土屋太鳳&田中圭&COCO、瞳のない不穏すぎる一家の肖像画…『哀愁しんでれら』ポスター

土屋太鳳と田中圭が共演、新鋭監督・渡部亮平の完全オリジナル脚本で贈る“裏”おとぎ話サスペンス『哀愁しんでれら』から、ティザーポスターが解禁となった。

映画 邦画ニュース
土屋太鳳と田中圭が共演、新鋭監督・渡部亮平の完全オリジナル脚本で贈る“裏”おとぎ話サスペンス『哀愁しんでれら』から、ティザーポスターが解禁となった。

>>『哀愁しんでれら』あらすじ&キャストはこちらから

過日の特報映像の解禁により、主演の土屋さん演じる小春の妹・千夏役として山田杏奈、父親・正秋役として石橋凌、祖父・一郎役としてティーチャの出演が明らかに。

さらに、小春の友人役として安藤輪子金澤美穂、小春の上司役として中村靖日、ヒカリが通う学校の教頭役として正名僕蔵、大悟の母親・美智代役として銀粉蝶の出演も明らかになっている。


今回解禁されたティザーポスターには、田中さん演じる大悟が趣味で描く、一家の肖像画が使用されている。そのまわりには草花がレイアウトされ、一見華やかな感じを漂わせるが、ひときわ目を惹くのは、目の中の瞳が描かれていないことだ。

実はこの肖像画は未完成。口元に目を移すと「笑み」を確認できるが、瞳に十分な手が加えられていないことで、かえって不気味な雰囲気を醸し出している。どこか裏がありそうな一家の姿と相反するように、ポスター中央にはキャッチコピーとして「シアワセすぎる。」の文字が配置され、見る人全てに強烈な印象を与える1枚に仕上がっている。


『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top