ニコラス・ホルトが「ライ麦畑」原作者のJ.D.サリンジャーに!ポスター&予告も公開

来年1月に日本でも公開される『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。主演にニコラス・ホルトを迎え、J.D.サリンジャーの半生が描かれる。

映画 洋画ニュース
来年1月に日本でも公開される『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。主演にニコラス・ホルトを迎え、J.D.サリンジャーの半生が描かれる。

>>『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』あらすじ&キャストはこちら

英米文学を代表する“青春バイブル”である「ライ麦畑でつかまえて」。原作者であるJ.D.サリンジャーが2019年1月1日に生誕100周年を迎える。それを記念して製作された『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』は、いままで語られてこなかったJ.D.サリンジャーの半生を綴る自伝的作品。第二次世界大戦後のN.Y.を舞台に、若きサリンジャーの日々が映し出される。

主演のサリンジャー役には、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『X-MEN』ニコラス・ホルト。また、サリンジャーの才能を見出した編集者、ウィット・バーネットをケヴィン・スペイシーが演じる。そして、『大統領の執事の涙』で脚本を担当し、俳優でもあるダニー・ストロングが本作で初めて長編映画のメガホンをとった。

ニコラス・ホルト-(C)Getty Imagesニコラス・ホルト-(C)Getty Images
今回公開となったのは、物憂げな表情でタバコを片手に佇むサリンジャーの姿が印象的なポスター。どこかミステリアスな雰囲気は、「ライ麦畑をつかまえて」の誕生の謎、また、サリンジャー自身の作家人生の謎を彷彿とさせる。“孤高の天才”とも言われた理由が明かされる本作の期待が、さらに高まるビジュアルとなっている。

『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』ポスター
また同時に予告編も解禁となった。学生時代から始まり、作家としてのデビュー、挫折、戦争、出会いといったサリンジャーの人生のターニングポイントであろうシーンが散りばめられた予告編。主演のニコラス・ホルトやケヴィン・スペイシーの演技力を垣間見ることができる。


『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』は2019年1月18日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top