リトグリの歌声に『マンマ・ミーア! 』キャスト&ファンが大合唱!ワールドプレミア開催

最新ニュース

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ロンドン・ワールドプレミア (c) Universal Pictures
  • 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ロンドン・ワールドプレミア (c) Universal Pictures
  • 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ロンドン・ワールドプレミア(c) Universal Pictures
  • 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ロンドン・ワールドプレミア(c) Universal Pictures
  • 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ロンドン・ワールドプレミア(c) Universal Pictures
  • 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(c)Universal Pictures
  • 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(c)Universal Pictures
  • 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(c)Universal Pictures
  • 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ロンドン・ワールドプレミア (c) Universal Pictures
いまなお愛され続ける「ABBA」のヒット曲で構成され、全世界で大ヒットした『マンマ・ミーア!』。10年越しの続編となる『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が日本公開を間近に控える中、この度、キャストが勢ぞろいしたワールドプレミアがロンドンで開催された。

>>『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』あらすじ&キャストはこちら

ワールドプレミアは、現地時間の7月16日(月)17時、舞台「マンマ・ミーア!」の本拠地であるロンドンにて開催。会場となったイベンティム・アポロは、1932年の開館以来、「ビートルズ」やデヴィッド・ボウイなどもかつてコンサートを行った“音楽の殿堂”と称される由緒あるホールだ。当日は会場に映画の公開を待ち望む総勢1,200人のファンも駆けつけ、取材陣は地元イギリスをはじめヨーロッパ各国、アメリカ、アジアなど、世界各国から多数集まり、本作に世界中から寄せられる期待度を物語っていた。

日本からLittle Glee Monster が本作のアンバサダーとして出席!


『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ロンドン・ワールドプレミア (c) Universal Pictures120mにわたる鮮やかなブルーカーペットに姿を現したのは、“歌で人々の心を歓喜させる”というコンセプト、そして若年層だけでなく、幅広いファン層を誇り、本作の“ジャパン・アンバサダー”に就任した「Little Glee Monster」(以下、LGM)。映画の世界観をイメージした爽やかな白いドレスで、世界から集まった報道陣の中、ファンの声援に笑顔で手を振りカーペットを歩いた。

さらに今回、「ABBA」 のベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルバースと夢の共演も果たし、本人たちの前で名曲「ダンシング・クイーン」をアカペラで披露! その歌声はベニーも思わず一緒に口ずさんでしまうほどで、聞き終わった 2 人からは「VERY PURE!(なんてピュアな歌声なんだ!)」と、お墨付きをもらうほどだった。

予想を超える豪華キャストが出席


『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ロンドン・ワールドプレミア(c) Universal Picturesそして本作のキャストも続々と登場。前作からのオリジナルキャスト、アマンダ・セイフライド、ピアース・ブロスナン、ステラン・スカルスガルド、コリン・ファース、クリスティーン・バランスキー、ドミニク・クーパー、そして、もちろんアカデミー賞女優メリル・ストリープらが出席。

本作から新たに加わったリリー・ジェームズ、ジェレミー・アーヴァイン、ジョシュ・ディラン、ヒュー・スキナー、アレクサ・デイヴィーズ、ジェシカ・キーナン・ウィンのフレッシュキャストに加え、大御所のアンディ・ガルシア、グラミー賞受賞のシェールの2名に加え、前作から引き続き製作総指揮を務めたトム・ハンクスまで登場。予想を超える豪華なフルメンバー登場に会場は大いに沸いた。

若き日の主要キャラを演じたフレッシュなキャスト陣!


『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ロンドン・ワールドプレミア(c) Universal Picturesドナの若き日を演じるリリーは「揺れるボートの上で歌い踊るシーンが大変だった」と撮影の苦労を語り「日本の皆さんともこの映画を共有できることを本当にうれしく思います。前作よりも“愛”も“喜び”もパワーアップしています」と日本へ向けてメッセ―ジを送った。

リリーだけではなく、ピアース演じるサムの若い時代を演じたジェレミーは「ピアースは僕の一番好きな“ジェームズ・ボンド”なんだ。彼の演じた役を演じるのはプレッシャーがあったけれど、皆と一緒に本当に楽しんで演じることができた」と語り、ジョシュは「映画のオープニングナンバー、そしてエンディングナンバーがとってもスペシャルだよ!」「クロアチアでの撮影期間中は僕ら若手のキャストたちはずっと一緒に過ごしていたので絆が深まったんだ」と撮影期間中の思い出を語った。

また、ヒューやアレクサ、ジェシカらフレッシュキャストの面々は「LGM」が日本で人気のヴォーカルグループと知るや否や、一緒になって「LGM」が歌う「ダンシング・クイーン」にあわせてダンスする一面も。なんと彼女たちの歌声が会場のファンたちをも巻き込み大合唱となり、会場はハッピーな雰囲気に包まれた。

大御所・シェールも「ブラボー!」感激のひと幕も


『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ロンドン・ワールドプレミア(c) Universal Picturesそして、最後に現れたのはグラミー賞、アカデミー賞主演女優賞どちらも受賞経験を持つ大御所・シェール。彼女もまた「LGM」の歌声に思わず立ち止まり「ブラボー!この歌、すごく難しい歌なのに!」と思わず驚きの様子を見せた。

プレミアイベントを終えた「LGM」は「世界に通用するヴォーカルグループになることが目標でしたが、このプレミアを経験してその気持ちが一層強くなりましたし、もっともっと海外の皆さんに歌を届けていきたいなと思いました」と、興奮を隠しきれない様子で世界への手ごたえを口にした。会場の盛り上がりが冷めやらぬ中、プレミアイベントは幕を閉じ、その後に行われた上映会も3,000人の来場者により、さながらライブのような盛り上がりを見せ、まさに“音楽の殿堂”に相応しいワールドプレミアとなった。

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』は8月24日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top