峯田和伸&橋本マナミ出演、3つの地で紡がれる恋物語『越年 Lovers』山形・仙台で先行公開

作家・岡本かの子の小説を基にしたオトナ女子共感必至の映画『越年 Lovers』が、山形・仙台で先行公開決定。ポスタービジュアルも到着した。

最新ニュース スクープ
作家・岡本かの子の小説を基に、恋だけが人生じゃないけれど、こんな恋があってもいいと思わせてくれる、オトナ女子共感必至の映画『越年 Lovers』が、山形・仙台にて先行公開決定。ポスタービジュアルも到着した。

越年。新しい年を迎える瞬間の高揚はどこから来るのだろう。きっとそれは、新しいことが始まることへの希望。いきなり男にビンタをされたシャオラン、初恋の相手に会うために十数年ぶりに帰郷した寛一、亡き母の家を片付けるモーリー。本作は、雪に包まれた日本の山形、台湾の首都・台北と彰化県の海辺の町、そしてマレーシア・クアラルンプールの魅力的な3つの地で紡がれる恋の物語。

監督が山形の雪と桜にインスパイアされ撮影が決まったという日本パートでは、久しぶりに帰郷する主人公・寛一を、同県山辺町出身の峯田和伸(銀杏BOYZ)が、彼の幼なじみで初恋相手の碧を、山形市出身の橋本マナミが演じ、美しい山形の雪景色の中で数十年ぶりに再会する寛一と碧の物語が描かれる。

「銀杏BOYZ」峯田和伸
さらに台湾パートには、“ピピ”ことヤオ・アイニンが出演している。

公開されたポスタービジュアルには、原作にもなっている岡本氏の小説「老妓抄」を読む橋本さんと、その隣でギターを弾く峯田さんが写るカットが使用されている。またステンドグラスのように散り散りに並べられた不揃いのカットからは、それぞれの場所で素直になれない大人たちのもどかしい思いを表現。さらに描かれているカメラ、ラジカセ、提灯などは、3つの物語のモチーフとなっている。

『越年 Lovers』は12月18日(金)山形・仙台先行公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top