田中裕子の“心の声”濱田&青木&宮藤で毎日賑やか!『おらおらでひとりいぐも』場面写真

田中裕子主演『おらおらでひとりいぐも』から、主人公・桃子さんの「寂しくても賑やか」なシニアのひとり暮らしの日常が明らかになった。

映画 邦画ニュース
『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
  • 『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
田中裕子が15年ぶりに映画主演、『横道世之介』『モリのいる場所』などの沖田修一監督が描く『おらおらでひとりいぐも』から、主人公・桃子さんの「寂しくても賑やか」なシニアのひとり暮らしの日常が明らかになった。

>>『おらおらでひとりいぐも』あらすじ&キャストはこちらから

75歳でひとり暮らしをしている主人公“桃子さん”役には、映画『いつか読書する日』以来、15年ぶりに映画主演を務める田中裕子。古代生物に夢中な主人公・桃子さんを魅力的に演じ、蒼井優が桃子さんの「娘の時代」「妻の時代」を二人一役でつとめている。

原作では桃子さんの頭の中だけに登場する“心の声”=寂しさたちは、映画では濱田岳・青木崇高・宮藤官九郎の3人が演じる擬人化されたキャラクターとなって登場する。

『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
家の中で、病院の待ち合いで、歩き慣れたいつもの道で…桃子さんの“心の声”=寂しさたちは、気づけば桃子さんのうしろをくっついて行動を共にする。そんな賑やかな日々のほか、桃子さんが思いを馳せる、若かりし頃の桃子さん(蒼井優)と夫・周造(東出昌大)が肩をならべるワンシーンが初公開。

『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
“心の声”について沖田監督は、「俳優でやっちゃえ!と思ったんです。それが僕としてはいちばん映画で表現をしやすかった」と振り返るが、彼らと共に過ごす桃子さんの日常は“老後のひとり暮らし”の孤独なイメージとはまるでかけ離れたもの。

『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
圧倒的な自由を謳歌する姿には、いままで懸命に生きてきた彼女の生き様がそっと映し出され、寂しさを知ることで改めて人生の喜びを知った桃子さんを体現する田中さんの目まぐるしく変わる表情は見逃せない。

『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
沖田監督の手によって、芥川賞&文藝賞をW受賞したベストセラーの原作が遊び心たっぷりに映像化されていることが伺え、ますます期待が高まる場面写真となっている。

『おらおらでひとりいぐも』 (C)『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
『おらおらでひとりいぐも』は11月6日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top