笠松将主演『花と雨』がABEMAで独占先行放送決定

数々のアーテェストに影響を与えたHIP HOPレジェンド<SEEDA>の伝説のアルバム「花と雨」を原案にした、SEEDAの半自伝的映画『花と雨』。今年1月に全国劇場公開され大きな話題を呼んだ本作が、8月1日(土)、8月2日(土)、にABEMAで独占先行配信される事が決定した。

映画 邦画ニュース
SEEDA歴史的名盤が原案 映画『花と雨』ABEMAで独占先行放送決定
  • SEEDA歴史的名盤が原案 映画『花と雨』ABEMAで独占先行放送決定
 数々のアーテェストに影響を与えたHIP HOPレジェンド<SEEDA>の伝説のアルバム「花と雨」を原案にした、SEEDAの半自伝的映画『花と雨』。今年1月に全国劇場公開され大きな話題を呼んだ本作が、8月1日(土)、8月2日(土)、にABEMAで独占先行配信される事が決定した。


 本作は、日本のHIPHOP黎明期から今に至るまで、独自の感性でその最先端を走り続けてきたアーティスト・SEEDAが2006年に発表し、多くのアーティストに影響を与えた伝説的アルバム「花と雨」を映画化。彼の自伝的なエピソードが色濃く反映された同アルバムに、新進気鋭の映像作家・土屋貴史がその魂に共鳴。圧倒的な映像美をもって映像化を果たした。

 ストーリーの舞台は90年代の日本。「現実と理想」「生と死」「アイデンティティの探求」など様々なテーマを通じて、“何者かになりたい”一人の青年が葛藤しながら成長する姿を描く。尚、本作ではSEEDA自身が音楽プロデュースも担当。仙人掌が演技指導を担当したほか、日本を代表するHIPHOPのアーティストが集った本格派の音楽青春映画となっている。


 主演には次世代の演技派として日本映画界の注目を集める笠松将を抜擢。向こう意気の強さと脆い雰囲気を兼ね備え、役への熱量と圧倒的なパフォーマンスで主人公吉田を見事に演じ切る。他にも岡本智礼、大西礼芳を始めとするフレッシュなキャスト達が魅せる渾身の演技は観る者たちの心を揺さぶる。監督はPerfume、水曜日のカンパネラを始めBjörkなどのミュージッククリップを手掛ける、映像ディレクター土屋貴史。カンヌライオンズを始め数々の広告賞を受賞し、海外からの評価も高い土屋による本作は長編映画初監督作とは思えない、その計算し尽くされた抒情的な映像美、独特のリズム、大胆なカメラワークなどが光り、新しい映画作家の誕生を感じさせ、第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 正式出品作品にも選出された。


 今回、8月5日のDVD/Blu-ray発売に先駆けABEMAでの独占先行放送が決定。劇場以外での公開は今回が初となる。

放送情報


8/1(土)21時~ABEMA SPECIAL 2チャンネル
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/9uq7ngQpHspLxf

8/2(日)23時/ドラマチャンネル
https://abema.tv/channels/drama/slots/9uq7obCJgJPNBh
 

ストーリー


 幼少期、ロンドンで育った主人公の吉田は、閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。同級生や現実を冷めた態度で見つめ満たされない日々。そして次第に学校から距離を置くようになった時、"Hip Hop"と出会った。Hip Hopを通じて日本で初めて自分が表現できる場所・仲間とも出合い、身も心も"Hip Hop"にのめり込んでいく。吉田は、いつか海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸にラッパーとしての練習や活動をしながらストリートでは、ドラッグディールで実績と自信をつけていく。しかし、物事はそう簡単にうまくはいかなかった。ラップバトルで再会する同級生には負け、掴みかけたチャンスは仲間に裏切られ次々と失った。初めて自分の居場所だと思えたからこそ、その現実の厳しさに晒され、自分を見失って行く。

 Hip Hopへの情熱も薄れ、いつしか単なるドラッグディーラーに成り下がっていた。

 夢に邁進する姉の麻里とも距離を置くようになり、いつまでもうまくいかない現実から逃げる吉田は、ついに逮捕されるはめに。

 そして追い打ちをかけるように、ある悲劇が訪れる。 絶望の果てで、吉田はラッパーとして、一人の人間として、もう一度立ち上がろうとする―。


(c)2019「花と雨」製作委員会 

SEEDA歴史的名盤が原案 映画『花と雨』ABEMAで独占先行放送決定

《ABEMA TIMES》

特集

関連記事

特集

page top