ギャスパー・ノエ『ルクス・エテルナ』冒頭映像公開、大盛況&絶賛受け順次公開決定

ギャスパー・ノエ監督最新作『ルクス・エテルナ 永遠の光』の大盛況を受け、急きょ全国順次公開決定。さらに冒頭映像とシャルロット・ゲンズブール&ベアトリス・ダルからコメントも到着。

映画 洋画ニュース
『ルクス・エテルナ 永遠の光』 (c)2020 SAINT LAURENT-VIXENS-LES CINEMAS DE LA ZONE
  • 『ルクス・エテルナ 永遠の光』 (c)2020 SAINT LAURENT-VIXENS-LES CINEMAS DE LA ZONE
  • 『ルクス・エテルナ 永遠の光』 (c)2020 SAINT LAURENT-VIXENS-LES CINEMAS DE LA ZONE
2019年カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニングで上映されたギャスパー・ノエ監督最新作『ルクス・エテルナ 永遠の光』。シネマート新宿/心斎橋にて開催中の「のむコレ2020」で大盛況となっている本作が急きょ全国順次公開決定。さらに冒頭映像とシャルロット・ゲンズブール&ベアトリス・ダルからのコメントも解禁となった。

>>『ルクス・エテルナ 永遠の光』あらすじ&キャストはこちらから

「のむコレ2020」にて上映され、全21作品の中で最多動員を争う大盛況に。また、賛否両論が入り乱れるギャスパー・ノエ作品にも関わらず、SNS上では異例の絶賛を受けている本作。

主演を務めるのは『ニンフォマニアック』のシャルロット・ゲンズブール、『ベティ・ブルー』のベアトリス・ダル。さらに『マッドマックス 怒りのデス・ロード』より女優業にも進出するモデルのアビー・リー・カーショウや、ミカ・アルガナラズ、ルカ・アイザック、ポール・ハメリンといったトップモデルらも出演している。

『ルクス・エテルナ 永遠の光』 (c)2020 SAINT LAURENT-VIXENS-LES CINEMAS DE LA ZONE
この度解禁となった冒頭映像は、“主演”シャルロットと“監督”ベアトリスによる映画の撮影現場という設定の中、リハーサルまでの時間、主題である魔女狩りについて、また、これまでの撮影にまつわる裏話について赤裸々に話す約12分間にも及ぶアドリブシーンの一部。


シャルロットは「誰かを演じようとはしていませんでした。邪魔されたくない女優を大げさに演じることは楽しかったですが、事実に基づいて演じることは面白かったです。二つのカメラを前に何でも好きなことを言えるのはエキサイティングで、ギャスパーも楽しんでいました」とコメント。

ベアトリスは「ほとんど作り話はありません!」と断言、「アドリブでは個人的な話をするようにしました。シャルロットとの間に親密さを生むためです。あたかも女優と監督間で本当に行なわれるように、ゆっくりと互いを探っていきました」と語り、フランスを代表する2人の女優魂が炸裂したシーンとなっている。

『ルクス・エテルナ 永遠の光』はシネマート新宿、シネマート心斎橋「のむコレ2020」にて公開中、2021年1月8日(金)より全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top