グレタ・ガーウィグ、スピルバーグ監督の助言により『若草物語』をフィルム撮影

グレタ・ガーウィグ監督が、『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』を撮るにあたり、スティーヴン・スピルバーグ監督のアドバイスを受けていたことを「The Hollywood Reporter」に明かした。

最新ニュース ゴシップ
『Little Woman』キャスト陣 (C) Getty Images
  • 『Little Woman』キャスト陣 (C) Getty Images
  • 『Little Women』(原題) (C) APOLLO
  • グレタ・ガーウィグ-(C)Getty Images
  • 『Little Women』(原題) (C) APOLLO
  • 『Little Women』(原題) (C) APOLLO
  • 『Little Women』(原題) (C) APOLLO
  • 『Little Women』(原題) (C) APOLLO
グレタ・ガーウィグ監督が、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』を撮るにあたり、スティーヴン・スピルバーグ監督のアドバイスを受けていたことを「The Hollywood Reporter」に明かした。

数年前にスピルバーグ監督に会ったというガーウィグ監督。偶然にも『若草物語』は、スピルバーグが監督した『リンカーン』(2012年)と舞台が同じ南北戦争の時代であったことから、貴重なアドバイスを得られたという。

スピルバーグ監督は「フィルムで撮るべきだ。匂いが違うんだから。1861年の物語を撮るのに、デジタルじゃダメだよ。そんなことはさせられない」とガーウィグ監督を説得し、なんと、『ジュラシック・パーク』(1993)で使用したフィルムカメラを見せてフィルムの匂いをかがせたのだとか。

さらに、スピルバーグ監督は、ガーウィグ監督が執筆した『若草物語』の脚本についても助言。ガーウィグ監督は「そこに座って、だれかにストーリーを伝える練習だ」と言われ、どんな物語なのか、詳しく説明させられたという。参考になりそうな映画として、デヴィッド・リーン監督の『逢引き』を紹介してもらったとも。

『若草物語』をフィルムカメラで撮る決意をしたガーウィグ監督は、製作・配給のソニー・ピクチャーズの映画部門の会長トム・ロスマンに「なんでフィルムで撮るの?」と尋ねられた。「スピルバーグ監督にフィルムカメラの匂いをかがされたから!」と答えたそうだ。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top