斎藤工&ムロツヨシ&夏帆らが参加、オムニバス映画『緊急事態宣言』配信

日本を代表する監督と豪華キャストが参加したオムニバス映画『緊急事態宣言』が、Amazon Prime Videoにて独占配信されることが決定した。

映画 邦画ニュース
『緊急事態宣言』(C) 2020 Transformer, Inc.(上の段左から) 斉藤工、渡辺真起子、ムロツヨシ、岩瀬亮、夏帆    (下の段左から)  岸井ゆきの、柴咲コウ、内田慈、ふせえり
  • 『緊急事態宣言』(C) 2020 Transformer, Inc.(上の段左から) 斉藤工、渡辺真起子、ムロツヨシ、岩瀬亮、夏帆    (下の段左から)  岸井ゆきの、柴咲コウ、内田慈、ふせえり
  • 『緊急事態宣言』(C) 2020 Transformer, Inc. (左から)園子温、中野量太、非同期テック部(上から:ムロツヨシ+真鍋大度+上田誠)、真利子哲也、三木聡
日本を代表する監督と豪華キャストが参加したオムニバス映画『緊急事態宣言』が、Amazon Prime Videoにて独占配信されることが決定した。

本作は、緊急事態のさなかで生まれた企画。“緊急事態”の記憶を、あるいはそれがもたらした変化や意味を、5組の監督たちの手で映画の形へと刻み込む。

作品ラインアップは、園子温監督『孤独な19時』、中野量太監督『デリバリー2020』、ムロツヨシら「非同期テック部」による『DEEPMURO』、真利子哲也監督『MAYDAY』、そして三木聡監督『ボトルメール』の5作品。

『緊急事態宣言』(C) 2020 Transformer, Inc. (左から)園子温、中野量太、非同期テック部(上から:ムロツヨシ+真鍋大度+上田誠)、真利子哲也、三木聡
『孤独な19時』には、斎藤工をはじめ、田口主将、中條サエ子、関幸治、輝有子、鈴木ふみ奈が出演。『デリバリー2020』には、渡辺真起子、岸井ゆきの、青木柚が、『DEEPMURO』では、ムロさんが主演も兼任し、柴咲コウ、きたろう、阿佐ヶ谷姉妹が参加。

『MAYDAY』には、各国の人々が出演し、日本パートには岩瀬亮と内田慈が。『ボトルメール』には、夏帆、ふせえり、松浦祐也、長野克弘、麻生久美子が出演する。

本作は、新型コロナウイルス感染拡大防止を徹底した状況で撮影。いずれの作品も「緊急事態」をテーマに、それぞれが全く異なるアプローチで、全く違う5つの映画をつくりあげる。

また今回、特報映像も到着。ホラー映画のように叫ぶ映像や、防護服を身にまとった斎藤さん、驚くムロさんと柴咲さんなど、各物語の映像を少し覗くことができる。

広告の後にも続きます

監督&キャストコメント


園子温監督(『孤独な19時』)


現状が、「フィクションのような」時代に、頭が狂わないように、正気を保つために映画を作り続ける事が、大事だ。

斎藤工(『孤独な19時』)


この混沌とした時代を生き抜く先に光はあるのだろうか。列島が未曾有の疫病や災害に苦しむ中、暗闇にもがく中、映画に出来る事は何なのだろうか。その一つの答えを園子温監督は本作により出してくれたと思っています。この作品を届けたい人、届けたかった人に届く事を心から願います。

中野量太監督(『デリバリー2020』)


コロナ禍の制限された条件の中で、いったい何を撮れるのか? 考え抜いた僕の結論は、やっぱり家族でした。
今、日本中のどの家族にも起こり得る食卓の話です。でもきっと、今まで誰も観たことが無い食卓の物語です。

渡辺真起子(『デリバリー2020』)


どんな状況であろうが、中野量太監督の歩き方はかわらない。目標を決めています。当たり前のようですが、そこへ向かう監督としての背中をみているのが、私は好きなので、声をかけられたら、一緒にいきます!って答えちゃいます。そして撮影を終えると、物語を通して家族っていいなって、しみじみ思います。

岸井ゆきの(『デリバリー2020』)


『デリバリー2020』は居る場所はバラバラでも同じものを待っている家族の話。何が届くのか。是非ご覧ください。

ムロツヨシ監督(兼・主演)(『DEEPMURO』)


緊急事態宣言というものが出されて、非同期テック部は始まりました。今できること、やりたいことを話し合い辿り着いた、
一つの答えです。ただただ楽しみにしていてください。変な、恋の、おかしな恋の、お話です。

真鍋大度監督(『DEEPMURO』)


人の心を動かすものは何か。表情とは一体何なのか。DEEPなムロさんを観 て色々なことを考えました。
AI技術が作り出す不思議な表現を楽しんで頂ければ幸いです。

上田誠監督(『DEEPMURO』)


ちょっと胸がざわつくようなテックを使いました。しかし来るべき未来だそうです。
果敢に顔をかしてくれたキャスト陣に感謝です。

柴咲コウ(『DEEPMURO』)


ムロさんとのラブストーリーとお聞きして、驚きと楽しみを持って撮影に挑みました。それがあんなことになるなんて・・・!

真利子哲也監督(『MAYDAY』)


緊急事態宣言中に完全リモート撮影の依頼を受けて、エジソンとリュミエールを見直して映画のはじまりから考えました。それから世界中の友人たちに声をかけて、コロナ禍にある2020年5月のビデオレターをもらったら、いろんな思いが浮かび上がってきました。それぞれは些細なことかもしれないけど、それがひとつに繋ぎ合わさった『MAYDAY』には、はじめて映画をみた人たちが味わったような驚きと発見があるように思います。

岩瀬亮(『MAYDAY』)


隣の人、遠くの人。知っている人、知らない人。その人達に思いを巡らせたり知りたいと思ったり。この映画に関わりながらそんなことを考えました。

内田慈(『MAYDAY』)


憧れの真利子組に。14か国・21都市の人々が関わる異色作。監督とリモートで相談しながら、コロナ下の日常をテーマに各都市各々で素材を撮影。出来上がったものは、各パートが作用しあって作品全体がうねり、テーマが立ち上がる妙はもう「観て」としか言えない。東京パートとして関われたこと、心から幸せです。

三木聡監督(『ボトルメール』)


街を捨てよネットに行こう。ギャグに右も左も無いけれど、右よりなコメディと右よりなコボケをカマしまくる現実が跋扈する今日この頃、今回は左よりな感じです。パヨクですが何か?

夏帆(『ボトルメール』)


唯一無二な三木さんの世界観に、ずっと憧れていました。そんな、初の三木組。意気揚々と現場に向かったものの、自粛明けのブランクがあるなかでの撮影は、今までとは勝手が違い、それはそれはハードでした。今だからこそ、つくれる作品。そこに三木さんのシュールな笑いが融合して、ざらりとした不思議な作品になったのではないかと思います。ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです。

ふせえり(『ボトルメール』)


この『ボトルメール』は、三木作品の中でも特にぶっ飛んだ内容なので、真面目に観ないで頂きたい。制限のある中で作品を作るのは大変だが、バカパワーは出る。出演してる私も、バカパワーで演じた。

『緊急事態宣言』は8月28日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top