ウィル・スミス版ジーニーは「頼れるお父さん」!?『アラジン』監督が明かす

『アラジン』の監督ガイ・リッチーが、ウィル・スミスが演じることで早くから話題を呼んでいた実写版ジーニーのキャラクターについて語った。

映画 洋画ニュース
『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』 (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • ガイ・リッチー-(C)Getty Images
  • ウィル・スミス-(C)Getty Images
  • 『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
名作アニメーションを空前のスケールで実写映画化する『アラジン』。この度、本作の監督を務めたガイ・リッチーが、ウィル・スミスが演じることで早くから話題を呼んでいた実写版ジーニーのキャラクターについて語った。

>>『アラジン』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、人生を変えたいと願う貧しい青年アラジンと自由に憧れる王女ジャスミンの身分違いのロマンスと、願いを叶える魔法のランプを巡る冒険、そしてコミカルなノリで人気のランプの魔人ジーニーなどのキャラクター、そして名曲「ホール・ニュー・ワールド」と共にディズニーが贈るエンターテインメント大作。

『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
ランプの魔人ジーニーは、魔法のランプを巡る大冒険の中で主人公のアラジンと友情を育み、作品のユーモアパートもけん引する大事なキャラクター。演じるのはハリウッド最強のエンターテイナー、ウィル・スミスとあって、実写となって蘇ったジーニーは、その全貌を現したときから世界中の話題となっていた。

「ちょっとうぬぼれが強いところ」も


ガイ・リッチー-(C)Getty Images
そんなジーニーに関してガイ・リッチーは、「筋肉質で頼れるお父さんのようなキャラクターを僕は求めていたんだ」と言う。続けて「力強い存在だと感じられるくらい十分に大きくて、部屋に彼がいれば誰もがそのことに気付くような存在感があるような感じにね」と語り、非常に存在感のあるキャラクターにしたかったことを明かした。

さらにリッチー監督は、「この映画のジーニーは、ちょっとうぬぼれが強いところを私は気に入っているんだ。彼は長年ランプの魔人を務めているから、そんな自分が他人からどう見られているかを気にしているのさ(笑)」と、その内面に関しても少しだけ語ってくれた。

ウィル・スミスも太鼓判!「特別なものになる」


ウィル・スミス-(C)Getty Images
オリジナルのアニメーション版の中でも、アラジンとジーニーの物語はドラマを語る上で重要なパートの1 つ。何百年もの間ランプの魔人として生き続けてきたジーニーは、新しい主人となったアラジンの“願い”を叶えながらも、まだ若く、世の中を知らないアラジンに人生のアドバイスをする。2人はユーモア溢れる掛け合いをみせながら友情を育んでゆくのだ。

広告の後にも続きます
さらに本作では、ジーニーが“ちょっとうぬぼれ屋のお父さん”のようなキャラクターになったことで、この2人の関係性はより面白く、そしてエキサイティングに昇華しているはず。ジーニーを演じたウィルも「きっとこの作品は数あるディズニー作品の中でも特別なものになるはずだよ! だってディズニーのこれまでの歴史の中で、あんなヒップホップなフレーバーはほとんどなかったからね!」と自ら語り、作品の完成度に太鼓判を押している。

『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『アラジン』は6月7日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top