湯も行きましたよね。

桐山:行った、行った。犲のグループLINEがあって、そこに僕も入っているんです。

古川:犲じゃないのに(笑)。

桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
──(笑)ということは、桐山さんは撮影中ずっと役でいるというよりも、カメラの前で役のスイッチがオンオフになるタイプなんですね。

桐山:そういうことになりますね。でも、苦手だなと思う人とは話さないですから、今回の現場は奇跡の組合せだったんだと思います。

──役としては桐山さんの家事姿、印象的でした。

古川:白子が家事をする前に、たすきをかけて結ぶ所作が好きでした。

『曇天に笑う』(C)2018映画「曇天に笑う」製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン
桐山:それも本広監督の萌えポイントだったそうです。演出していただくとき、たすきを(色っぽく)噛んでって言われましたから(笑)。料理については、ひとり暮らしが長くて自炊もするので、特に苦労はなかったですね。

──アイロンをかけるシーンも萌えでしたね。

桐山:たしかに(笑)、僕自身はめったにアイロンがけしないですけど…。ただ、今回の白子は曇三兄弟にとって母親のようなポジションでもあるので、そういう所作はきれいに(女性的に)というのは心がけていました。

桐山漣『曇天に笑う』/photo:You Ishii
──美しかったです。

桐山:ありがとうございます(笑)。

古川:でも、僕らは萌えさせようと思って演じているわけではないので、女性から見ると萌えでも、男性から見ると格好いい男の友情に映る、それが面白いですよね。

古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
──その両方を演出する、それが本広監督のこだわりだったのでしょうね。格好いい男というワードが出てきたところで、おふたりが思う格好いい男とは?

古川:僕にとっての格好いい男って、漣さん、桐山漣なんです。

桐山:ほんとに?

古川:ほんとうです(笑)。僕がこの業界に入りたての頃に初めて漣さんを見たとき、たしか『イケパラ(花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~2011)』だったと思いますが、この人、めちゃくちゃ格好いいなって。ずっと共演する機会はなくて今回が初だったので、実はちょっと警戒(緊張)していました。

桐山:嬉しいなぁ。もっと早く言ってよ。

古川:言いましたよ(笑)。

桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
──いいコンビですね(笑)。そして桐山さんが思う格好いい男とは?

桐山:ぽんちゃん(古川)も格好いいですよね。感情を表に出さないクールさが格好いいなって思います。僕は、内に秘めることができないタイプなので、だから惹かれるし話しかけたくなる。自分にないものを持っている人は格好いいし、刺激を受けます。

古川:ありがとうございます。この映画のキャラクターみんな格好いいけれど、やっぱり福士くんの演じた天火は格好いいですね。

桐山:そうだよね。蒼汰自身は天火のようにガハハと笑うタイプではないし、彼はもともと末っ子だけれど、映画のなかではちゃんとお兄ちゃんを演じていた。そんな蒼汰からももちろん刺激を受けました。

『曇天に笑う』(C)2018映画「曇天に笑う」製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン
──最後に、完成した映画をご覧になって、改めてこの映画のここに惚れたというところはどんなところでしょうか。

古川:僕が個人的に心配していたのは、蒼世が強く見えているかどうか──でしたが、強く見えていたようなので、安心しました。格好いい男たち、強い男たちの映画になっているところがみどころですし、何よりスカッとするところがいいですよね。

桐山:ぽんちゃんは自分が強くいられたのだろうかっていう不安があったようですが、完成した映画を観ると、ちゃんとリーダーだったよ。僕は白子の心の奥、闇の部分を丁寧に演じたいと思っていたので、それが滲み出ていたら、感じ取ってもらえたら嬉しいですね。(text:Rie Shintani/photo:You Ishii)

桐山漣&古川雄輝『曇天に笑う』/photo:You Ishii
《text:Rie Shintani/photo:You Ishii》

関連ニュース

特集

page top