「Lの世界」最新作からエレン・ペイジのドキュメンタリーまで…LGBTQ+がテーマの海外番組に注目

「Lの世界」の新シーズンなど、Huluで配信中のLGBTQにまつわる海外ドラマやドキュメンタリー番組をピックアップ。

海外ドラマ スクープ
「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1 (C)2019
  • 「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1 (C)2019
  • 「L の世界 ジェネレーション Q」(C)2019
  • 「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1 (C)2019
  • 「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1 (C)2019
  • 「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1 (C)2019
  • 「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1 (C)2019
  • 「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1 (C)2019
  • 「NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち」シーズン4 (C)2020 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
ロサンゼルスのウェスト・ハリウッドを舞台に、レズビアンたちの日常やカミングアウト、同性婚、養子縁組、乳がんなどのリアルで多彩なテーマを扱い、日本でも熱狂的に受け入れられた「Lの世界」。その約10年ぶりの新作「Lの世界 ジェネレーションQ」がまもなくHuluにて配信開始される。

同作以降も、LGBTQの人たちは様々な作品で主人公となり、LGBTQを取り巻く諸問題が大きなテーマとして扱われてきている。今回は、現在Huluで配信中のLGBTQにまつわる海外ドラマやドキュメンタリー番組に注目した。

前作から10年後を描く「Lの世界 ジェネレーションQ」




Hulu独占配信となる「Lの世界 ジェネレーションQ」は、「Lの世界」6シーズンの10年後の世界を描く新シリーズ。舞台をロサンゼルスのシルバーレイクに移し、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーたちの恋愛やセックス、挫折や成功などが描かれる。

「L の世界 ジェネレーション Q」(C)2019
前作から、ベット(ジェニファー・ビールス)、アリス(レイシャ・ヘイリー)、シェーン(キャサリン・メーニッヒ)が登場するだけでなく、次世代の新キャラクターも多数登場。10年前から大きく変化したLGBTQを取り巻く状況がドラマにも反映される。

「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1 (C)2019
中でもトランスジェンダーの男性であり、性的指向はゲイである新キャラクターのマイカは、まさにその多様性を感じさせる重要な新キャラクター。マイカを演じているのが、自身もトランスジェンダー男性のレオ・シェンであることもポイント。機会の平等の観点から、トランスジェンダーのキャラクターはトランスジェンダーの俳優が演じるべき、という声が強まっているハリウッドにおいて、マイカの配役はその流れに沿ったものとなっている。

「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1 (C)2019
「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1は8月28日(金)からHuluにて独占配信スタート、毎週金曜に1話ずつ追加予定(字・吹)。
前作「Lの世界」もHuluにて全シーズン配信中。

広告の後にも続きます

等身大の“働く女子”「NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち」




ニューヨークを舞台に、人気女性誌「スカーレット」編集部で働くジェーン、キャット、サットンの親友3人組が、恋やキャリア、SEXなど様々な悩みに直面しながらも前向きに成長していく姿を描く新時代のガールズドラマ。原題の「The Bold Type(ボールド・タイプ)」は“大胆で挑戦的なタイプ”という意味があり、恋や仕事、様々な悩みを抱えながらも「自分らしさ」を見つけ、まさに“大胆不敵”に輝いていく3人に共感すること間違いなし。

「NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵なわたしたち」シーズン4 (C)2020 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
特に、「スカーレット」誌でSNS運用を担当する黒人女性キャット(アイシャ・ディー)が、自分の性的指向に迷いを感じたり、同性のパートナーとの関係に悩んだりする姿を描いている点に注目。

「NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵なわたしたち」シーズン4 (C)2020 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
同性とのセックスについて親友に話すキャットの姿は、「セックス・アンド・ザ・シティ」からの進化を感じさせる。また、移民問題やフェミニズムなど、現代の社会的な課題を積極的にストーリーに盛り込んでいる点でも本作は高く評価されている。

「NY ガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち」シーズン1~4はHuluにて配信中(字・吹)。

日本も登場「ゲイケーション ―世界のLGBTQ事情―」




レズビアンであることを公表している女優エレン・ペイジが、親友でゲイのイアン・ダニエルと共に世界中を訪れ、各地のLGBTQカルチャーや問題点を掘り下げるドキュメンタリー番組。

「ゲイケーション ―世界のLGBTQ事情―」
シーズン1の1話では日本が登場。新宿二丁目やボーイズラブ文化などを紹介しながら、日本で暮らすセクシャルマイノリティの実態や、日本社会が抱える問題点を明らかにしていく。

また、世界で最も同性愛者が命の危険にさらされているブラジルでは、現ブラジル大統領で、撮影当時は下院議員だったジャイル・ボルソナロをエレンが直撃! 反同性愛の頭目とも呼ばれるボルソナロとエレンの緊張感あふれるやりとりは必見。

「ゲイケーション ―世界のLGBTQ事情―」
それぞれの国のLGBTQ文化を知ることができるだけでなく、当事者たちが自分らしく生きられる場所がある一方で、どんな国にも根強い差別や偏見が存在することを痛感させられるドキュメンタリー番組となっている。

「ゲイケーション ―世界のLGBTQ 事情―」シーズン1~2はHuluにて配信中(字)。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top