【レビュー】色とりどりの実写『ムーラン』から放たれる、現実へのメッセージ

2020年のいま目にすることになった実写版は、現代へのメッセージをより確かに放っているようでもある。

最新ニュース コラム
『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
脚の不自由な父親に代わり、男性と偽って従軍。彼女は過酷な戦場を生き抜くことができるのか? 古代の叙事詩「木蘭辞」にインスパイアされた物語の大筋はアニメーション版通りで、主人公ムーランの人物設定も概ね変わらず。しかしながら、2020年のいま目にすることになった実写版は、現代へのメッセージをより確かに放っているようでもある。

リウ・イーフェイ演じる実写のムーランは、もともと武術に長け、戦士としてのポテンシャルもやる気も十分。にもかかわらず、“女性であること”のみが彼女を押さえつけている。思わぬ状況に飛び込んだことで自覚を強めていくアニメーション版ムーランに対し、実写版ムーランはただただ自分を生かせる場所を模索。性別に関係なく、1人の人間として。ムーランの掲げる理想と葛藤が問い掛けてくるものはいまだ大きい。

『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
出世作『クジラの島の少女』を挙げるまでもなく、ニキ・カーロ監督はこれまでも女性主人公に寄り添ってきた。「この物語で私が惹かれたのは、ムーラン自身」と監督自ら語っているように、私たちは絶対的にチャーミングで、壮大な戦いの物語をリードするのにふさわしいムーランに出会える。その分、ムーラン以外の登場人物たちの描写はややあっさりしているが、コン・リー、ドニー・イェンら存在感たっぷりのスター俳優たちに役を託すことで補完。バランスも調整できている。

『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
実写ならではの魅力として優美なアクションやスペクタクル映像は言うに及ばないが、とりわけ目を見張ったのは色とりどりの衣装。市井の人々の日常着から、こっくりした赤が印象深い戦闘服まで。キッチュな遊び心あり、伝統的な美しさあり、アニメーション版への敬意ありで目に楽しい。『ボルベール <帰郷>』や『オール・アバウト・マイ・マザー』など、ペドロ・アルモドバル作品でも腕を振るった経験を持つ衣装デザイナー、ビナ・ダイヘレルがいい仕事をしている。

『ムーラン』(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『ムーラン』はディズニープラス会員、プレミアアクセスにて独占配信中(※追加支払いが必要)。
《text:Hikaru Watanabe》

特集

関連記事

特集

page top