北川景子がイザベラ役! 浜辺美波演じるエマを追い詰める…『約束のネバーランド』

女優・北川景子とお笑いタレントの渡辺直美が、実写映画『約束のネバーランド』に出演決定。物語の大きなカギを握る“飼育監”を演じる。

映画 邦画ニュース
『約束のネバーランド』(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
  • 『約束のネバーランド』(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
  • 『約束のネバーランド』 (C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
  • 『約束のネバーランド』 (C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
  • 『約束のネバーランド』 (C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
  • 『約束のネバーランド』 (C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
女優・北川景子とお笑いタレントの渡辺直美が、実写映画『約束のネバーランド』に出演決定。物語の大きなカギを握る“飼育監”を演じる。

>>『約束のネバーランド』あらすじ&キャストはこちらから

「家売るオンナ」シリーズや『スマホを落としただけなのに』などに出演し、先日、綾野剛主演『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』への出演も発表された北川さんが演じるのは、孤児院“グレイス=フィールド”の子どもたちの最愛のママであり、ママ界のトップオブトップであるイザベラ。慈愛と微笑みに満ちた理想的なママの姿と、鬼の手下として冷酷かつ無慈悲な態度でエマらを追い詰める、衝撃的な2面性を演じ分ける。

オファー後、漫画を読んだという北川さんは「とても面白くて漫画の世界観に引き込まれていきました。特に私は年齢も近いイザベラにとても惹かれましたし、こんな面白い漫画は初めてだ!と大興奮で一気に読みました」と感想を明かす。

「ただ、この役のオファーをお受けするかどうかはなかなか決断することができずギリギリまで考えました。原作ファンの方々も大変多くいらっしゃいますし、オファーをいただいた時は、私には難しいのではないかなという気持ちの方が大きかったです」とオファーを受けるかすごく悩んだそうだが、「最終的には以前一度ご一緒した平川監督とまた現場を踏んでみたいという思いと、イザベラの年齢設定やキャラクター含め原作の設定を一つも変えないという確約をいただけましたので、思い切ってお受けしようと決めました」とコメントしている。

そして、イザベラの手下のシスターながらに下克上を狙うクローネを渡辺さんが演じることも明らかに。表情豊かかつ過剰なほどの動作で原作でも異色キャラとして注目のクローネ。「あの表情や感情が豊かなクローネを実写でしっかり表現出来る様に、監督と相談しながら全力でチャレンジしました!」と撮影をふり返った渡辺さんは、「そんな激しいクローネに現場の小さな子供たちは軽く引いてましたが…笑」と明かしている。

そんな2人の出演に関して、天真爛漫で誰よりもまっすぐな主人公・エマを演じている浜辺美波は「原作を読んでいてイザベラとクローネには、何度もゾッとさせられましたし、泣かされもしました。北川さんと渡辺さんが決まったとお聞きした時、エマ、レイ、ノーマンに立ちはだかる存在としては、これ以上ない二人だと思いました」とコメント。

広告の後にも続きます
また「北川さんとのお芝居はいつも刺激的でドキドキしていましたし、渡辺さんのシーンは現場で笑いを抑えるのが大変な時もありました。エマとしても、読者としても、お二人がぴったりすぎて幸せです。映画の完成が早くも待ち遠しいです!」と2人との共演をふり返りながら映画完成に期待を寄せている。

『約束のネバーランド』 (C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
『約束のネバーランド』は12月18日(金)より全国東宝系にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top