水川あさみ、共演・濱田岳に愛情たっぷり毒舌「顔を見てると自然と怒りがこみ上げてきて…」

映画ファンの祭典「第30回映画祭TAMA CINEMA FORUM」内にて「第12回TAMA映画賞授賞式」が11月29日(土)、府中の森芸術劇場 どりーむホールにて行われ、『喜劇 愛妻物語』で共演を果たした濱田岳&水川あさみが、そろって最優秀男優賞&最優秀女優賞を受賞した。

最新ニュース レポート
水川あさみ&濱田岳/「第12回TAMA映画賞授賞式」
  • 水川あさみ&濱田岳/「第12回TAMA映画賞授賞式」
  • 福山雅治/「第12回TAMA映画賞授賞式」
  • 大森立嗣監督/「第12回TAMA映画賞授賞式」
  • 水川あさみ/「第12回TAMA映画賞授賞式」
  • 水川あさみ/「第12回TAMA映画賞授賞式」
  • 水川あさみ/「第12回TAMA映画賞授賞式」
  • 水川あさみ/「第12回TAMA映画賞授賞式」
  • 濱田岳/「第12回TAMA映画賞授賞式」
映画ファンの祭典「第30回映画祭TAMA CINEMA FORUM」内にて「第12回TAMA映画賞授賞式」が11月29日(土)、府中の森芸術劇場 どりーむホールにて行われ、『喜劇 愛妻物語』で共演を果たした濱田岳&水川あさみが、そろって最優秀男優賞&最優秀女優賞を受賞し、ノリよく喜びを爆発させた。

「TAMA映画賞」は2009年にスタートし、前年10月から当年9月に一般劇場で公開される作品及び監督・キャスト・スタッフを対象に、市民ボランティアの実行委員が選考。「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する映画賞。


濱田さん&水川さんが受賞した最優秀男優賞&最優秀女優賞は、本年度最も心に残った男優・女優を表彰する賞。ふたりの受賞対象作『喜劇 愛妻物語』では、濱田さんは売れない脚本家、水川さんは彼を支える超・恐妻家を演じた。

水川さんとの最初の撮影において、濱田さんは水川さんによる想像以上の迫力に度肝を抜かれたという。「そんな言う? みたいな(笑)。思ったより言うじゃん、大丈夫かなと思ったんですけど、奇跡的にあの男(※自分が演じた男)と自分の図太さがシンクロして、日に日に慣れていった感じ」と、罵声をいくら浴びせられても大丈夫だったと胸を張る。


ずけずけと物を言う姿が印象的な役を見事演じた水川さんだが、「濱田岳くんの横には役のモデルとなる監督がいつもいたので、ふたりが並んだ顔を見ていると自然と怒りがこみ上げてきた(笑)。自然といらいらする状態でした」と、愛情たっぷりの毒舌を言ってみせ、場内の笑いを誘った。


盛り上がるふたりのトーク中、なんとモデルとなった足立紳監督&妻の晃子さんも登場し、ふたりを花束でお祝いした。登場人物の4人が勢ぞろい(!?)で大賑わいの檀上にて、晃子さんは、「普段はもっとひどいです。濱田さんが演じた1000倍くそなので、怒っても響かないんです」と足立監督をいじる。足立監督は「なんて素敵な夫婦だな、と思いながら(濱田さん&水川さんを)見ていました。たまに水川さんの罵声がフラッシュバックして頭痛がすることがありました(笑)」と撮影を堪能していた様子。


また、同賞には『ラストレター』『マチネの終わりに』で福山雅治、『MOTHER マザー』『コンフィデンスマン JP プリンセス編』で長澤まさみも受賞となった。「トロフィーの重みを感じながら、さっそく晩酌するのを楽しみにしています」と茶目っけあふれるコメントを残した福山さん。『ラストレター』では小説家の乙坂鏡史郎を演じた。


そして、乙坂の高校時代を神木隆之介さんが演じたことでも話題になった本作。神木さんと役作りの話をしたかと聞かれた福山さんは、「彼はすごく技術力が高く、緻密な俳優なので、彼から“こういうアプローチどうですか”って言われた。僕は目の下にほくろがあるから、“ほくろを足してもいいですか”って相談されたり。僕は乗っかって演じました(笑)。神木君と僕とでいただけた賞だと思うので、何かおごります。ありがとう、神木くん」と、神木さんへの感謝の言葉にかえていた。

《cinamacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top