しどろもどろな田中圭“瀬野”に注目集まる「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」6話

石原さとみが主演し、田中圭、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、真矢ミキらが共演する「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の6話が8月20日オンエア。

最新ニュース フォト
「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第6話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第6話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第6話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第6話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第6話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第6話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第6話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第6話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第6話 (C) フジテレビ
石原さとみが主演し、田中圭、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、真矢ミキらが共演する「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の6話が8月20日オンエア。

医薬品全般に対する豊富な知識を生かし、医師の処方箋に基づく調剤や服薬指導、医薬品の管理・販売を行う、患者にとって“最後の砦”ともいえる薬剤師のなかでも病院の薬剤部で働く“病院薬剤師”たちにスポットを当てた本作。

萬津総合病院薬剤部で働く病院薬剤師・葵みどりを石原さんが演じ、萬津総合病院薬剤部副部長でみどりの先輩薬剤師でもある瀬野章吾を田中さんが、新人の病院薬剤師・相原くるみを西野さんが、ドラッグストアで薬剤師をしている小野塚綾を成田さんが、作業効率を重んじるシングルマザーの病院薬剤師・刈谷奈緒子を桜井さんが、医者の息子で医者を目指すも夢叶わず薬剤師となった羽倉龍之介を井之脇さんが、薬剤部部長の販田聡子を真矢さんが演じるほか、監査を担当する工藤虹子役で金澤美穂、薬剤部副部長の七尾拓役で池田鉄洋といったキャストも出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
6話はみどりが小野塚やくるみたちと高齢者への服薬指導教室を行なっていると、高齢の女性、小川早苗(高林由紀子)が倒れ、そのまま萬津総合病院に入院。みどりが早苗に現在服用中の薬について尋ねると、早苗は飲んでいないと答える。その後も症状が改善しないため早苗が多剤耐性菌の保菌者ではないかという疑いがかかる。だが調べていくと早苗はクロストリジウム腸炎だったことが判る。


一方、くるみは初めて1人で服薬指導を行う。月経困難症と診断された遠野倫(山谷花純)を担当するが、遠野から薬が効いていないとの電話を受ける。瀬野の「患者のことを見る」という言葉がヒントになり、遠野のSNSを見たくるみは、彼女がサプリメントやハーブティー飲んでいることを知る…というのが今回のストーリー。


遠野の月経困難症について調べていたくるみから「葵さんだけじゃなく、たまには私にもいい感じのこと言ってくださいよ」と言われる瀬野。目が泳ぎ、しどろもどろになりながらも「薬剤師は患者の事を見るんだ」と大事なことはしっかり伝える…そんな普段とはちょっと違う瀬野の姿に「鋭いアドバイスをすると思えば、相原さんの質問にアワアワしたりして、ギャップが可愛かった」「今日の最大のヒットは目が泳ぐ瀬野さんに決定」などの声が上がっていた。

《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top