菜々緒の“ママ”ぶりに「新鮮」「優しい顔」の声多数…「インハンド」第7話

山下智久が天才寄生虫学者に扮し濱田岳、菜々緒が共演する「インハンド」の第7話が5月24日放送。菜々緒演じる牧野巴と娘との“親子愛”を描いた今回、菜々緒さんの“ママ”としての表情に「新鮮」などの声が続々と寄せられている。

最新ニュース
「インハンド」第7話 (C) TBS
  • 「インハンド」第7話 (C) TBS
  • 「インハンド」第7話 (C) TBS
  • 「インハンド」第7話 (C) TBS
山下智久が天才寄生虫学者に扮し濱田岳、菜々緒が共演する「インハンド」の第7話が5月24日放送。菜々緒演じる牧野巴と娘との“親子愛”を描いた今回、菜々緒さんの“ママ”としての表情に「新鮮」などの声が続々と寄せられている。


「イブニング」(講談社)連載中の朱戸アオによる同名コミックをドラマ化した本作。ロボットハンドの義手を持つ変わり者の天才科学者・紐倉哲を山下さんが、紐倉の助手となるお人好しで正義感の強い救命医・高家春馬を濱田さんが、クールでやり手な官僚・牧野巴を菜々緒さんがそれぞれ演じ、彼らが次々と起こる難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリー。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。


牧野に娘がいることを知った紐倉と高家。2人は内閣官房サイエンス・メディカル対策室(SM)の室長・網野(光石研)から、牧野の娘・美香が生まれつき免疫に欠陥があるPID(原発性免疫不全症候群)で入院していることを知らされる。PIDの有効な治療法は骨髄移植だが、適合するドナーは見つからず母親の牧野とも一致しない。さらに牧野の夫・賢一(永岡卓也)は事故で他界していた。

牧野は紐倉に美香のためにPIDの治療法を見つけてほしいと懇願する。珍しくその願いを引き受けた紐倉だったが、それは牧野が新たに子供を産み、その子供をドナーにする“救世主兄弟”を作ろうとしていることに気付いたからだ…というのが今回のストーリー。


仕事と看病、体外受精の負担が重なって限界に近づく牧野。さらに腸炎が悪化し意識を失う美香。打つ手なし…と思われたが、紐倉は賢一が保存していた彼の“糞便”を移植することを提案。美香を救うというラストだった。

菜々緒さんといえば「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」「好きな人がいること」「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」などでの“悪女キャラ”でブレイクしたが、今回は“母親”という今までにない役柄を演じることに。難病の娘に愛情を注ぐその姿に「とーーーっても、優しい顔」「母親の苦悩よく表現している」「母親役やるくらいの立派な女優さんになってた… 凄い」といった声が上がっており、「菜々緒って悪魔か美女か独身か(またはその全て)って役が多いイメージなのでこういう役は新鮮」と“母親”姿も好評の模様だ。

「インハンド」は毎週金曜22時~TBS系で放送中。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top