清原果耶、L.A.からリモート参加の桃井かおりと再会「画面越しでも嬉しいです!」

『宇宙でいちばんあかるい屋根』完成披露試写イベントに主演の清原果耶と藤井道人監督が登場、そして“星ばあ”役の桃井かおりがL.A.から生中継で登場して盛り上げた。

最新ニュース レポート
『宇宙でいちばんあかるい屋根』完成披露試写イベント (C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • 『宇宙でいちばんあかるい屋根』完成披露試写イベント (C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • 『宇宙でいちばんあかるい屋根』完成披露試写イベント (C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • 『宇宙でいちばんあかるい屋根』完成披露試写イベント (C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • 『宇宙でいちばんあかるい屋根』完成披露試写イベント (C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • 『宇宙でいちばんあかるい屋根』(C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • 『宇宙でいちばんあかるい屋根』(C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • 『宇宙でいちばんあかるい屋根』(C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • 『宇宙でいちばんあかるい屋根』(C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
作家・野中ともその同名小説を映画化した『宇宙でいちばんあかるい屋根』の完成披露試写イベントが開催。会場には主演の清原果耶と藤井道人監督が登場、そして“星ばあ”役の桃井かおりが宇宙でいちばん“遠距離”な完成披露試写会と題し、L.A.から生中継で登場して盛り上げた。

>>『宇宙でいちばんあかるい屋根』あらすじ&キャストはこちらから

登場するや「こっちは夜中の2時半よ~。健気でしょ桃井!」と早速、桃井節を炸裂、会場を沸かせた桃井さん。「本当にこの時期に封切ができる幸せをしみじみ感じています。とにかくいい映画なので!宜しくお願いします!」と挨拶した。

まず、桃井さんが最近の生活について聞かれると、「えーっとね、日本よりはマシ??よ(笑)。ニュースを観てる感じだと、日本はみんなくっつきすぎてるように見えるし、なんかアメリカの方が結構2メートルキープしてるし、マスクもしてる。スーパーに行っても、人数制限してるし、ものすごく近寄らないように注意してる!」と回答。自宅では「とにかくお店が開いてないので、毎日ご飯を作るのを本気でやっています。もういちいち買いに行ってる場合じゃないぜベイビーってね(笑)」とL.A.での生活ぶりを明るく話した。

『宇宙でいちばんあかるい屋根』完成披露試写イベント (C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
久しぶりの対面となる桃井さんに対し、清原さんは「お久しぶりです~、お元気ですか?」と声掛けすると、桃井さんは「元気ですよ~!」と満面の笑顔。1年ぶりの画面越しの再会に「いや~本当はそっちに行ければ良かったんだけどねぇ」と桃井さんが言うと、清原さんは「画面越しでも嬉しいです!」と応じた。

清原果耶「終わったっていう安心感にも似た喪失感みたいなものが大きかった」


『宇宙でいちばんあかるい屋根』完成披露試写イベント (C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
完成した本作を観た感想について、清原さんは「私はもう正直放心状態になってしまいました。初主演作という言葉だったりとか、エンドロールで自分の歌った歌が流れるとか、中々客観視できなくて。あ、終わったっていう安心感にも似た喪失感みたいなものが大きかったような気がしています。一緒に初号を観たスタッフのみなさんが、すごい良かったよ!っていう言葉をかけて下さったので、いい作品になったんだな。良かったなって。嬉しい気持ちはありました」と喜びを噛みしめながらコメント。

桃井さんは「私は反対に、今まで自分が出た映画の中でいちばん自分が出てることが気にならなかった映画」と語り、「監督が、これは群像劇じゃなくて彼女(つばめ)の世界を描いてるんだって。出来上がって作品を観たらそれがよく分かって、観てすぐに監督にメールしたくらい」と言うと、藤井監督は「はい、すごい嬉しいメッセージをいただいて、心臓がバクバクバクってなりました(笑)」と告白。

広告の後にも続きます
そんな藤井監督について、本作が初めての藤井組となる桃井さんは、「『新聞記者』を観て、その話をしているときにメールをいただいたので、運命を感じたのもあるし、監督がこんなものを作るのかっていう驚きもあったし、ワクワクもしたし、本当に年を取ってきたので、こういうオファーを待っていたという思いで嬉しかったです」と明かした。

桃井かおり、ストイックな清原果耶を絶賛「絶対に邪魔しちゃいけないなと」


『宇宙でいちばんあかるい屋根』(C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
本作で名コンビを演じた清原さんと桃井さん。お互いの印象に聞かれた清原さんは「私が何か口にするのもおこがましいんですけど…、一緒にお芝居をしていてこちら側に伝わってくるエネルギーの濃さとか強さみたいなものがとてつもなく大きくて、前を向かなきゃって奮い立たされるよな、現場でご一緒していて必死に後を付いていきたくなるようなそんな印象でした」と語る。

桃井さんは「ものすごい孤独な女優さんだなっていう(笑)すごい真面目で本気で作品を見ているし、自分が何をすべきかを見ているから、絶対に邪魔しちゃいけないなという気持ちになったし、彼女がやろうしている、真剣にストイックに考えていること、彼女の表現しようとしていることが見えなくて、冗談抜きで私が付いていったんですよ。それで映画を観て、あぁ良かった!って本当に思いました」と話すと、清原さんは「いやぁ、なんて答えたらいいかわからないです」と、大女優からの絶賛に言葉を詰まらせるひと幕も。

そして、『デイアンドナイト』に続くタッグとなった清原さんについて、藤井監督は「今回の清原さんの役柄は『デイアンドナイト』とは正反対ですし、作品のトーンが違ったので、僕自身もすごく緊張して挑んだんですけど、最初からつばめでいてくれたので、衣装合わせから提案してもらったり、とても良い信頼関係で撮影することが出来ました」とふり返る。

『宇宙でいちばんあかるい屋根』完成披露試写イベント (C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
一方、桃井さんについては「クランクインまでずっとスカイプでやり取りをしていて、撮影中に初めてお会いしました。自分からすると、桃井さんの映画を観て育ってきたので、監督ぶってましたけど足はめちゃくちゃ震えてました(笑)」と告白。「桃井さんが『ハーイ!エブリバディ―!』ってみんなを盛り上げてくれたこともですし、自分の監督人生の中でとても嬉しかったのが、桃井さんから提案してくれた言葉がたくさんあって、その言葉が自分にすごく刺さったー。それが、清原さん演じるつばめにもリフレクションしてとても良いシーンになりました」と、大先輩との緊張の初タッグをふり返っていた。

そんな桃井さんに、観客から寄せられたのが「今のこの全世界的にも厳しい時期に、星ばあだったら何て言うでしょうか?」という質問。これに対し、桃井さんは「生きとけ!ってことですかね。とにかく歳食ってみてはっきりわかったのはね、若いときに考えてたほど人生長くないんだなって。やっぱり生きてるってことは結構面白いなって、歳食ってからもまた人生面白いのでね、とにかく生きとけ!ですかね」と、“星ばあ”さながらの金言を披露していた。

『宇宙でいちばんあかるい屋根』(C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
『宇宙でいちばんあかるい屋根』は9月4日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top